【飛び降り誰】関西空港連絡橋:鶴崎心桜の母親+父親の名前や顔写真

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、2021年6月9日に「関西空港連絡橋」で発生した「飛び降り事件」を取り上げます。

実は、この事件に関係する女性(37歳)が、林 真須美死刑囚の娘(長女)であることが判明したのです。

一体、飛び降り事件に関係した人物とは誰なのでしょうか?

林 真須美死刑囚の娘(長女)が関西空港連絡橋から飛び降り

真須美死刑囚の長女について「AERA dot.」は次のように報じています。

「虐待の疑い、そして心中事件…。もうアカンと」

こうがっくりと肩を落とすのは、
(中略)
和歌山カレー事件に関連した詐欺容疑で逮捕された林健治さん(76)だ。

健治さんと眞須美死刑囚は6月9日、
長女Aさん(37)と孫をいっぺんに亡くしたという。

事件が発覚したのは、
和歌山市内の集合住宅で9日、
健治さんの孫、Bさん(16)が全身打撲による外傷性ショック死したこと。

和歌山県警は家庭内で虐待があった疑いがあるとみて、捜査を開始した。

しかし、
Aさんと次女Cさん(4)がその数時間後、
大阪府南部の関西空港近くの海上で浮いているのが見つかり、
死亡が確認された。

(2021年6月13日配信)

上記の通り、真須美死刑囚の長女には2人の子供(Bさん、Cさん)がいたのです。

Bさんは16歳の高校生で、Cさんは4歳とのこと。

一体、真須美死刑囚の長女とはどんな人物なのでしょうか?

世間の反応

あの飛び降りのニュースでこんな背景があったなんて…

同居男性は知っている事全部話してほしい

生きているのは同居男性だけですか。

真実がわかることを願っています。

詳しいことは分かりませんが、
娘を連れて男性と暮らすのは良く考えてからにして欲しい。

真面目に働いて子供を大切に出来る人か見極めるまでは一緒に暮らすのどうかと。

世の中にはいい男もいます。

真面目で心の広い人がいい男です。

鶴崎心桜の名前+顔写真は?母親は誰?

関西空港連絡橋から飛び降りた真須美死刑囚の長女ですが、現在までに詳しい素性(名前・顔写真)は一切報じられていないのです。

しかし、長女の娘については名前が「鶴崎心桜(こころ)」さんであることが明らかにされていました。

和歌山市の集合住宅で9日、
住人の鶴崎心桜さん(16)が心肺停止の状態で見つかり、
死亡していたことが11日、
和歌山県警への取材で分かった。

9日夕には大阪府の関西空港連絡橋近くの海で鶴崎さんの母(37)と、
その娘(4)が発見され、死亡が確認された。

※「https://www.nikkansports.com/general/news/202106110001281.html」より引用

上記の通り、真須美死刑囚の長女については「鶴崎さんの母」と匿名で報じられているのです。

恐らく、真須美死刑囚の子供であることを考慮して、長女の名前(実名)が伏せられているのでしょう。

真須美死刑囚には4人の子供がいますが、その素性が公表されたことはありません。

真須美死刑囚は再審請求中ですが、それでも一度は死刑判決が確定した身です。

4人の子供たちは自身が真須美死刑囚の家族であることを隠して生きるかもしれません。

こうした繊細な事情が考慮されて、「鶴崎さんの母」と匿名で報道されていると思われます。

ちなみに、唯一名前が明らかになった心桜さんですが、顔写真までは公開されていません。

また、本人の名前でSNSを調べてみても、FacebookやTwitterはヒットしませんでした。

父親は誰?

現在の真須美死刑囚の長女は「鶴崎」という苗字を名乗っていました。

恐らく、結婚相手が「鶴崎」姓なのでしょう。

ただ、長女の夫、つまり、心桜さんの父親については”ある疑惑”が浮上しているのです。

それが、心桜さんへの虐待です。

実は、心桜さんの父親は虐待の疑いで2013年に通報されていたのです。

和歌山県の児童相談所によると、
この一家では2013年、
長女が虐待を受けているとの通報があった。

保護者らと話し合って14年1月には解決し、
近年は虐待の通報や相談はなかったという。

※「毎日新聞」より引用
(2021年6月10日配信)

また、同紙ではこの父親について「同居の男性」と表現しているのです。

和歌山市消防局などによると、
救急隊員が駆けつけた際、
自宅には長女の他、母親と次女、
同居の男性の計4人がいた。

※同上より引用

「父親」ではなく「同居する男性」という表現から察するに、真須美死刑囚の長女とこの男性は結婚していなかったのかもしれません。

また、心桜さんは「同居する男性」の子供ではなく、元夫との間に生まれた子供である可能性が考えられます。

スポンサーリンク