【飯島くうが祖母】平塚5遺体事件:岡本千鶴子の現在+生い立ち

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、セクシー女優の「飯島くうが」さんを取り上げます。

2021年11月3日、「週刊女性PRIME」は飯島さんの壮絶な生い立ちについて報じ世間の注目を集めています。

というのも、彼女の祖母は”ある事件”の犯人として逮捕・起訴されていたのです。

その事件というのが2006年に発覚した「平塚5遺体事件」です。

一体、平塚5遺体事件とはどんな事件だったのでしょうか?

また、その事件の犯人として逮捕・起訴された祖母とは誰なのでしょうか?

「飯島くうが」の祖母が平塚5遺体事件で逮捕される

平塚5遺体事件についてえ週刊女性PRIMEは次のように報じています。

しかし2006年5月、
くうがさんが中学1年生のとき、その事件は起こった。

「お母さんがいきなり施設に現れて

“おばあちゃんがRを×した”

って……」

アパートからは、白骨化したRさん(享年19)の遺体と、
×をつった男性の遺体が発見され、
さらにはOさんの長男で1984年に行方不明となった男児(失踪当時6歳)の白骨化した遺体、
液体化した嬰児の2体の遺体も見つかった。

これが世間を震撼させた「平塚5遺体事件」である。

※「https://www.jprime.jp/articles/-/22341?page=2」より引用

飯島さんは、本事件で逮捕された祖母の”O”を慕っており、「優しいおばあちゃん」と語っていました。

そのため、祖母の逮捕を信じることが出来なかったと言います。

一体、祖母の”O”とは誰なのでしょうか?

世間の反応

激しすぎる生きざまであり凄まじすぎる人生。

生い立ちや環境によるところが大きいとは思うが、
よく今まで生きてこれたな、と。

「今後は平穏に」と言いたいところだが、
こういう人は自身が好むと好まざるにかかわらず、
自然とそういう方向に流れていってしまうんだよね。

家庭環境って大事だねっていう典型的な例だね・・・

江戸川乱歩と横溝正史の作品を足した様な凄まじい話ですな

岡本千鶴子の現在や生い立ち↓

平塚5遺体事件を調べたところ、逮捕された犯人の名前が「岡本 千鶴子」さんであることが分かりました。

本人の顔写真および事件の相関図がこちらです。

現在は既に刑期を終え、岡本さんは出所しています。

飯島さんによると、現在は生活保護を受けて生活しているようです。

ただ、飯島さんは祖母について「生活保護を受けていると聞きました」と伝聞推定系と語っているのです。

また、「会いたい」とも明かしているため、直接連絡を取れる状況ではないと思われます。

そのため、岡本さんの現在住所や暮らしぶりは不明なのです。

ちなみに、岡本さんの生い立ちについては5ch(2ch)より以下の情報が確認されました。

2:名無しさん@お腹いっぱい。
10/08/05 12:21:35

【犯人の人生概要】

■51年
岡本千鶴子、青森県に生まれる。

■55年(4歳)
千鶴子の父親死去、後に母親は再婚する。

■61年(10歳)
母親が再婚した相手と離婚。

■67年(16歳)
北海道へ集団就職。

■68年(17歳)
実家に戻る。

■70年(19歳)
千鶴子、奥尻島の男と結婚。
長女を出産する(3人の子供を出産とも?)。
夫の親族と不仲、自×未遂を図る。
その後、行方不明に。
夫はその後、93年7月の奥尻島津波で死亡。

■75年(24歳)
神奈川県秦野市などのキャバレーで働く。
ナンバー1ホステスとも。

■78年(27歳)
平塚市宮松町のそば店店主の男と知り合い、
長女を連れ、本妻(山内峰宏の母、その後離婚)を追い出す形でそば店に入り込んだ。
利英を生む。
山内峰宏にはご飯を食べさせないなどしていじめていた。

■84年(33歳)
借金を重ねる。
12月28日、利英、行方不明。
当日は借金を返済する予定日だったとも。

■86年(35歳)
利加香、生まれる。

■97年(45歳)
そば店の経営を知り合いに譲る。
夫、56歳で死去。

■01年
山内峰宏、
神奈川県平塚市のアパート「レオパレスクレール」に住み始める。

■03~04年?
平塚市内に居住、近所の住民に幾度も現金を借りていた。
青森で生活保護を受ける母にも金をせびる。

■05年(53歳)
2月 
利加香と同居していたマンションを家賃を滞納し退去される。
3月 
利加香、明治大学の演劇サークルに入る。
10月 
千鶴子、利加香を×害。
12月 
最後のメール(偽装と思われる)。

■06年(54歳)
3月 
千鶴子、「レオパレスクレール」を出る。
4月 
山内峰宏、自×。
5月 
山内峰宏の実母がアパートを訪ね、事件発覚。

※「https://yomi.tokyo/agate/toki/archives/1280978464/lasta」より引用

ただ、この生い立ちは当事者や関係者の証言ではないことから、”反真実”の内容も多分に含まれている可能性があります。

そのため、本事件や岡本さんの生い立ちについては、飯島さんのYouTubeなどで得るのが望ましいでしょう。

若い頃の画像は?

ネット上では岡本さんの若い頃にも関心が集まっています。

そこで、若い頃の写真を調べてみましたが、過去の画像は1枚も出回っていないことが分かったのです。

当時の報道でも若い頃の写真が使用されることはなく、年老いた岡本の写真がそのまま報じられていただけでした。

事件の内容を踏まえると、若い頃の写真を使用する必然性がないことから、マスコミも過去の写真を報道しなかったのでしょう。

【11月4日追記】現場の場所はどこ?

平塚5遺体事件が発覚した場所は、同市にある”某アパート”でした。

実は、ネット上では事件現場を心霊スポットとして取り上げているサイトが存在しているのです。

参照先

https://ghostmap.net/spotdetail.php?spotcd=2111

上記サイトにて掲載されている事件現場の場所がこちらです。

地図の中央には「ナイスアーバン平塚総合公園」が示されていますが、事件現場は当該場所ではなく、その東側(右側)に位置する建物です。

ネット上には事件現場となった物件の”部屋番号”にも言及しているサイトもありますが、その部屋に住人が住んでいる可能性を考慮して非公開とさせて頂きます。

ご容赦ください。

【注意】

本件記事は事件の風化を防ぐことを目的に投稿されたものです。

そのため、本事件と関係する場所に無断で立ち入ることはお止め下さい。

スポンサーリンク