【飲酒】山口賢二の顔画像+経歴↓マミーローズクリニック院長

時事

こんにちは。坊主です。

2021年8月5日、愛知県 豊橋市にある病院にて、院長が飲酒後に出産手術を行っていたことが明らかになりました。

一体、この院長とは誰なのでしょうか?

マミーローズクリニックの院長が飲酒後に出産手術

飲酒後に出産手術を行った院長について、「毎日新聞」は次のように報じています。

初めての出産。

しかも、
難産の緊急手術を迫られた母親の前に、
酒気を帯びた医師が現れた――。

愛知県豊橋市の産婦人科・小児科医院「マミーローズクリニック」の男性院長(68)が飲酒後に出産手術をしていたとして、
市保健所が同院に注意喚起と改善を求めていたことが4日、
保健所などへの取材で判明した。

生まれた乳児は頭部に血がたまり、
肺や心機能が低下して別の病院に入院し、
一時生命の危機に瀕(ひん)した。

憤る父親に院長は

「別に酔っ払うほど飲んでいないので、お茶代わりに飲んでいた」

と答えた。

飲酒が手術に影響を与えたかは不明だが、
厚生労働省は

「常識的に考えてあり得ない」

と話している。

出産に立ち会った40代の父親は取材に対し、

「医師は赤ら顔で出産に立ち会い信じられなかった。
人命を何だと思っているんだ」

と話しており、
刑事告訴や民事訴訟も検討している。

(2021年8月5日配信)

上記の通り、問題の病院は「マミーローズクリニック」でした。

住所

愛知県 豊橋市 高洲町 森下1

院長は飲酒の事実こそ認めたものの、現在に至るまで謝罪は一切行っていないようです。

一体、飲酒後の出産手術を執刀した院長とは誰なのでしょうか?

世間の反応

緊急手術、と書いているので
おそらく手術をしなければ助かる見込みのなかった命なのだと思われます。

一時生命危機=最終的には助かった

と予想されるので、
結果よかったと言えますが、
酔った状態での手術は患者は怖いですね。

勤務中or呼ばれる可能性のある時に飲酒することはもちろん許されることではありませんが、
産科医療の医師体制の問題でもある気がします。

この案件、どうするのが適切なのかね。

緊急手術を無慈悲に断ればよかったのか?

朝5時に対応できる医者がコンビニみたいにあちこち有るとは思えないし
出産で飛び込みはさらにリスクが大きい

批判してる人も代案を示すべきであろう

人だもの、酒を飲む時もあるでしょう。

突然対応しなければならない状況だったとしたら、わからないでもないけど、
他の医師を用意するなどが必要だと思うけど、
小さい医院では難しいのかも。

別の病院へ迂回させるべきだったね。

医師:山口賢二の顔画像+経歴

今回の事件について調べたところ、この問題を父親がTwitterで告発していたことが分かったのです。

父親のツイートがこちらです。

上記の通り、飲酒後に出産手術を担当したのは「山口賢二」医師でした。

山口院長の顔写真は以下のURLからご覧いただけます。

参照先

http://www.mammyrose.net/about/staff.php

彼の経歴がこちらです。

昭和27年9月17日 
岐阜県恵那市にて出生

昭和53年3月
名古屋市立大学医学部卒業

昭和54年2月〜
厚生連昭和病院産婦人科勤務

昭和62年7月〜
名古屋市立大学医学部産婦人科助手

平成6年7月〜
名古屋市立大学医学部産婦人科講師

平成8年12月〜
豊川市民病院産婦人科部長

平成16年4月
豊川市民病院退職

平成16年6月
マミーローズクリニック開院

※「http://www.mammyrose.net/about/staff.php」より引用

父親によると、山口院長は誰が見ても酔っている状態で現れ、白衣も着用せずに分別室に入ったようです。

父親は山口院長との会話を録音しており、それらの音声データを公開する予定のようです。

父親は刑事告訴や民事提訴も検討しているようですが、公正を期すためには、山口院長の主張にも耳を傾ける必要があります。

そのため、現在の時点で山口院長を一方的に批判することは避けるべきです。

院長の飲酒は日常だった?

今回の飲酒問題については慎重な議論が必要だと先述しましたが、このクリニックについて気になる口コミが確認されました。

その口コミがこちらです。

一人目を出産したが、出産時医者がすごく酒臭かった

無事に子供も産まれ、
出産時の助産師、看護師の対応もよかった。

しかし、
退院する日に助産師から

「お化粧だけはちゃんとするのね~」

と言われた。

その後退院してから
体調が悪く母乳を辞めたいと相談すると

「一種の育児放棄ね。」

と言われた。

仕事はできるが性格悪いと思う。

合う合わないがあると思うがもう2度行かない。

※「https://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/108430/」より引用

この口コミは2019年7月に投稿されたものです。

「医者が酒臭かった」と指摘されている医者の名前までは明らかにされていませんが、これが山口院長だとすれば、飲酒後の手術が常態化していた可能性があります。

スポンサーリンク