【17歳少年:誰】トラブル内容は何があった?東大試験会場で受験生刺される

時事

こんにちは。坊主です。

2022年1月15日、”全国共通テスト”の初日であるこの日、東大の試験会場(弥生キャンパス)で受験生が刺される事件が発生しました。

補足

事件発生当初の報道では「本郷キャンパス」と速報されていましたが、
後に弥生キャンパスに訂正されています。

報道によると、既に犯人は逮捕されているようです。

一体、犯人は誰なのでしょうか?

また、犯行動機は何だったのでしょうか?

東大試験会場で受験が刺される↓犯人(17歳少年)は誰?名前や顔画像は?

東大試験会場で受験生が刺された事件について、フリージャーナリストのkitajima氏は次のようにツイートしています。

上記の通り、逮捕された犯人は17歳の少年でした。

この少年は受験生であり、被害者の受験生とは試験開始前に何らかのトラブルが発生していたようです。

https://twitter.com/gQrfecwwa77/status/1482151088799490048

少年は既に逮捕されていますが、犯人が未成年であることから、詳しい素性(名前・顔写真)が公開されることは期待できないでしょう。

ただ、試験会場に居合わせた他の受験生が犯人の写真を撮影している可能性は十分に考えられます。

そうなれば、SNS上で犯人の名前顔写真がリークされるかもしれません。

世間の反応

これまでしっかりと勉強したことを一瞬に台無しにして。

憤りしか感じない。

何を考えてんだ。

受験生は大丈夫だろうか。

この日のためにやりたいことも我慢して頑張ってきただろうに、、、。

許せない!

なんで共通テストの受験生が刃物を持参しているのだろうか・・・

トラブルの内容は何があった?

犯人の少年は、被害者の受験生と何らかのトラブルが発生していたことを仄めかしています。

ただ、トラブルの内容については詳細が明らかにされていないのです。

そのため、現在の時点では当事者の間で何があったのか不明です。

しかし、犯人の供述は信用に足らないと言えます。

何故なら、この少年は刃物を持参しており、犯行に計画性が疑われるからです。

本来であれば、普通の受験生が凶器を持ち歩いているはずありません。

ただ、この少年に限っては事前に刃物を用意していることから、明確な犯意と計画性が窺われます。

係る状況から、犯人の少年と被害者の間には特段のトラブルはなく、無差別に切り付けられた可能性があります。

そうでなければ、事前の刃物など用意しないでしょう。

または、自分の受験状況が芳しくなかったことから、別の受験生を巻き込んだという可能性も考えられます。

いずれにせよ、少年の加害行為が正当化される理由など一つもないことは事実です。

スポンサーリンク