【Facebook+経歴】岩立友紀子の婚活バーはどこ?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、岩立 友紀子さんを取り上げます。

2020年1月19日放送の「ザ・ノンフィクション」にて、友紀子さんの活動が取り上げられます。

一体、彼女はどんな活動をしているのでしょうか?

岩立友紀子がザ・ノンフィクションに出演

友紀子さんの活動についてザ・ノンフィクションでは次のように紹介されています。

岩立友紀子さん(32)は、
500年続く専業農家の長男の「嫁」。

若い女性たちにとって「農家の嫁」といえば「きつい・汚い・危険」の3Kに収まらず
「給料が安い・休みが少ない・カッコ悪い」が加わり、
いまや6Kなんて声も聞かれる存在…

それでも友紀子さんは、
自ら望んで農家に嫁いできた。

彼女は「農家の嫁」の新しいスタイルを確立することを目指しているのだ。

彼女は6年前(2014年)
「街コン」で知り合った昌之さんと結婚。

歴史ある農家、
岩立家の敷地で夫の両親と共に暮らしている。

農業の世界に飛び込んだ友紀子さんは「農家の嫁不足」を目の当たりにし、
農家の男性を対象にした婚活サイトを立ち上げた。

そこに集う女性たちに

「農家に嫁いだからって農業は手伝わなくたって大丈夫」

と言い切る友紀子さん。

彼女自身、
農業は一切手伝わず
次々と新しい婚活事業に取り組む忙しい日々。

しかし、
自身は突然、失明の危機に見舞われ、
都内にオープンした婚活バーは、
来る日も来る日も閑古鳥が鳴く始末…

「農家の嫁」とはどうあるべきなのか。

「家」と結婚するのか、
それとも「夫」と結婚するのか…

その間で悩み、
揺れ動く岩立家の1年間を追った。

世間の反応

農家に嫁いで農業は手伝わない。

それが旦那さんは納得しているのかな?

農業は一切手伝わず、
婚活事業にご執心か。

ある意味、全く新しいスタイルだけど。

婚活バーって何だ?www

でも、ちょっと行ってみたいかも!

婚活バーや婚活サイトはどこ?

友紀子さんが手がける婚活バーはどこにあるのでしょうか?

そこで、彼女の婚活バーを調べたところ、以下のサイトがヒットしたのです。

上記の通り、友紀子さんがオープンさせた「婚活応援バーALLY」は既に閉店していたのです。

当店は2019年5月5日店じまいいたしました。

移転は予定しておりましたが、
目処が立っておりません。

ご利用の皆様にはご迷惑をおかけしました。

再スタートの際はまたよろしくお願いいたします。

代表 岩立友紀子

現在のところ、移転の目処は立っていないものの、再開する意志はあるようです。

ちなみに、婚活サイトは現在も運営されており、女性は月額無料で登録できます。

友紀子さんの婚活サイトはこちらからご覧いただけます。

経歴+プロフィール

友紀子さんのSNSを調べたところ、本人のFacebookアカウントが確認されました。

Facebookで公開されている経歴およびプロフィールがこちらです。

プロフィール

生年月日:1987年2月28日生まれ

年齢:32歳
(2020年1月現在)

出身地:東京都 葛飾区

居住地:千葉県 柏市

学歴

(1)日大習志野高校

(2)法政大学 人間環境学部

経歴

(1)大和証券

(2)おいこファーム(農場主)

(3)株式会社Raitai(代表取締役)

スポンサーリンク