【×日本HP】HPEが京大スパコンのデータ消失↓何のファイルで内容は?

こんにちは。坊主です。

今回は、「日本ヒューレット・パッカード合同会社」(HPE)を取り上げます。

2021年12月28日、HPEが、京都大学のスーパーコンピューター内のデータを意図せず削除してしまったことを報告し世間の注目を集めています。

一体、データが消失してしまった原因は何だったのでしょうか?

また、それはどんなデータだったのでしょうか?

HPEが京大スパコンのデータ77TBを消失(削除)して謝罪

京大スパコンのデータ削除について、HPEは次のような文書を掲載しています。

上記の通り、今回の問題で消失したデータの容量は77TB(テラバイト)に達していたのです。

データが意図せず削除されてしまった原因は、スクリプトの機能を改善する際に修正を加えたところ、そのリリース手順を誤ったことが関係していると報告されています。

係る事態についてHPEは「100%弊社の責任」と猛省しており、補償についてはユーザー並びに京大の意向に沿って実施するとしています。

HPEが公開した報告書は以下のURLから全文がご覧になれます。

参照先

https://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/services/comp/pdf/file_loss_insident_20211228.pdf

HPEと日本HPを混同している人が多数

今回の問題はHPEの責任問題ですが、一部では日本HP(ヒューレット・パッカード)と混同している人間も散見されます。。

上記ツイートでは、本件を日本HPの問題として言及されていますが、これは誤りです。

以下の指摘通り、日本HPはパソコンやプリンターの製造・販売を行う会社なのです。

双方の事業内容は全く異なることから、両者の取り違えには注意が必要です。

削除したのは何のファイル?データの内容は?

現在のところ、削除されたファイル(データ)の内容については詳細が公表されていません。

そのため、ネット上では削除されたファイルの中身にも大きな関心が集まっているのです。

一部からは貴重な研究資料が含まれていたことを指摘する声も上がっており、今回の問題が日本の将来に影を落とすことになるかもしれません。

意図せず消失した77TBのファイルの内、約28TBは復元が不可能と報告されていることから、今後の研究に大きな支障を来すことは確実でしょう。

スポンサーリンク