【過去も洗脳不倫/相手は誰?】奥田敦教授の結婚歴や家族(嫁,子供)は?学歴や経歴,画像あり

こんにちは坊主です!!

今回は、『奥田敦(おくだあつし)』さんを取り上げます。

皆さんは彼の事をご存知でしょうか?

彼は日本の法学者であり慶応義塾大学でアラビア語などの講義を担当する教授として知られています。

また彼はイスラム教徒としてイスラーム法およびその関連諸領域を専門とし、著書や翻訳などを手掛けている人物として有名です。

そんな彼がここに来て、一大スキャンダルが報じられました。

それは、自身が勤める慶応義塾大学で、女子学生を洗脳し不倫していたと報じられ世間の注目を集めています。

また彼はこのスキャンダル以前にも同じような過去がある事が判明しました。

今回はそんな彼について調査してみました。

スポンサーリンク



奥田敦教授が過去にも洗脳不倫/相手は誰?

冒頭でも掲載しましたが、彼は自身が講師としてが勤める慶應義塾大学の女子学生に対し、一報的に洗脳し不倫をしていた事が報じられ世間の注目を集めています。

このスキャンダルを報じたのは『デイリー新潮』です。

2017年9月6日に配信された同紙は次のように報じています。

”日本の“私学の雄”慶応義塾大学で、
教授が女子学生と不倫していた。

しかも、
教授は立場を利用して一方的に学生を洗脳。

それを大学は見て見ぬふりで。

慶応大学2年生の斉藤菜穂さん(21)=仮名=に、
アラビア語などの講義を担当する
総合政策学部・奥田敦教授(57)が接近し始めたのは、
昨年の秋だった。

(中略)

“先生とだったら世界征服もできそう”

“○ぬのが怖くなくなってきた”

とのメモを残すようになり、
人格まで変わり始めた菜穂さん。

両親が探偵に調査を依頼すると、
「研究室」と言っていた行先は
奥田教授のマンションだったことが発覚する。

ところが、
大学は両親の再三の訴えにもかかわらず、
事態を事実上、
放置したままだった。

母親が相談したカウンセラーは、
“菜穂さんは教授への全面的な依存症”と指摘。

8月17日には、
菜穂さんの両親、
そして教授の妻が奥田教授のマンションに集まり、
“奪還劇”が繰り広げられた。

部屋では、
菜穂さんが震えていたという。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼は女子学生を洗脳し不倫していた事を報じています。

またこの報道を受けて、不倫相手である女子学生について感心が集まっています。

しかし同紙では「斉藤菜穂(仮名)」となっており、詳細な情報は掲載されていません。

そこで不倫相手の女性について、TwitterやfacebookのSNSや2chなどの掲示板を調査しましたが、詳細な情報は得られませんでした。

また彼はこの女性以外にも洗脳不倫をしていた過去が発覚しました。

この事について上記でも引用した『デイリー新潮』は以下のよう掲載しています。

”奥田教授は過去にもゼミ生に同じことをしていた、
と教授の妻は語る。

「奥田は彼女の家族も、
うちの家族も壊している。

何を考えているのか、
さっぱりわかりません――」”

同紙の取材に対し、彼の妻が回答している通り、以前にも同じような洗脳不倫をしていたと掲載しています。

この事から彼は常習的に女子学生に対し、洗脳を行い不倫をしていたという事になります。

スポンサーリンク



奥田敦教授の結婚歴や家族(嫁,子供)は?

今回のスキャンダルが報じられ、彼の私生活について感心が集まっています。

上記で引用した「デイリー新潮」では妻が取材に答えている事や”妻子”ある奥田教授と掲載している事から彼は結婚して子供がいる事は明白です。

しかし同紙では、妻や子供に関しての記述はされていません。

そこで、彼の妻の名前や子供について調査しましたが、ネット上では彼の私生活は公表はされていないため詳細な情報は得られませんでした。

彼の妻や子供の素性が公表され次第、随時記事を追記していきます。

スポンサーリンク



奥田敦教授の学歴や経歴

今回のスキャンダルで大きな注目を集めている彼ですが、学歴や経歴についても大きな関心が集まっています。

そこで今回は彼の学歴などを調査してみました。

彼は1960年に神奈川県で生まれ、イスラム教徒として知られています。

彼がイスラム教徒になるきっかけは、中央大学時代にあったとされています。

彼は中央大学法学部を卒業し、中央大学院法学研究科に進学します。

その時に「七部法典」と呼ばれる法典に出会い、イスラム法の魅力を発見しイスラム法研究を専門とすることに至ります。

また彼は29歳の時にシリアで在外研究を行い、約6年間もの間シリアに滞在していたとされています。

その後帰国し2017年現在の慶應義塾大学総合政策学部教授となっています。

この事について彼のWikipediaは以下のように掲載されています。

”奥田 敦(1960年)は日本の法学者。

イスラム教徒であり、
イスラーム法およびその関連諸領域を専門とする。

慶應義塾大学総合政策学部教授。

経歴

1984年
中央大学法学部法律学科卒業。

1986年
中央大学大学院法学研究科修士課程民事法専攻修了。

1990年
中央大学大学院法学研究科博士課程民事法専攻退学。

1990年
国際大学助手、
国際大学中東研究所専任研究員

1993年〜1999年
シリア国立アレッポ大学アラブ伝統科学研究所客員研究員

1999年〜2005年
慶應義塾大学総合政策学部助教授

2005年〜
慶應義塾大学総合政策学部教授、
中央大学博士(法学)”

また彼がイスラム教徒となったエピソードについて、ウェブサイト『SFC CLIP』は以下のように掲載しています。

僕は、
学生時代に法学を専攻していました。

大学院では『七部法典』(西暦13世紀中葉に
カスティリア王国のアルフォンソ10世賢王によって編纂され、
中世ヨーロッパの3大奇跡の一つに数えられる法典)について、
イスラーム法からの影響を検証する研究から始めましたが、
のちに啓示を不易不動の法源とするイスラーム法の魅力を発見し、
イスラーム法研究を専門とするに至りました。

29歳のとき、
シリアで在外研究
(国立アレッポ大学アラブ伝統科学研究所)することにしました。 

アレッポにいたのはおおよそ6年間。

1993年から、
SFCに来る1999年までです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)