【死因の誤嚥性肺炎とは】作曲家小林秀雄が死去!家族(嫁、子供)は?Wiki経歴、画像あり

こんばんは『坊主』です!!

今回は、『小林秀雄(こばやしひでお)』氏を取り上げます。

小林氏といえば、独唱曲「落葉松」や童謡<>b「まっかな秋」などの作曲家として知られています。

その他にも、「オペラ」「歌曲」「合唱曲」など様々手掛け、現在の作曲家としての地位を築いていました。

しかし、2017年8月4日に肺炎のため死去したという訃報が報じられました。

今回は。小林氏の死因や家族について調べてみました。

スポンサーリンク



作曲家小林秀雄が死去!死因の誤嚥性肺炎とは

冒頭でも掲載しましたが、小林氏は2017年7月25日に”誤嚥(ごえん)性肺炎”のため死去したと報じられました。

その訃報を報じたのは『毎日新聞』です。

2017年8月4日に配信された同紙は以下のように報じています。

”歌曲・合唱曲「落葉松(からまつ)」、
童謡「まっかな秋」などで知られる作曲家、
小林秀雄(こばやし・ひでお)さんが
7月25日、
誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。

86歳。”

同紙が掲載している通り、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した事を報じています。

また小林氏の死因である誤嚥(ごえん)性肺炎について多くの関心が集まっています。

この病気はいったいどういう病気なのでしょうか?

この事について調べていくと、ウェブサイト『日本呼吸器学会』は次のように掲載しています。

”物を飲み込む働きを嚥下機能、
口から食道へ入るべきものが
気管に入ってしまうことを
誤嚥と言います。

誤嚥性肺炎は、
嚥下機能障害のため唾液や食べ物、
あるいは胃液などと一緒に
細菌を気道に誤って
吸引することにより発症します。”

同サイトが掲載している通り、細菌が誤って気道に吸引することによって起こる病気だとされています。

小林氏はこの病気を患い、2017年7月25日に死去した事を報じられました。

また今回の訃報を受けて、家族についての関心が集まっています。

小林氏の家族についても調べてみました。

スポンサーリンク



作曲家小林秀雄の家族(嫁、子供)は?

小林氏の家族について多くの関心が集まっていますが、妻(嫁)や子供はいるのでしょうか?

家族について調べた結果、小林氏の妻は「砂智子(さちこ)」さんだという事が判明しました。

この事について上記で引用した『毎日新聞』にはこうも掲載しています。

”後日、
お別れの会を開く予定。

喪主は妻砂智子(さちこ)さん。”


2017年8月4日配信

上記の記事の通り、妻は砂智子さんだと掲載しています。

しかし子供についての記載はありません。

夫妻の子供について、ネット上で様々調査しましたが、子供に関する情報は一切掲載されていません。

従って、夫妻の子供の有無は不明です。

スポンサーリンク



作曲家小林秀雄の?Wiki経歴あり

小林氏の家族に次いで多く検索されているのが、経歴についてです。

小林氏は、1931年2月12日に東京で生まれ、東京芸術大学を卒業し、愛知県立芸術大学教授を務めるなど華々しい功績を収めていました。

また作曲家「中田喜直(なかたよしなお)」氏を共に「波の会(現日本歌曲振興波の会)」を設立しています。

中田氏といえば、小林氏と同様に作曲家として知られています。

童謡「ちいさい秋みつけた」「めだかの学校」などを手掛け、20世紀を代表する作曲家として有名です。

また日本歌曲振興波の会とは、東京都新宿区舟町に事務所を構え、「美しい日本語と香り高い歌」という旗印のもとに設立された団体です。

小林氏は1991年にこの団体の会長を務め歌曲を振興していました。

この団体の他にも、「かつしかジョイフルハーモニー」という合唱団で指導していたと小林氏のWikipediaに掲載されています。

今回は小林氏の経歴を一部ご紹介させていただきます。

”小林 秀雄は、
東京府生まれの作曲家。

東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業。

声楽作品(歌曲・合唱曲)及び
ピアノ曲を主に手がけ、
特に独唱曲「落葉松」(詩:野上彰、
のちに作曲者自身の手で
混声合唱・女声合唱・男声合唱に編曲される)が有名である。

かつしかジョイフルハーモニー
(本人が直接指導している合唱団)

愛知県立芸術大教授などを歴任。

多くの声楽曲を手掛けた。

1966年に中田喜直らと「波の会」
(後に「新・波の会」と名称変更、
現日本歌曲振興波の会)を創設し、
会長を務めた。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)