【逮捕理由】元阪神,一二三慎太の現在の彼女や結婚歴,家族(嫁,子供)は?成績や年俸推移,画像!

こんにちは坊主です!!

今回は、『一二三慎太(ひふみしんた)』さんを取り上げます。

彼といえば、2011年から2016年まで阪神タイガースに所属していたプロ野球選手(外野手,投手)としてその名前を広く知られています。

彼は、2010年に行われたドラフト会議で同球団から2巡目指名を受け、入団しプロ野球選手としてのキャリアをスタートさせます。

彼は同球団所属時に一軍昇格はなかったものの、ウエスタン・リーグ公式戦に数々出場し、2015年にはプロ入り初の満塁本塁打を記録するなど活躍していました。

その後彼は、2016年10月31日付けで同球団からの戦力外通告を受け、退団。

2017年現在では、石川ミリオンスターズへ入団し投手として活躍していました。

そんな経歴を持つ彼がここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは彼の逮捕です。

彼は2017年11月22日に逮捕されたと報じられ世間の注目を集めています。

なぜ彼は逮捕されたしまったのでしょうか?

そこで今回は、彼の逮捕理由について調査してみました。

スポンサーリンク



元阪神,一二三慎太の逮捕理由

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年11月22日に逮捕されたと報じられ世間の注目を集めています。

彼はどのような事件を起こし逮捕されてしまったんでしょうか?

そこで彼の逮捕理由について調査したところ、2017年11月23日に配信された『デイリー』は次のように報じています。

“阪神の元選手、
一二三慎太選手(25)が強制○交の疑いで沖縄県警に逮捕されたとことを受け、
練習生として所属する独立リーグのルートインBCリーグ石川ミリオンスターズは23日、
代表取締役の端保聡社長が球団ホームページに文書で現状を報告した。

「本件当時、
選手は沖縄県において自主トレ中であり、
球団としましても、
現在、
事実関係の確認を進めておりますところ、
本件について選手において弁護人を選任した旨の情報を入手しております。

球団としましては、
事案の性質を踏まえ、
慎重に対応していく所存です」

沖縄県警によると、
一二三容疑者は11月中旬に複数の男性で女性に乱○したとして、
ほかの男性2人とともに逮捕されたという。

22日に明らかになっていた。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼の逮捕理由は強制○交の疑いで逮捕されている事を報じています。

また今回の報道を受けて、彼の私生活について感心が集まっています。

彼は結婚していて家族(嫁,子供)は居たのでしょうか?

そこで今回は、彼の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



一二三慎太の現在の彼女や結婚歴,家族(嫁,子供)は?

上記でも掲載しましたが、今回の報道を受けて彼の私生活について感心が集まっています。

そこで彼の私生活を調査しましたが、2017年11月23日時点で彼が結婚したという報道はありません。

しかし一部ネット上では、彼には妻や子供が居ると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂について調査してところ、ウェブサイト『5ch(旧・2ch)』には以下のようなコメントが掲載されていました。

“名無し 2010/9/3

ツイッター情報だけど阪神一二三は結婚してるの?

名無し 2010/9/3

mixiかなんかで彼女のプリクラ上げてた。

名無し 2010/9/4

彼女が9月出産予定ってマジ?

名無し 2010/9/4

でき婚って聞いてる”

同サイトの通り、2010年に彼は彼女と結婚しており、子供が誕生していると掲載されています。

しかし報道された形跡はないため、このような噂を断定する事はできません。

あくまでもネット上の噂程度なので、信憑性は低いと思われます。

またネット上では、彼の彼女の存在についても感心が集まっています。

しかしこちらも熱愛報道や目撃情報がないため、2017年現在の彼女の存在は不明です。

スポンサーリンク



元阪神,一二三慎太の成績や年俸推移!

今回の報道を受けて、やはり多くの方が彼の阪神タイガーズ時代の成績や年俸について感心が集まっています。

しかし彼は公式戦の出場記録がないため、成績については不明となっていますが、彼のWikipediaには以下のように掲載されています。

“2012年には、
登録ポジションを外野手に変更した。

ウエスタン・リーグ公式戦には、
通算で33試合に出場。

一塁手として6試合、
外野手として12試合に起用されたほか、
打率.178を記録した。

2013年には、
ウエスタン・リーグ公式戦には65試合に出場。

打率.255、
4本塁打、
20打点を記録した。

2014年には、
ウエスタン・リーグ公式戦64試合に出場。

打率.181、
4本塁打という成績を残した。

2015年には、
ウエスタン・リーグ公式戦59試合に出場。

6月17日の対中日戦(鳴尾浜)8回裏の打席でプロ入り後初の満塁本塁打を記録したが、
打率.203、
2本塁打、
9打点という成績にとどまった。

2016年には、
3月28日から6月30日までベースボール・チャレンジ・リーグの石川ミリオンスターズへ派遣。

派遣期間中には、
リーグ戦34試合の出場で、
打率.186、
1本塁打、
5打点を記録した。”

同サイトの通り、彼はウエスタンリーグで数々の好成績を収めています。

また彼の年俸について調査したところ、ウェブサイト『グラゼニ.com』は以下のように掲載されています。

“2016年
570万円 阪神タイガース
2015年
570万円
2014年
700万円
2013年
680万円
2012年
700万円
2011年
720万円”

同サイトに掲載されている通り、上記のような年俸となっています。

しかし上記で記した年俸は推移であり、この全てではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)