【夫/子供の名前】コシノジュンコが文化功労者に!姉妹の現在や若い頃の画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『コシノジュンコ』さんを取り上げます。

彼女といえば、世界各国で活躍するファッションデザイナーとしてその名前を広く知られています。

また彼女の家系は、母「小篠綾子(こしのあやこ)」氏のほか、姉「コシノヒロコ」さんと妹「コシノミチコ」さんも同じくファッションデザイナーであり、「コシノ三姉妹」としても知られています。

彼女は、ファッションデザイナー以外にもバラエティ番組やCM等に出演し、そのキャラクターで人気を博しています。

そんなマルチに活動している彼女ですが、2017年度の文化功労者に選ばれた事を報じられ世間の注目を集めています。

今回は、そんな彼女について調査してみました。

スポンサーリンク



コシノジュンコが文化功労者に!

冒頭でも掲載しましたが、彼女は2017年度の文化功労者に選ばれた事が報じられ世間の注目を集めています。

この事について、2017年10月24日に配信された『ホウドウキョク』は次のように報じています。

”2017年度の文化功労者に、
ファッションデザイナーのコシノジュンコさん(78)らが選ばれた。

(中略)

コシノジュンコさんは、
ファッションデザインのみならず、
和食を紹介するイベントをプロデュースするなど、
幅広い文化・芸術活動で評価された。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼女は文化功労者に選ばれた事を報じています。

またこの文化功労者(ぶんかこうろうしゃ)とは、文化の向上達成に関して、特に国や社会に貢献した業績を収めた人物を指し、文化勲章に次ぐ栄誉なものとなっています。

この事について、文化功労者のWikipediaには以下のように掲載されています。

”文化功労者(ぶんかこうろうしゃ)とは、
日本において、
文化の向上発達に関し特に功績顕著な者をいう。

文化勲章よりも多くの者が選ばれ、
文化勲章に次ぐ栄誉となっている。”

また今回のこの報道を受けて、彼女の私生活について感心が集まっています。

彼女は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで今回は、彼女の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



コシノジュンコの夫/子供の名前

上記でも掲載しましたが、今回の報道で彼女の私生活について感心が集まっています。

そこで彼女の私生活を調査したところ、彼女には離婚歴がある事が判明しました。

彼女は、24歳の時にカメラマンとして活躍する「斉藤亢」さんと結婚していましたが、のちに協議離婚をしています。

その後、1975年に現在の夫であるヘアデザイナーの「鈴木弘之」さんと再婚し、息子「鈴木順之(よしゆき)」さんが誕生しています。

この事について、ウェブサイト『近現代。系図ワールド』には以下のように掲載されています。

家系図

同サイトに掲載している通り、夫の弘之さんは、「JUNKO KOSHINO」の代表取締役を務めており、息子の順之さんはクリエイティブディレクターとして活躍していると掲載されています。

また、夫の弘之さんと息子の順之さんの顔はこちら。

夫・弘之さん

息子・順之さん

上記に記した通り、彼女の私生活が判明が判明しました。

スポンサーリンク



コシンジュンコの姉妹の現在や若い頃の画像あり!

今回の報道で世間の注目を集めている彼女ですが、ネット上では姉妹の現在や若い頃について感心が集まっています。

冒頭でも掲載していますが、彼女はコシノ三姉妹と言われ、姉や妹もファッションデザイナーして活躍している事は知られています。

そこで姉妹の2017年現在の活躍を調査してところ、以下の事が判明しました。

姉である「コシノヒロコ」さんは、東京都・銀座に「ヒロココシノ銀座店」やアート作品展示館の「KHギャラリー」をオープンさせています。

また、2017年10月2日から行われていた世界体操に出場した体操日本代表選手のユニフォームをデザインしていた事が判明しました。

この事について、ウェブサイト『HIROKO KOSHINO』には以下のように掲載されています。

”10月2日(月)より開幕する、
2017年世界体操に出場する体操日本代表のユニフォームが完成いたしました。

昨年に引き続き、
コシノヒロコがデザインさせていただいています。

”日本らしさ’’をテーマに、
江戸時代から親しまれている玩具・万華鏡をイメージした柄や、
「NIPPON」の文字を力強く表現したデザイン、
能や歌舞伎などの衣装から着想を得た「鶴」の柄を使用するなど、
日本特有の伝統的な美意識を取り入れたデザインが特徴です。

体操日本代表の活躍とともに、
素晴らしい演技を支えているユニフォームにもどうぞご注目ください!!”

同サイトの通り、ヒロコさんは体操日本代表選手のユニフォームをデザインしていた事が掲載されています。

次に妹である「コシノミチコ」さんについて調査したところ、1986年よりスタートしたブランド「MICHIKO LONDON KOSHINO」で欧米やアジアで成功を収めている事が判明しました。

またミチコさんは、エイズ撲滅などの社会貢献活動も行っていると明らかになりました。

この事について、ウェブサイト『MICHIKO LONDON KOSHINO』には以下のように掲載されています。

”86年よりスタートした「MICHIKO LONDON KOSHINO」ブランドで、
欧米のみならず、
日本を始めとしたアジア諸国へ進出し成功を納める。

エイズ撲滅などの社会貢献にも積極的に参加している。

その他にも、
藍染めなどの日本の技術と日本のデニムに
フィーチャーしたジーンズブランド「YEN JEANS」が
ヨーロッパを中心に成功を納めている。”

双方のウェブサイトに掲載されている通り、姉妹はファッションデザイナーとして日本はもとより世界各国で成功を収めている事が判明しました。

また姉妹の活動調査に伴い、ジュンコさんの若い頃の画像を発見しました。

その画像はこちら。

ジュンコさんは、この頃よりファッションデザイナーとして活躍し、2017年現在では世界各国で活動し文化功労者に選ばれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)