【騎乗停止理由】木幡育也騎手は何した?Wikiプロフィールや成績,年収は?

こんにちは坊主です!!

今回は、『木幡育也(こわたいくや)』さんを取り上げます。

皆さんは彼の事をご存知でしょうか?

彼は、美浦・藤沢和雄厩舎に所属する競馬騎手としてその名前を広く知られています。

2017年3月から競馬騎手としてのキャリアをスターとさせ、若手騎手として数々のレースに出場し、その頭角を現しています。

そんな彼ですが、2017年9月10日に行われたレース後のドーピング検査で利尿剤が検出され、30日間の騎乗停止になっていた事は記憶に新しいと思います。

この事について、2017年9月14日に配信された『スポーツ報知』は次のように報じています。

“JRAは14日、
木幡育也騎手(18)=美浦・藤沢和雄厩舎=の30日間の騎乗停止処分を発表した。

先週9月10日の中山競馬のレースで騎乗した後に受けたドーピング検査により、
同騎手の検体から利尿剤が検出されたことが判明。

日本中央競馬会競馬施行規程第147条第20号に該当することにより、
9月14日から10月13日まで10日間の騎乗停止となった。

木幡育は以前、
落馬の影響で出たむくみを取るため、
利尿剤を服用した際には事前に申告していた。

しかし今回は、
木幡自身が医師から処方された薬ではなく、
母親が用意したものを服用し、
事前の申告も怠っていた。”

同紙が掲載している通り、彼は2017年9月14日から同年10月13日まで騎乗停止処分を受けています。

その後、停止処分が解け、レースに復帰していましたが、ここに来て再び注目を集める出来事が報じられました。

それは、2度目の騎乗停止処分です。

彼は2017年12月14日にから騎乗停止となっており、JRAは2018年1月4日に公式サイトで同年3月31日までの騎乗停止処分にすると発表し、世間の注目を集めています。

なぜ彼は、2度の騎乗停止処分となってしまったのでしょうか?

そこで今回は、騎乗停止理由について調査してみました。

スポンサーリンク



騎乗停止理由 木幡育也騎手は何した?

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年12月14日から騎乗停止となっていましたが、2018年1月4日にJRAは、2018年3月13日までの騎乗停止処分にする事を発表しました。

この事について、2017年1月4日に掲載された『日刊スポーツ』は次のように報じています。

“JRAは4日、
裁定委員会を開き、
昨年12月14日から騎乗停止になっていた木幡育也騎手(19=藤沢和)を、
3月13日までの騎乗停止処分にすると発表した。

JRAは詳細を明らかにしていないが、
施行規程第147条第20号の

「競馬の公正確保について業務上の注意義務を
負う者としてふさわしくない非行のあった者」

に該当するとしている。”

同紙が掲載している通り、彼は2018年3月13日まで騎乗停止処分を受けた事が報じられています。

しかし、同紙やJRAは彼の騎乗停止理由について詳細には明らかにしていません。

なぜ彼は、騎乗停止処分となってしまったのでしょうか?

一部ネット上では、飲○や喫○が原因だと噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂について調査したところ、2017年12月19日に配信された『GJ』は次のように報じています。

“14日、
日本中央競馬会競馬施行規程第147条第20号)により、
騎乗停止となることが発表されたJRAの木幡育也騎手。

理由は「未成年の飲○、喫○」ということだが、
9月にはJRA史上2例目のドーピング検査でひっかかり
騎乗停止にもなっており、
それから3カ月での失態ということでファンからは
猛バッシングの雨あられである。

(中略)

この度の蛮行の「裏側」に関し、
情報が入ってきた。

「今年で引退する平野優騎手の送別会で、
飲○、喫○をして泥酔状態になった、
ということらしいです。

当然飲みの場ですので、
流れで○を口にしてしまった可能性もあるでしょう。

ただ、
周囲の先輩たちも特に止めなかったという情報も入っています。

その情報が漏れて今回の騎乗停止につながったということですね。

若手騎手の中には非常識な人間も多いと聞きますが、
注目を集めるプロとしての意識が
本人も周囲も足りなかったということでしょうか」(現場記者)”


※一部改変。

同紙が掲載している通り、彼の騎乗停止理由は飲○や喫○であると掲載されています。

彼は、2017年12月31日をもって騎手を引退した「平野優(ひらのゆう)」騎手の送別会で酩酊状態になり、その情報が漏れた事により、今回の騎乗停止に繋がったとされています。

この情報が事実だとすれば、彼が騎乗停止を受けた時期と一致します。

しかし、JRAは彼の騎乗停止理由について、公表していません。

あくまでもネット上の情報なので参考程度に留めて置く方がいいでしょう。

スポンサーリンク



木幡育也騎手のWikiプロフィールは?

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼のプロフィールについても感心が集まっています。

そこで彼のWikipediaを調査しましたが、2018年1月4日現時点ではWikipediaの制作はされておらず、詳細な情報は不明です。

しかし、ウェブサイト『競馬データアンテナ』には以下のように掲載されています。

“生年月日
1998年9月21日

身長
158.5cm
体重
47.0kg

血液型
B型

星座
乙女座

初免許年
2017年

免許種類
平地・障害

出身地
茨城県

所属
美浦

所属厩舎
藤沢和雄”

また彼の素性調査に伴い、彼の家系は競馬騎手一家である事が判明しました。

彼の父親は、「木幡初広(こわたはつひろ)」騎手であり、1984年に稲葉隆一厩舎からデビューを果たし、1995年まで所属していました。

その後、フリーに転向し、2018年現在でも競馬騎手として活躍しています。

また初広騎手の長男「初也」さんや次男「巧也」も騎手として活動しています。

彼は初広騎手の三男として誕生し、2014年4月に競馬学校に33期生として入学し、2017年に卒業。

同年3月1日に騎手免許を取得し、騎手としてのキャリアをスタートさせ、3兄弟ジョッキーとなっています。

この事について、木幡初広のWikipediaには以下のように掲載されています。

“三男の育也は、
2014年4月に競馬学校に33期生として入学し、
2017年に卒業。

同年3月1日付で騎手免許を取得。

中央競馬史上3組目の3兄弟ジョッキーとなった。”

同サイトに掲載されている通り、彼の家系は競馬騎手一家である事が判明しました。

スポンサーリンク



木幡育也騎手の成績,年収は?

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、やはりネット上では彼の成績や年収について関心が集まっています。

そこで彼の成績を調査したところ、ウェブサイト『競馬ラボ』には以下のように掲載されています。

また年収について調査しましたが、ネット上では詳細な情報は公表されていません。

しかし彼の2017年度の収得賞金が判明しました。

この事について、ウェブサイト『netkeiba.com』には以下のように掲載されています。

同サイトの通り、彼の収得賞金は「96,750,000円」となっています。

「【騎乗停止理由】木幡育也騎手は何した?Wikiプロフィールや成績,年収は?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)