【死因:病気?】永曽信夫が死去!結婚歴や家族(嫁,子供)は?経歴,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『永曽信夫(えいそのぶお)』氏を取り上げます。

皆さんは永曽信夫氏の事をご存知でしょうか?

信夫氏は、劇団俳優座演劇研究所で講師を務め、多くの俳優の育成に携わっていました。

また富山県を代表する文化ホール「オーバード・ホール」の芸術監督を務めるなど演劇に人生を捧げていました。

そんな信夫氏が2017年9月2日に死去していた事が判明し世間の注目を集めています。

信夫氏の死因はいったいなんだったのでしょうか?

今回は、信夫氏について調査してみました。

スポンサーリンク



死因:病気?永曽信夫が死去!

冒頭でも掲載しましたが、信夫氏は2017年9月2日に死去していた事が判明し世間の注目を集めています。

この訃報を報じたのは『産経新聞』です。

2017年9月19日に配信された同紙は次のように報じています。

”永曽信夫氏(富山市民文化事業団オーバード・ホール元芸術監督)
2日死去、
87歳。

葬儀・告別式は近親者で行った。

平成30年3月ごろ、
偲ぶ会を開く予定。

喪主は次男、琢夫(たくお)氏。

俳優座演劇研究所講師や桐朋学園芸術短大教授などを歴任し、
俳優の育成に尽くした。”

同紙げ掲載している通り、信夫氏は2017年9月2日に死去していた事を報じています。

しかし、同紙には死因について記述されてません。

そこで、死因について調査しましたが、信夫氏の死因は公表されていませんでした。

彼の年齢(87歳)を考えれば、何らかの病気を患っていた可能性はあります。

しかし、ネット上では信夫氏が病気を患っていたという情報は確認できませんでした。

従って、信夫氏の死因については不明です。

死因が公表され次第、随時記事を追記していきます。

スポンサーリンク



永曽信夫の結婚歴や家族(嫁,子供)は?

今回の訃報を受けて、信夫氏の私生活に関心が集まっています。

上記で引用した「産経新聞」では、喪主を務めるのは次男「琢夫(たくお)」さんと掲載されている事から信夫氏には子供が居るのは明白です。

また次男と掲載されている事から、信夫氏には長男が居る事がわかります。

しかし同紙では、妻や長男に関しての記述はされていません。

そこで、妻や長男について調査しましたが、ネット上では詳細な情報を得られませんでした。

ここからは憶測になりますが、信夫氏の妻や長男はすでに死去しているか病気で入院している可能性が高いと思われます。

そのため、喪主を務めるのは次男の琢夫さんという事ではないでしょうか?

しかし詳細な情報がないため、このような事を断定する事は出来ません。

また次男琢夫さんについて調査したところ、2017年現在「株式会社設計計画一級建築士事務所」を設立しており、建築家、実業家として活動している事が判明しました。

この事について、ウェブサイト『BERK HOUSE』には以下のように掲載されています。

”建築家/永曽琢夫

永曽琢夫
えいそたくお
TakuoEiso

株式会社設計計画一級建築士事務所”

同サイトの通り、琢夫さんは建築家、実業家として活動している事がわかります。

スポンサーリンク



永曽信夫の経歴あり

今回の訃報を受けて、死因や私生活についで関心が集まっているのは、経歴についてです。

そこで信夫氏の経歴について調査しましたが、Wikipediaは制作されておらず詳細な経歴は不明です。

しかし、ウェブサイト『シアターX(カイ)』に以下のように掲載されています。

”永曽信夫(えいそのぶお)

1930年鈴鹿山麓生まれ。

俳優座演劇研究所、
桐朋学園演劇科で俳優の育成に携わる。

1970年度文化庁芸術家在外研修で欧米に1年間遊学。

その後、
東京芸術大学大学院オペラ科、
桐朋学園大学音楽科、
日本女子体育大学の講師をつとめる。

1995年から2004年まで
富山市民文化事業団オーバード・ホール芸術監督をつとめる。”

同サイトの通り、信夫氏は数々の講師を務め、演劇に人生を捧げていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)