【離婚歴あり/理由】ヘンリー王子が彼女,メーガンマークルと結婚!馴れ初めや母親,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『ヘンリー・オブ・ウェールズ』氏を取り上げます。

ヘンリー氏は、イギリス王室の成員であり、女王エリザベス2世の孫、ウェールズ公チャールズ氏とダイアナ妃の次男として誕生しています。

また、その端正なルックスで世界一のモテ男とも称されおり、イギリス国内のみならず世界各国の女性から高い人気を誇ります。

そんなヘンリー王子ですが、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それはヘンリー王子の婚約報道です。

ヘンリー王子は、兼ねてから交際していたアメリカのモデル・女優の「メーガンマークル」さんと婚約した事が報じられ世間の注目を集めています。

そこで今回は、ヘンリー王子について調査してみました。

スポンサーリンク



ヘンリー王子が彼女,メーガンマークルと結婚!馴れ初め!

冒頭でも掲載しましたが、ヘンリー王子が兼ねてから交際していたアメリカのモデル・女優の「メーガンマークル」さんと婚約したと報じられ世間の注目を集めています。

マークルさんは、2002年に女優デビューして以降、数々のテレビドラマや映画、舞台で活躍しており、日本でも放送された「SUITS/スーツ」のレイチェル・ゼイン役でその名前を広く知られるようになりました。

そんな彼女とヘンリー王子が婚約したと報じられています。

この事について、2017年11月27日に配信された『JIJI.COM』は次のように報じています。

“英王室は27日、
チャールズ皇太子の次男ヘンリー王子(33)が、
恋人の米女優メーガン・マークルさん(36)と婚約したと発表した。

挙式は2018年春。

英王室では今年9月、
ヘンリー王子の兄ウィリアム王子の妻キャサリン妃が第3子を妊娠したと発表されたほか、
11月にはエリザベス女王夫妻が結婚70周年を迎え、
慶事が相次いでいる。

王室によると、
ヘンリー王子とマークルさんは今月初めに婚約。

報道によれば、
2人は16年7月に友人を介して出会い、
交際を続けていた。 ”

同紙が掲載している通り、ヘンリー王子とマークルさんは2017年11月に婚約したと報じています。

しかし同紙では、詳細な馴れ初めについて記述されていません。

2人はどのような馴れ初めで結婚に至ったのでしょうか?

そこで馴れ初めについて調査したところ、以下の事が判明しました。

ヘンリー王子は、以前から彼女の大ファンである事を公言しており、2016年に共通の知人の「マーカス・アンダーソン」さんの紹介で交際に発展していた事が判明しました。

2人は、彼の主催したパーティーで知り合い、その後自然な形で交際に発展しデートを重ね、婚約・結婚に至りました。

この事について、2017年10月31日に配信された『ELLE ONLINE』は次のように報じています。

“ハリー王子とメーガンは共通の友人を介して出会ったと言われているけれど、
実はハリー王子、
その前からメーガンの大ファンだったことが明らかに。

英国王室のコメンテーター、
ケイティ・ニコールさんによると、
ハリー王子は以前からドラマ『SUITS/スーツ』が大好きで、
なかでもメーガン演じるレイチェル・ゼインは
「理想の女性像」であると友人たちに話していたという。

(中略)

ハリー王子とメーガンが初めて出会ったのは2016年の夏。

メーガンがウィンブルドン選手権で
セリーナ・ウィリアムズの試合を応援しているという情報をキャッチしたハリー王子は、
共通の友人マーカス・アンダーソンに

「メーガンを紹介して欲しい」

と頼んだのだそう。

すると会員制サロン、
ソーホーハウスのコンサルタントとして働くマーカスは、
すぐさまロンドンのディーン・ストリートのあるソーホーハウスに
友人たちを集めてカジュアルなパーティを開催。

そこでハリー王子とメーガンを引きあわせることに。

そのことについてニコールさんは、

「王子はデートではなく、
メーガンと会う機会をセッティングして欲しいとマーカスに頼んでいました。

そしてそれは、
ソーホーハウスのプライベートルームで実現しました」

「パーティには7〜8人の友人たちが集まっていたようです。

ハリー王子とメーガンは自然な形で出会うことができました。

気軽に会話するには絶好のチャンスだったと思います」

と説明。

それから間もなくして、
2人の長距離恋愛が始まったという。”

同紙が掲載している通り、上記のような馴れ初めであると報じています。

また今回の報道を受けて、ヘンリー王子と婚約したマークルさんについて感心が集まっています。

そこで今回は、結婚相手でもある「メーガンマークル」さんについて調査してみました。

スポンサーリンク



メーガンマークルに離婚歴あり/理由

今回の報道で世間の注目を集めているヘンリー王子ですが、ネット上では結婚相手でもある「メーガン・マークル」さんについても感心が集まっています。

上記で記した通り、マークルさんは2002年に女優としてデビューして以降、様々なテレビドラマや映画などで活躍しています。

そんな彼女ですが、一部ネット上では、離婚歴があると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ以下の事が判明しました。

彼女は、2004年にプロデューサーの「トレヴァー・エンゲルソン」氏と交際しており、約7年間の交差期間を経て結婚しています。

しかし、2013年にお互いがブレイクした事が原因ですれ違いが生じ、離婚しています。

この事について2017年7月8日に配信された『News Walker』は次のように報じています。

“ヘンリー王子の恋人メーガン・マークルには、
2013年にプロデューサーのトレヴァー・エンゲルソンと離婚した過去がある。

メーガンと元夫トレヴァーは、
2011年9月にジャマイカで挙式するも、
2013年5月には破局。

結婚する前に7年間も交際していた2人が破局に至った原因は、
お互いのキャリアがちょうど軌道に乗り、
ブレイクした時期と重なったからだという。

メーガンは米ドラマ「SUITS」レイチェル役を射止め、
撮影のためにトロントに滞在せねばならず、
トレヴァーはロサンゼルスで映画の撮影があり、
“長距離結婚”になってしまったことが2人の関係を終わらせてしまったそうだ。”

同紙が掲載している通り、彼女には離婚歴がある事が報じられています。

この事からネット上で噂されている事は事実だ判明しました。

スポンサーリンク



メーガンマークルの母親について

上記で記したように彼女の素性は明らかになりましたが、ネット上では彼女の母親についても感心が集まっています。

そこで彼女の母親について調査したところ以下の事が判明しました。

彼女の母親は、アフリカ系のハーフとして誕生しています。

名前は「ドリア・ラグランド」さん。

1970年代後半に、オペラの照明ディレクターの「トム・マークル」さんと結婚しています。

しかしドリアさんは、彼女が6歳の時に離婚し、シングルマザーとして彼女を育てました。

2017年現在では、アメリカでヨガのインストラクターとして活動しており、彼女もまたヨガを得意としています。

この事について、2017年10月6日に配信された『ELLE ONLINE』は次のように報じてます。

“彼女は自らの2人種から成るアイデンティティや
どのようにして彼女の両親が出会ったかについて語った。

「私の両親が出会ったのは’70年代後半で、
私の父はソープオペラの照明ディレクターをやっていて、
私の母はスタジオの臨時雇いだったの」

「父が母の可愛い目元とアフロヘアに惹きつけられたこと、
そして二人ともアンティークが大好きだったことを思うと嬉しくなるわ。

何にせよ、
彼らは結婚して、
私が生まれた」

と綴っている。

残念ながら、
彼らはメーガンが6歳の時に離婚。

(中略)

ヨガ・ラバーのマークルだが、
彼女のトレーニングの技術は母のおかげで上達したと認めている。

「私の母はヨガのインストラクターなの。

だから活動的は親譲りなの」と

『Women’s Health』誌で語ったマークル。

「私はヴィンヤサの集中クラスが大好き。

もしヒップホップが大音量で流れていて、
キャンドルが灯った暗い部屋できるなら尚更いいわ」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)