【逮捕歴あり/理由】元ダイエー高塚猛が死去!死因は慢性腎不全!工藤,小久保事件とは?

こんにちは坊主です!!

今回は、『高塚猛(こうつかたけし)』氏を取り上げます。

皆さんは高塚猛氏はご存知でしょうか?

猛氏は、日本の実業家として知られており、ソフトバンクに買収される以前の福岡ダイエーホークスや福岡ドーム、ホークスタウンの経済責任者などを歴任してました。

猛氏は地域密着の経営を務め、国土交通省から「観光カリスマ」に選出されるなど華々しい功績を収めていました。

そんな華麗なる経歴を持つ猛氏ですが、2017年8月27日に死去していた事が報じられ、世間の注目を集めています。

今回は、そんな猛氏について調査してみました。

スポンサーリンク



元ダイエー高塚猛が死去!死因は慢性腎不全!

冒頭でも掲載しましたが、猛氏は2017年8月27日に死去していた事が報じられ、世間の注目を集めています。

猛氏の死因について調査したところ、「慢性腎不全」を患い死去していた事が判明しました。

この事について、2017年8月30日に配信された『スポニチ』は次のように報じています。

”元福岡ダイエーホークスオーナー代行兼社長の高塚猛(こうつか・たけし)氏が
27日午前5時25分、
慢性腎不全のため盛岡市内の病院で死去した。

70歳。

東京都出身。

自宅は盛岡市加賀野2の9の9。

葬儀・告別式は31日午後1時から盛岡市名須川町31の5、
報恩寺で。

喪主は妻鈴子(れいこ)さん。

2000年にダイエー(現ソフトバンク)の球団社長に就任、
02年からオーナー代行兼社長を務め、
地域密着の経営で業績改善に取り組んだ。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、猛氏は慢性腎不全のため2017年8月27日に死去していた事を報じています。

また今回の訃報を受けて、猛氏の死因でもある「慢性腎不全」という病気に多くの関心が集まっています。

この慢性腎不全とはいったいどういった病気なのでしょうか?

慢性腎不全について調査したところ以下の事が判明しました。

慢性腎不全とは、数ヶ月から数年にかけて進行する腎臓の病気によって、徐々に腎機能の低下が進行する病気です。

原因としては、糖尿病や高血圧による腎障害”腎硬化症”などによるもので発症する病気だと言われています。

この事について、ウェブサイト『YAHOO!ヘルスケア』は以下のように掲載されています。

”慢性腎不全

どんな病気か

慢性(数カ月~数年かけて)に進行する腎臓の病気によって、
徐々に腎機能の低下が進行する病態(状態)です。

原因は何か

すべての腎臓病が原因になります。

患者さんの原因となった病気は、
多い順に、
糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)、
慢性糸球体腎炎(まんせいしきゅうたいじんえん)、
腎硬化症(じんこうかしょう)、
嚢胞腎のうほうじんなどです。

近年、
高齢社会の到来とともに糖尿病性腎症、
腎硬化症が増えています。”


※一部改変

同サイトの通り、様々な病気が原因で慢性腎不全を発症する事を掲載しています。

猛氏は長期に渡り、腎臓の病気と闘病中でしたが、2017年8月27日に慢性腎不全のため死去してしまいました。

スポンサーリンク



元ダイエー高塚猛に逮捕歴あり/理由

今回の訃報を受けて、世間の関心を集めている猛氏ですが、調査をしていくと猛氏は以前警察に逮捕されている過去がある事が判明しました。

猛氏はどういった理由で逮捕されていたんでしょうか?

この事について調査したところ以下の事が判明しました。

冒頭でも掲載しましたが、猛氏はソフトバンクに買収される以前のダイエーの経営者として様々な役職を歴任し華々しい功績を収め活躍していました。

しかし2004年に当時社員であった女性に対し、セ○ハラやわ○せつ行為を行い、警察に逮捕・起訴され、2005年に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けています。

この事について、2017年8月30日に配信された『毎日新聞』は次のように報じています。

”2000年に球団社長に就任、
02年には球団オーナー代行になった。

しかし、
ワンマン経営を巡りダイエー本社との確執が表面化。

04年9月に運営会社社長を解任され、
オーナー代行も辞任した。

直後、
女性社員らにセ○ハラ行為があったとして強制わ○せつ容疑で逮捕・起訴され、
05年10月、
懲役3年、
執行猶予5年の有罪が確定した。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、セ○ハラを行い、強制わ○せつ容疑で逮捕・起訴されていることを報じています。

この事から猛氏に逮捕歴がある事がわかります。

スポンサーリンク



元ダイエー高塚猛の工藤,小久保事件とは?

波乱万丈な人生を歩んでいた猛氏ですが、猛氏には球団社長時代にある事件を起こしていた判明しました。

この事件は、工藤,小久保事件と言われ、プロ野球ファンの間では有名な事件と言われています。

いったいこの事件はどういったものなのでしょうか?

この事件の詳細を調査したところ以下の事が判明しました。

上記で引用した『毎日新聞』でも掲載していますが、猛氏はその経営の実力を買われ、球団社長やオーナー代行に就任しています。

1989年にダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)は、岩手県内から福岡県に移転しています。

当時同球団は、パ・リーグでは上位の観客動員数を誇っていましたが、福岡移転以後は空席が目立つような状態に陥りました。

猛氏はその状況を改善すべく、これまでの経営方針を一新し地元福岡に密着した経営に切り替えました。

その結果、福岡出身の選手や九州出身のスター選手が育ち、球団の観客動員数は増えたと言います。

しかしホークス選手に対する冷遇があり、当時同球団に所属し活躍していた「工藤公康(くどうきみやす)」さんに対し、球団経営者らしからぬ発言をしたため、問題となり工藤さんは同球団を去る事となります。

また同球団で活躍し、球団の顔と称されていた「小久保裕紀(こくぼひろき)」さんにも対しても冷遇があったとされています。

小久保さんは長年同球団で活躍し、貢献していましたが、2003年に試合中に右ひざに大怪我を負ってしまい球団から巨人に無償トレードが行われてしまいます。

しかしこの無償トレードは猛氏の報復だとされています。

その理由は、猛氏が部外者である一般女性をベンチに入れ選手たちとハイタッチしている所を小久保さんに苦言を呈された事だとされています。

また小久保さんは、試合中の怪我を猛氏に認めてもらおうとしましたが、猛氏は球団指定の病院ではないため医療費を拒絶。

小久保さんはアメリカでの莫大な治療費を自費で支払ったとされています。

そして小久保さんの無償トレードが発表されたのは、同球団の優勝パレード翌日。

歓喜に沸くファンから批判を呼び、問題になりました。

このような事から、「工藤,小久保事件」と称されプロ野球ファンの間では有名です。

この事について猛氏のWikipediaには以下のように掲載されています。

”ホークス選手に対する冷遇が問題となる。

工藤公康との年俸交渉の際に

「君の登板する火曜日には観客の入りが悪い」

と言い放ち、
巨人へのFA移籍を決定的なものにしたと報じられた。

(中略)

2003年には小久保裕紀の巨人への無償トレードを行った(いわゆる「小久保事件」)。

これは高塚が、
部外者である一般の女性をベンチに入れて選手とハイタッチしていた所、
小久保に苦言を呈された事による報復とされている。

小久保側は件の怪我を公○扱いとして認めてもらおうとしていたが、
高塚は球団指定の病院でないことを理由に拒絶。

アメリカでの莫大な治療費を自費で払っている。

このエピソード等については
スポーツニッポンの連載企画「激震ダイエー」で暴露されているが、
結果ホークスタウンの売店からスポニチが撤去されることとなった。

高塚は元々、
小久保を解雇する(自由契約)方向で考えていたとされる
(高塚は小久保を“2億円の不良債権”とまで言い放っていた)。”


※一部改変

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)