【顔画像】植松仁の逮捕理由!結婚歴や家族(嫁,子供)は?現在の職業やプロフィール,経歴!

こんにちは坊主です!!

今回は、『植松仁(うえまつひとし)』さんを取り上げます。

皆さんは、彼の事をご存知でしょうか?

彼は、元ショートトラックスピードスケート選手としてその名前を知られています。

彼は幼少期の頃より同競技を始め、1998年に開催された長野オリンピックで銅メダルを獲得しその知名度を上げましたが、2017年現在では、お世辞にもその知名度は高いとは言えません。

そんな彼がここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは彼の逮捕報道です。

2017年11月30日に彼が逮捕されたと報じられ世間の注目を集めています。

なぜ彼は逮捕されてしまったのでしょうか?

そこで今回は、彼について調査してみました。

スポンサーリンク



植松仁の逮捕理由!

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年11月30日に逮捕されたと報じられ世間の注目を集めています。

なぜ彼は逮捕されてしまったのでしょうか?

そこで彼の逮捕理由について調査したところ、2017年11月30日に配信された『朝日新聞DIGITAL』は次のように報じています。

“愛知県警は30日、
電車内で女性の足に体○をかけた疑いがあるとして、
岐阜県羽島市福寿町千代田1丁目の会社員植松仁容疑者(43)を
暴○容疑で逮捕し、
発表した。

植松容疑者は車内で体○を出したことは認めているが、
「かけるつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

県警によると、
植松容疑者は今年4月14日朝、
名鉄金山駅(名古屋市)から知立駅(愛知県知立市)に向かう電車内で
女性(21)の右足に体液をかけた疑いがあるという。

植松容疑者は、
1998年の長野五輪ショートトラック男子500メートルの銅メダリスト。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼の逮捕理由は電車内で女性に体○をかけ、暴○容疑で逮捕された事を報じています。

また今回の報道を受けて、彼の私生活について感心が集まっています。

彼は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで今回は、彼の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



植松仁の結婚歴や家族(嫁,子供)は?

今回の報道を受けて、世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の私生活について感心が集まっています。

しかし上記で引用した「朝日新聞DIGITAL」では家族についての言及はされていません。

彼は結婚していて、家族は居るのでしょうか?

そこで彼の私生活を調査しましたが、Wikipediaやネット上では彼の家族に関する情報は掲載されていませんでした。

彼の年齢(43歳)を考えれば、すでに結婚していて子供が居ても不思議ではありません。

しかし2017年11月30日現時点で彼が結婚したという報道や子供が誕生したという報道はないため、彼の結婚歴や妻、子供に関しての情報は不明です。

詳細な情報が公表され次第、随時記事を追記しています。

追記

彼の家族について調査したところ、彼は2003年に結婚しており、2017年現在では3児の父親である事が判明しました。

この事について2017年2月8日に配信された『TVでた蔵』には以下のように掲載されています。

“長野五輪ショートトラックで銅メダルを獲得した植松仁は今、
何をしているのか?

岐阜県羽島市に住んでいる植松さんは
2003年に結婚し3児の父に。”

同サイトが掲載している通り、彼は2003年に結婚しており、3児の父親となっています。

しかしネット上では、妻や子供の素性などは明らかになっておらず、詳細な情報は不明です。

スポンサーリンク



植松仁の現在の職業やプロフィール,経歴!

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、やはりネット上では彼の現在の職業や経歴などに関心が集まっています。

冒頭でも掲載していますが、彼は幼少期の頃よりショートトラックスピードスケート選手として活動し、1998年に開催された長野オリンピックで銅メダルを獲得しています。

その後彼は、所属していた会社(ベローチェ)が経営状況悪化により解雇され、2000年に競輪選手に転向しています。

2001年8月に競輪選手としてデビューを果たし、同月に初勝利を上げています。

2006年には上位クラスのS級に昇格し競輪選手として数々の功績を収めていましたが、肝疾患を患い2010年10月に現役を引退しています。

この事について、彼のWikipediaには以下のように掲載されています。

“植松 仁(うえまつ ひとし 1974年6月21日)は
元ショートトラックスピードスケート選手、
元競輪選手。

岐阜県羽島郡岐南町出身。

岐阜県立岐阜工業高等学校卒業。

身長163cm
体重56kg。

高校卒業後は働きながらスケートを続けようとしたが、
就職するつもりでいた会社が倒産し、
しばらくは無職のまま競技生活を続ける。

その後別の会社への就職が決まり、
1996年全日本選手権総合優勝。

1996、
1997年世界選手権代表。

1998年長野オリンピックでは
500mで銅メダルを獲得した(1000mは15位)。

しかし長野オリンピック後はスランプに苦しみ、
所属していた会社(ベローチェ)の経営状況が悪化したこともあって解雇される。

(中略)

2000年に日本競輪学校に特別枠で入学。

異種目からの特別選抜入試による初の合格者であった。

(中略)

2001年8月11日に松阪競輪場でデビューを果たし、
同月18日には名古屋競輪場で初勝利を挙げている。

しかし競輪に対して不慣れな部分があったためか、
デビュー当初から成績が伸び悩んでいた。

2006年6月には上位クラスのS級に昇格し、
有力選手とも直接対決するようになったが、
S級では苦戦を強いられることが多かった。

(中略)

肝臓疾患によって疲労回復がままならず、
2007年9月以降から長期欠場。

2008年12月15日の一宮競輪場で復帰するが、
2009年10月より再び長期欠場する。

2010年7月19日の大津びわこ競輪場で復帰したものの、
同年9月18日の松阪競輪場第10RS級特選2着を
最後のレースとしてS級2班格付けのまま引退した。

10月4日選手登録消除。”

同サイトに掲載している通り、彼はスピードスケート選手引退後は競輪選手として活躍し、2010年に引退しています。

しかし同サイトには2017年11月現在の職業は掲載されていません。

彼の現在の職業はいったいなんだったのでしょうか?

そこで彼の2017年現在の活動を調査したところ、彼のFacebookを発見しました。

そのFacebook内には、2017年現在の彼の職業は、「一般社団法人先端医療科学スポーツアカデミー」の理事や「Katati Brain」の代表を務めている事が判明しました。

またこの「Katati Brain」とは、アスリートの能力開発やアスリートの引退後のセカンドキャリアの支援を行う会社だとされています。

この事について、彼のFacebookには以下のように掲載されています。

“一般社団法人先端医科学スポーツアカデミー
理事 · 2016年2月2日から現在

Katati Brain 代表
人材育成 キャリアコンサルタント
2014年10月から現在 · 岐阜県 羽島市

【能力開発】
アスリートが持つ課題志向をベースに、
ビジネス・スポーツでの自己実現をサポートします。

1.プロ意識養成(自己管理・役割認識)、
2.リーダーシップ、
3.ビジネススキル、
と段階を得て習得していきます。

【アスリートのセカンド・キャリア支援】
アスリートの引退後の支援は
「就職の斡旋」では解決できず、
「やりがいのある仕事を斡旋」する必要があります。

「やりがい」や「モチベーション」をテーマにアスリートと企業をサポートしていきます。

【ビジネスプロデュース】
その他、
“ヒト”に関するビジネスを創出・発表していきます。

賛同できるビジネスがあればお気軽に参画ください。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)