【彼女/結婚相手は?】中曽根康隆が出馬表明!学歴(高校,大学)や経歴,プロフィール画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『中曽根康隆(なかそねやすたか)』氏を取り上げます。

彼といえば、父親に政治家「中曽根弘文(なかそねひろふみ)」氏を持ち、祖父に元内閣総理大臣を務めた「中曽根康弘(なかそねやすひろ)」氏の孫として、その名前を広く知られています。

康隆氏は、父親の弘文氏の秘書を務め政策作りをサポートし、そのさわやかなルックスで女性からの支持を得ています。

また康隆氏は、ゴルフを得意とし、大学在学時にはゴルフ部副将を務め、リーグ戦で春・秋連続優勝に貢献するなどの功績を収めています。

そんな華麗な経歴を持つ、康隆氏がここに来て大きな注目を集める出来事が報じられました。

それは、康隆氏の出馬表明です。

康隆氏は、次期衆院選で群馬1区から立候補する考えを表明し世間の注目を集めています。

そこで今回は、そんな康隆氏について調査してみました。

スポンサーリンク



中曽根康隆が出馬表明!

冒頭でも掲載しましたが、康隆氏は次期衆院選で群馬1区から立候補を表明し世間の注目を集めています。

この出馬表明を報じたのは『産経新聞』です。

2017年9月21日に配信された同紙は次のように報じています。

”中曽根康弘元首相の孫で、
弘文元外相の長男、
康隆氏(35)が21日、
前橋市の群馬県庁内で記者会見し、
次期衆院選で群馬1区から立候補する考えを正式表明した。

中曽根氏が出馬すれば
同区は保守3分裂となる可能性が出てきた。

中曽根氏は会見で

「1区から自民党の公認を目指して出馬する。

党の前橋支部に公認申請を出す。

自民が唯一の国政政党。

群馬から羽ばたきたい」

と語った。

同紙が掲載している通り、康隆氏は群馬1区から出馬を表明しています。

またこの出馬表明が報じられた事で、彼の私生活について感心が集まっています。

一部ネット上では、交際中の彼女の存在や結婚しているという噂が囁かれています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこで康隆氏の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



中曽根康隆の彼女/結婚相手は?

上記でも掲載しましたが、康隆氏の出馬表明で私生活について感心が集まっています。

康隆氏は結婚しているのでしょうか?

そこで、康隆氏の結婚歴を調査しましたが、2017年9月21日現時点では、結婚しているという情報はありませんでした。

この事から、ネット上で結婚していると噂は誤りだと判明し、2017年9月21日現在は独身である事が判明しました。

またネット上で噂されている彼女の存在について調査しましたが、康隆氏が交際しているという情報も報じられた形跡はありませんでした。

康隆氏の年齢(35歳)を考えれば、交際相手が居ても不思議ではありません。

しかし、熱愛報道がないため、彼女の存在は不明です。

彼の私生活が公表され次第、随時記事を追記していきます。

スポンサーリンク



中曽根康隆の学歴(高校,大学)や経歴,プロフィールあり!

今回の出馬表明で注目を集める康隆氏ですが、私生活に次いで関心が集まっているのは、学歴や経歴などです。

そこで、康隆氏のプロフィールを調査したところ、公式ウェブサイトには以下のように掲載されています。

”中曽根 康隆(なかそね やすたか)
生年月日 昭和57年1月19日
血液型 O型

・慶應義塾大学法学部法律学科卒業
在学中は体育会ゴルフ部に所属。

副将としてチームをまとめ、
4年生時のリーグ戦では春・秋連続優勝でチームをAブロック(1部)へ。

・米国コロンビア大学大学院 国際関係学修士号取得
国際関係、
公共政策、
国際金融等を修学。

・JPモルガン証券株式会社入社
債券営業本部にて、
金融法人担当営業として債券及びCDS等の取引に従事。

国際金融の最前線で政治・経済動向を学んだ。

・参議院議員 中曽根弘文事務所入所
東京では党の勉強会への出席や、
地元市町村からの要請事項などについて関係省庁と折衝に当たった。”


※一部改変

同サイトの通り、康隆氏は慶應大学を卒業後、アメリカ・コロンビア大学大学院に進学し、その後、証券会社に就職していると掲載しています。

しかし康隆氏の出身高校についての記述はされていません。

そこで出身高校について調査したところ、上記で引用した「産経新聞」には以下のように掲載されていました。

”中曽根氏は慶応幼稚舎から慶応大まで進学。

高校、
大学中はゴルフ部で活躍した。

同級生には人気グループ「嵐」の桜井翔さんがいる。”


2017年9月21日配信

同紙が掲載している通り、康隆氏は慶應幼稚舎から慶應大学と報じているため、康隆氏は慶應高校出身だとわかります。

また出身高校の調査に伴い、康隆氏は17歳当時に単身でアメリカ・ダラスにある高校に1年間留学していた事が判明しました。

この事について、ウェブサイト『みんなの教育』には以下のように掲載されています。

”留学のきっかけは、
17才でダラスの高校に1年間留学したことです。

その時はとにかく外に出てみたい、
と思っていましたが、
現地では新しい価値観や言語の壁にぶつかりました。

日本人は私一人で、
周りの生徒には

「しゃべらない静かなアジア人が来た」

と思われていたようです(笑)。”

同サイトの通り、康隆氏は17歳の時に単身でアメリカ・ダラスにある高校に留学していた事を明かしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)