【戦力外⇒引退】巨人,藤村大介の現在の彼女や結婚歴は?成績や年俸,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『藤村大介(ふじむらだいすけ)』さんを取り上げます。

彼といえば、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(内野手)としてその名前を広く知られています。

彼は、熊本県熊本市の出身で、幼少期の頃より野球を始め、そのキャリアをスタートさせています。

熊本工業高校に進学後は、頭角を現し2年生の時からレギュラーに定着し甲子園出場を果たしています。

2007年に行われた高校生ドラフト会議で幼少期の頃より長年の夢であった同球団に1巡目指名を受けて入団し、プロとしてのキャリアをスタートさせてます。

また当時の監督であった「原辰徳(はらたつのり)」氏から期待をかけられており、2011年にはその俊足を活かし、自身初となる28盗塁を記録し盗塁王を獲得しています。

そんな輝かしい功績を収めている彼がここに来て注目の集める出来事が報じられました。

それは彼の現役引退報道です。

彼は、2017年10月7日に同球団から戦力外通告を受けており、現役続行を模索中でありましたが、同年10月14日に現役を引退する事が報じられ世間の注目を集めています。

彼の今後は、いったいどうなるのでしょうか?

そこで今回は、そんな彼について調査してみました。

スポンサーリンク



巨人,藤村大介が戦力外⇒引退

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年10月7日に巨人から戦力外通告を受けており、現役続投を模索中でしたが、同年10月14日に現役を引退する事が報じられ世間の注目を集めています。

また彼の今後を調査したところ、2017年10月14日に配信された『東スポ』は次のように報じています。

”巨人・藤村大介内野手(28)が14日、
今季限りでの現役引退を表明した。

7日に球団から戦力外通告を受けた藤村はトライアウトなど
現役続行の道も模索。

しかし

「他のチームのユニホームを着て、
巨人を敵に回して戦うイメージがつかなかった。

巨人ひと筋でいきたいと思った」

と10年間のプロ生活に終止符を打つことを決断した。

(中略)

小学生のころは巨人に入団し、
盗塁王のタイトルを獲得することが夢のひとつだった。

その夢は2011年シーズンに28盗塁をマークして実現した。

「自分の夢はひとまずかなえられたので、
間接的にチームを支えられたら。

未練はないです。」

とすっきりとした表情で語った。

藤村は熊本工業高校から07年の高校生ドラフト1位で入団し、
通算成績は294試合、
156安打、
打率2割2分6厘、
49盗塁。

今季は一軍出場機会がなかった。

今後はポストは未定ながら球団に入り、
第2の人生を歩む。”

同紙の通り、彼は現役を引退する事を掲載しており、また彼の現役引退後の進路は未定とされていますが、同球団に入ると報じられています。

また、今回の報道を受けて、ネット上では彼の私生活について感心が集まってます。

彼は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで今回は、彼の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



巨人,藤村大介の現在の彼女や結婚歴は?

上記でも掲載しましたが、今回の引退報道を受けて、ネット上では彼の私生活について感心が集まっています。

そこで彼の私生活を調査したところ、一部ネット上では交際中の彼女が居るという噂が囁かれています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこで、この噂を元に調査しましたが、2017年現在まで熱愛が報じられて形跡はありませんでした。

なぜ、熱愛が報じられた形跡がないのにも関らず、このような噂が囁かれているのでしょうか?

この噂の出所を調査しましたが、詳細な情報は得られませんでした。

ここからは憶測になりますが、彼の年齢が関係しているのではないでしょうか?

彼は2017年現在、28歳となっています。

彼の年齢を考えれば、交際中の彼女や結婚していても不思議ではありません。

しかし、熱愛報道や結婚報道がないため、2017年現在の彼女の存在や結婚歴は不明です。

スポンサーリンク



巨人,藤村大介の成績や年俸

今回の引退報道で注目を集めている彼ですが、やはり多くの方が彼の成績や年俸について感心が集まっています。

そこで、彼の成績を調査したところ、ウェブサイト『NPB』には以下のように掲載されています。

同サイトの通り、彼は一貫して読売ジャイアンツに所属し、数々の功績を収めています。

次に年俸について調査したところ、ウェブサイト『グラゼニ.com』には以下のように掲載されています。

”2017年
1000万円 読売ジャイアンツ
2016年
1125万円
2015年
1500万円
2014年
1800万円
2013年
2200万円
2012年
2400万円
2011年
640万円
2010年
580万円
2009年
540万円
2008年
600万円”

同サイトの通り、彼の年俸を掲載しています。

しかし、これは推移でありこの全てではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)