【死因:病気?】元ヤクルト,デーブ・ヒルトンが死去!結婚歴や家族(嫁,子供)の画像あり!村上春樹の関係は?

こんにちは坊主です!!

今回は、『デーブ・ヒルトン』さんを取り上げます。

皆さんは彼の事をご存知でしょうか?

彼は、アメリカ・テキサス州の出身で、元プロ野球選手としてその名前を知られています。

1987年に春季キャンプでヤクルトスワローズに入団。

彼は独特の打撃フォームや気迫溢れるプレーで活躍し、同球団創設初優勝に貢献するなど輝かしい功績を収めていました。

その後、阪神タイガースの移籍を経て、現役を引退。

引退後は、台湾球界の指導者として活躍していましたが、アメリカに帰国しています。

そんな経歴を持つ彼がここに来て、注目を集める出来事が報じられました。

それは彼の訃報です。

彼は2017年9月17日に死去していた事が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死因はいったいなんだったのでしょうか?

そこで今回は、彼について調査してみました。

死因:病気?元ヤクルト,デーブ・ヒルトンが死去!

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年9月17日に自宅のあるアメリカ・アリゾナ州で死去してた事が報じられ世間の注目を集めてます。

この事について、『朝日新聞DIGITAL』は次のように報じています。

”米大リーグのパドレスやプロ野球ヤクルト、
阪神でプレーしたデーブ・ヒルトン氏が
17日に亡くなったと、
同氏が住むアリゾナ州の地元紙アリゾナ・リパブリック(電子版)が
18日に報じた。

67歳だった。

死因は明らかになっていない。”

同紙が掲載している通り、彼は2017年9月17日に死去していた事を報じています。

しかし彼の死因は明らかになってません。

彼の年齢(67歳)を考えると、何らかの病気を患っていた可能性があります。

しかし彼が病気を患っていたという報道もないため、彼の死因については不明です。

彼の死因が公表され次第、随時記事を追記していきます。

スポンサーリンク



デーブ・ヒルトンと村上春樹の関係は?

今回の訃報を受けて、大きな注目を集めている彼ですが、ネット上では彼と「村上春樹」さんとの関係について大きな関心が集まっています。

村上春樹さんといえば、日本国内はもとより世界各国から支持を集める小説家としてその名前を広く知られています。

主な作品に、「風の歌を聴け」や「羊をめぐる冒険」、「海辺のカフカ」、「1Q84」などがあります。

また村上さんは、2006年にフランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、日本の作家の中で「ノーベル文学賞」の最有力候補となっています。

そんな輝かし経歴を持つ村上さんと彼の関係はいったいどういったものなのでしょうか?

そこで2人の関係について調査したところ以下の事が判明しました。

村上さんは、作家としてデビューする以前は、ジャズ喫茶「ピーター・キャット」を開店させ、実業家として活動していた事は知られています。

また村上さんは、大のヤクルトファンであり、喫茶店のオーナーを務めながら、度々神宮球場に足を運んで試合を観戦していました。

そんな村上さんが、作家を志すきっかけになったのが彼だとされており、1978年に神宮球場で行われたプロ野球開幕戦で、彼が二塁打を打った瞬間に小説を書く事を思い立ったとされています。

その後、ジャズ喫茶を経営する傍ら、小説を書き続け、1979年に「群青」に応募した「風の歌を聴け」が群青新人文学賞を受賞し作家デビューを果たしています。

この事について、村上さんのWikipediaには以下のように掲載されています。

”1978年4月1日、
明治神宮野球場でプロ野球開幕戦を観戦中に
小説を書くことを思い立つ。

1回裏、
ヤクルトの先頭打者のデイブ・ヒルトンが
二塁打を打った瞬間のことだったという。

それからはジャズ喫茶を経営する傍ら、
毎晩キッチンテーブルで書き続けた。

1979年4月、
『群像』に応募した『風の歌を聴け』が第22回群像新人文学賞を受賞。

同作品は『群像』1979年6月号に掲載され、
作家デビューを果たす。”

同サイトの通り、作家を志すきっかけになったのは彼であると掲載されています。

また村上さんは、このエピソードを「雑文集」で明らかにしています。

スポンサーリンク



元ヤクルト,デーブ・ヒルトンの結婚歴や家族(嫁,子供)の画像あり!

今回の訃報で大きな関心を集める彼ですが、ネット上では私生活について関心が集まっています。

彼には妻や子供は居たのでしょうか?

そこで、彼の私生活について調査したところWikipediaには家族に関する情報は掲載されていませんでした。

また上記で引用した「朝日新聞DIGITAL」にも家族に関する記述はされていません。

しかしネット上で調査した結果、1つの画像を発見しました。

その画像はこちら。

この画像は1987年に発売された「週刊ベースボール」に掲載された写真です。

この画像には、彼の妻「バティ」さんと子供「マシューズ」さんと掲載されている事から、1987年当時、彼には妻と子供が居る事がわかります。

しかし子供の性別は掲載されてないため、不明です。

また2017年9月19日現在の彼の私生活が公表されていないため、現時点の夫婦関係は不明です。

追記

子供の性別を調査したところ、以下の画像を発見しました。

その画像はこちら。

この画像を見てみると、息子を記述されている事から、彼の子供の性別は男性である事が判明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)