【彼女と結婚】旭大星と小林芳恵の馴れ初め!父親は自衛隊陸軍長!母親は死去!死因は?

こんにちは坊主です!!

今回は、『旭大星(きょくたいせい)』さんを取り上げます。

彼といえば、友綱部屋に所属する大相撲力士として知られています。

本名は「大串拓也(おおぐしたくや)」さん。

北海道旭川市出身で、幼少期から空手や柔道を習い、スポーツ少年として学生時代を過ごします。

旭川大学高等学校在学時に大島部屋(現在は消滅)の大島親方のスカウトを受け、2008年1月場所で初土俵を踏みます。

しかし入門当時は体重が増えないことや成績が一進一退であり不遇の時代を過ごしますが、その後めきめきと頭角を現します。

2010年に初めて幕下に昇進し、2012年以降は幕下の地位に定着しています。

2017年現在では友綱部屋に所属し、そのキレ味鋭い動きや土俵際で逆転するスタイルで「西十両3枚目」に昇進しています。

そんな現在最も注目されている彼が、一般女性と婚約したと報じられ世間の注目を集めています。

今回は、彼と結婚相手である女性との馴れ初めを調査してみました。

スポンサーリンク



彼女と結婚 旭大星と小林芳恵の馴れ初め!

冒頭でも掲載しましたが、彼は一般女性である「小林芳恵」さんと婚約を発表し世間の注目を集めています。

この吉報を報じたのは、『デイリー』です。

2017年9月1日配信された同紙は次のように報じています。

”大相撲の十両東4枚目の旭大星(27)=友綱=が1日、
都内の友綱部屋で婚約したことを発表した。

お相手は小林芳恵さん(26)=東京出身、
家事手伝い=で、
そろって会見した。

9月17日に婚姻届けを出し、
来年2月17日に挙式の予定。”

同紙が掲載している通り、彼と彼女は婚約した事を報じています。

しかしまだ正式な夫婦関係とはなっておらず、2017年9月17日に婚姻届を提出予定だとされています。

今回の結婚の報道を受けて、彼らの馴れ初めについて多くの関心が集まっています。

2人はいったいどういった馴れ初めで結婚にいたったのでしょうか?

馴れ初めについて調査したところ以下の事が判明しました。

彼らは2012年頃に知人の紹介で知り合い、彼が彼女に一目ぼれをしたそうです。

その後すぐに交際をスタートさせ、彼の故郷でもある北海道にも旅行し、結婚を意識していたとされています。

この事について、上記でも引用した『デイリー』は以下のように掲載しています。

”5年前に知人の紹介で知り合い、

「一目ぼれ。

ノリがすごくいい」

とすぐに連絡先を交換し、
交際スタート。

食事、
映画館、
カラオケなどで愛をはぐくんだ。

故郷の北海道にも旅行し、
結婚を意識してきた。

先場所、
名古屋場所で勝ち越し、
7月23日の千秋楽にプロポーズ。

「僕と一緒になって下さい」

とストレートな言葉に、

「はい」と快諾された。”


2017年9月1日配信

同紙が掲載している通り、2人の馴れ初めは2012年頃に知人の紹介で出会い、結婚に至ったとされています。

その嫁(妻)の「芳恵」さんの画像はこちら。

また彼らの子供について調査しましたが、2017年現在に子供はおらず、彼は2018年か2019年頃に作ると宣言しています。

スポンサーリンク



旭大星の父親は自衛隊陸軍長!

今回の結婚発表で世間の注目を集めている彼ですが、彼の父親についても関心が集まっています。

一部ネット上では、彼の父親は自衛官だと噂されています。

果たしてこの噂は事実なのでしょうか?

この噂について調査したところ以下の事が判明しました。

彼の父親について彼のWikipedia内を調査しましたが、父親の名前や職業などの記述はされていませんでした。

しかしネット上で父親について調査したところ父親の名前は「大串浩」さんである事が判明しました。

また浩さんは職業は北海道の旭川駐屯地に勤務し「陸軍長」である事がわかりました。

この事について、2014年6月15日に配信された『防衛ニュース』では次のように報じています。

”北海道・旭川出身の大相撲力士、
旭大星(きょくたいせい)=本名 大串拓也、
友綱部屋=の十両昇進が決まり、
どさんこ力士としては13年ぶり、
旭川出身としては27年ぶりの新十両誕生という快挙に
地元は喜びに包まれている。

旭大星の父は旭川駐屯地勤務の大串浩陸曹長で現在、
駐屯地曹友会長を務めている。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼の父親の浩さんは自衛官であり、陸軍長を務めている事がわかります。

また浩さんの画像はこちら。

この画像の左側に写っている男性が父親の浩さんです。

この事からネット上で噂されている事は事実だとわかります。

スポンサーリンク



旭大星の母親は死去!死因は?

今回の彼の家族を調査に伴い、彼の父親は自衛官である事は判明しましたが、彼の母親は幼少期の頃に死去していた事が判明しました。

彼の母親の死因とはいったいなんだったのでしょうか?

今回は、彼の母親の死因について調査したところ以下の事が判明しました。

彼の母親の名前は「真由美」さんといい、彼が中学2年生の時に亡くなってます。

真由美さんの死因はガンだとされていて、36歳という若さで死去しています。

そこで、真由美さんが患っていたガンを調査しましたが、詳細な情報は公表されておらず不明でした。

また真由美さんは生前、しつけに厳しくやんちゃであった彼は24時間叱られていたというエピソードを語っており、2017年現在、彼が土俵入りの際に着用している化粧まわしには、母親「真由美」さんを思わせる大きな星が描かれています。

この事について、2014年5月31日に配信された『日刊スポーツ』は次のように掲載されています。

”化粧まわしには、
家族愛も表現されている。

ひときわ大きく輝く8個目の大きな星は、
旭大星が中2の時にがんで亡くなった母真由美さん(享年36)を意味している。

旭大星はこの日午前9時半過ぎに旭川空港に降り立つと、
真っ先に母の眠る市内のお寺に向かった。

「母ちゃん、
帰ったでえ」

と声をかけ、
両手を合わせ

『関取になって帰ってきましたよ』

と心の中で報告した。

母も描かれた化粧まわしは約120万円。

「旭川、
北海道の星になって、
恩返しします」と、
力強く話した。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼の母親「真由美」さんはガンで亡くなっていた事を報じています。

また彼が着用している化粧まわしには、母親「真由美」さんが描かれているとも掲載しています。

その化粧まわしはこちら。

今回の結婚報道で注目を集めている彼ですが、今後も大相撲力士として躍進していく事を願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)