【失格処分⇒復帰】巨人,高木京介投手の現在は自由契約!結婚した嫁の馴れ初めや子供は?成績や年俸あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『高木京介(たかぎきょうすけ)』さんを取り上げます。

彼といえば、石川県能美市出身で読売ジャイアンツ所属のプロ野球選手(投手)としてその名前を広く知られています。

彼は幼少期の頃より野球を始めそのキャリアをスタートさせ、2011年に行われたドラフト会議で4巡目指名を受け、同球団に入団。

彼は本格派中継ぎ左腕として数々の功績を収め、プロ野球選手としての頭角を現していました。

しかし、2016年に週刊文春(オンライン版)によって野球賭○問題に関与していたとして1年間の失格処分、同球団に対して制裁金500万円の処分を受け、契約を解除されています。

この事について、2017年3月28日に配信された『日刊スポーツ』は次のように報じています。

”野球○博に関与し、
日本野球機構から1年間の失格処分を受けていた
巨人の高木京介元投手(27)が27日、
熊崎勝彦コミッショナーから球界復帰を認められた。

巨人と育成契約を結び、
東京・大手町の球団事務所で会見に臨んだ。

「非常に罪深く、
簡単に償えないことは十分に理解している。

何で償えるかといったら野球しかない」

と神妙な面持ちで話した。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼は野球○博問題に関与し、1年間の失格停止処分を受けていましたが、2017年3月21日に同球団から育成選手として同球団に復帰し活動を続けていました。

そんな経歴を持つ彼ですが、ここに来て再び注目を集める出来事が報じられました。

それは、彼が同球団から自由契約を通告されたと報じられ世間の注目を集めています。

そこで今回は、そんな彼について調査してみました。

スポンサーリンク



巨人,高木京介投手が自由契約!

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年10月28日に読売ジャイアンツから自由契約とする事が報じられ世間の注目を集めています。

この事について、2017年10月28日に配信された『スポーツ報知』は次のように報じています。

”巨人は28日、
高木京介(28)に自由契約とすることを通知した。

(中略)

高木京は、
野球○博問題の関与による謹慎処分をへて、
3月に育成選手として巨人に復帰していた。

自由契約となった選手には、
プロアマ問わず各球団が支配下、
育成での契約が可能となる。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼は2017年10月27日に同球団から自由契約を通告された事を報じています。

また今回の報道を受けて、彼の私生活について感心が集まっています。

彼は私生活を公開しているのでしょうか?

そこで今回は、彼の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



巨人,高木京介投手と結婚した嫁の馴れ初めや子供は?

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の私生活について感心が集まっています。

そこで彼の私生活を調査したところ、彼は2014年に星陵高校時代の同級生「洲崎友希子」さんと結婚していた事が判明しました。

彼らは、高校時代から顔見知りでありましたが、交際がスタートしたのは大学時代。

知人に紹介され事がきかっけで交際を始め、約3年の期間を経て結婚に至りました。

この事について、2014年11年9日に配信された『スポニチ』は次のように報じています。

”巨人の高木京介投手(25)が今オフに結婚することが8日、
分かった。

お相手は石川県在住の会社員・洲崎招義さん(49)の長女・友希子さん(24=元会社員)で、
星稜時代の同級生。

すでに都内で同居しており、
年内に婚姻届を提出し、
挙式する予定だ。

高校時代から顔見知りだったが、
高木京が国学院大1年時に知人に紹介され、
連絡先を交換した。

「優しそうな雰囲気でした」

と一目ぼれ。

プロ入り直前の大学4年冬に交際を始めると
約3年の期間を経て、
ゴールインを決めた。

(中略)

友希子さんは先日、
フードマイスターの資格試験を受け、
現在は結果待ちという。”

同紙が掲載している通り、上記に記した馴れ初めで結婚に至っています。

また彼と結婚した友希子さんの素性を調査しましたが、一般の方という事もあり顔などの素性は公表されていません。

しかし、彼は友希子さんの似顔絵を公表しています。

その画像がこちら。

また彼らには子供は居るのでしょうか?

そこで、彼らの子供について調査しましたが、2017年10月27日現時点で子供が誕生したという報道はあいません。

従って彼らの間には子供は居ないものと思われます。

スポンサーリンク



巨人,高木京介投手の成績や年俸あり!

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、私生活について多くの関心が集まっているのは、彼の成績や年俸についてです。

そこで、彼の成績を調査したところ、ウェブサイト『NPB』には以下のように掲載されています。

また彼の年俸について、ウェブサイト『グラゼニ.com』には以下のように掲載されています。

”2017年
230万円 読売ジャイアンツ
2016年
2800万円
2015年
2070万円
2014年
2300万円
2013年
2000万円
2012年
800万円”

同サイトの通り、彼は一貫して読売ジャイアンツに所属し数々の功績を収めています。

また、上記で記した年俸は推移であり、この全てではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)