【父親に逮捕歴の過去】浅田真央と彼氏,ロマ・トニオロに熱愛報道!母親は死去!死因は肝硬変!

こんにちは坊主です!!

今回は、『浅田真央(あさだまお)』さんを取り上げます。

彼女といえば、元フィギュアスケート選手としてその名前を広く知られており、オリンピックや世界大会で好成績を収め、日本のフィギュアスケートブームの火付け役としても知られています。

2017年4月より競技選手として現役を引退していますが、その人気は衰えず、幅広い年齢層からの高い支持を得ています。

そんな彼女が、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは、彼女の熱愛報道です。

彼女は、フランス出身の元フィギュアスケート選手「ロマ・トニオロ」さんとの熱愛が報じられ世間の注目を集めています。

そこで今回は、そんな彼女と彼の関係について調査してみました。

スポンサーリンク



浅田真央と彼氏,ロマ・トニオロに熱愛報道!

冒頭でも掲載しましたが、彼女は元フィギュアスケート選手の「ロマ・トニオロ」さんとのデート現場を報じられ世間の注目を集めています。

またロマ・トニオロさんは、2017年現在、日本でモデルとしても活躍しており、テレビ東京系で放送されている「YOUは何しに日本へ?」の取材がきっかけで「ハンコ好きのYOU」として一躍脚光を浴び、人気急上昇中の人物です。

そんな彼と彼女の熱愛を報じたのは、『FLASH』です。

2017年10月16日に配信された同紙は次のように報じています。

”パリ・ルーヴル美術館。

ドラクロワの名画『民衆を導く自由の女神』の前は、
世界各国からの観光客でごった返していた。

そのなかに、
黒いキャップを目深にかぶりマスク姿の、
一人の日本人女性がいた。

キャップの女性は、
2017年4月に競技の第一線から身を引いた浅田真央(27)。

男性は、
元フィギュアスケート選手で、
現在は日本でモデルとして活躍するロマ・トニオロ(27)。

2015年に成田空港で
『Youは何しに日本へ?』(テレビ東京系)にキャッチされ出演。

日本のハンコに憧れる
“ハンコ王子” としてブレイクした、
異色のフランス人だ。

(中略)

FLASHです。

10月初めにルーヴル美術館に行かれてますよね?

「あー、はい」

この写真は、
真央さんとロマさんですよね?

「これ私じゃないと思います(笑顔)」

とぼけたが、
この日の真央ちゃんのリュックも靴も、
ルーヴルの日と同じもの。

ルーヴルには行ったんですね?

「行きました!」

ロマさんと2人で?

「ハイ!
お友達なので!」

最後は認めて、
笑顔でエレベーターに乗り込んだ。

後日、
あらためて事務所に確認すると、

「オフのスケジュールは管理しておりませんが、
常日ごろから国内外を旅行したり、
文化芸術にふれることを勧めています。

プライベートは本人にまかせていますが、
(ロマさんとは)お友達と聞いています」

との回答。

悔しいけど、
真央ちゃんもいつかお嫁入りする。

“世界の真央” には、
国際結婚が似合うかもしれない。”

同紙が掲載している通り、彼女の熱愛を報じています。

彼女は友人関係と答えていますが、2人でフランスに旅行している事から交際関係である事は間違いないと思われます。

また今回の熱愛報道を受けて、彼女の家族について感心が集まっています。

そこで彼女の家族を調査したところ、彼女の父親には逮捕歴がある事が判明しました。

彼女の父親はなぜ逮捕されてしまったのでしょうか?

そこで今回は、彼女の父親について調査してみました。

スポンサーリンク



浅田真央の父親に逮捕歴の過去

上記でも掲載しましたが、彼女の父親には逮捕歴がある事が判明しました。

そこで、逮捕理由について調査したところ、傷○事件で逮捕されていた事が判明しました。

この事について、2015年7月30日に配信された『サイゾーウーマン』は次のように報じられています。

”今年5月に傷○事件を起こして逮捕されていたと、
30日発売の「週刊新潮」(新潮社)がスクープしている。

2011年に病死した母・匡子さんに比べて、
一部で「名古屋でホストクラブを経営していた」など
断片的な情報しか伝えられていない父・敏治氏だが、
これまで報じられなかった過去も明らかとなっている。

敏治氏が暴○を振るったのは交際相手の50代女性で、
匡子さんと出会う以前に、
ホストと客という関係で知り合ったという。

そして匡子さんもまた、
ホストクラブに客として訪れたことから敏治氏と知り合い、
「できちゃった結婚」したのだという。

「そして匡子さんが死去した後、
敏治氏はこの女性と急接近。

ところが次第に、
暴○を吐いたり、
暴○を振るうようになったそうです。

そして今年5月に、
携帯電話を見られたことに激高した敏治氏が、
女性の顔やおなかを何度も○りつけ、
結果110番通報された。

女性は部屋着のまま部屋を飛び出し、
敏治氏は勤務先の病院で逮捕されたそうです。

当初は容疑を否認していた敏治氏でしたが、
結局罪を認めて、
略式起訴による30万円の罰金刑が確定したといいます。

この女性は後になって、
敏治氏が過去に3度も同罪で
警察の厄介になっていたことを知ったんだとか」(芸能ライター)

もともと匡子さんとは長らく別居状態で、
ホストクラブや風○店を経営していたという敏治氏だが、
この被害女性の証言によると、
匡子さん亡き後は生活費や経費として、
浅田の個人事務所から月50万円を受け取っていたという。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼女の父親「敏治」さんは、以前ホストクラブや風○店を経営していたと掲載されており、そのホストクラブで知り合った50代女性に対して暴○を振るったため、警察に逮捕されていた事が報じられています。

その事から、上記のような内容で逮捕歴がある事が判明しました。

また敏治さんは、死去した妻の「匡子」さんともこのホストクラブで知り合い、できちゃった婚たと報じられています。

しかし、同紙では妻の「匡子」さんの死因については言及されていません。

一部ネット上では、匡子さんの死因は様々な噂が囁かれています。

そこで今回は、匡子さんの死因について調査してみました。

スポンサーリンク



浅田真央の死去した母親の死因は肝硬変?

上記でも掲載しましたが、ネット上では匡子さんの死因について多くの噂が囁かれています。

しかし、匡子さんさんは、2011年12月9日に肝硬変のために死去した事が報じられています。

この事について、2011年12月23日に配信された『日刊スポーツ』次のように報じています。

”フィギュアスケート女子で、
9日の早朝に、
肝硬変のため最愛の母匡子(きょうこ)さん(享年48)を
亡くした浅田真央(21=中京大)が22日、
9日にGPファイナルを欠場して
緊急帰国した成田空港以来、
初めて公の前に姿を現した。”

同紙が掲載している通り、彼女の母親は肝硬変のため死去した事を報じられています。

しかし、一部ネット上では匡子さんの死因は肝硬変ではないという噂が囁かれています。

この噂を元に調査したところ、2014年6月30日の『YAHOO!知恵袋』には以下のように掲載されています。

”質問者

浅田真央のママはエ○ズ患者だったのですか?

「肝硬変は、
エ○ズ感染患者の○亡の主要な原因として明らかになってきている。」

との文言を今日見ましたので、
真央ママの元職があれなもんですから、
疑問に思って質問しました。

回答者

真央ちゃんのご両親は、
早い時期から自分で生計を立てており、
周知の通り水商売の経歴もあるけど
それがエ○ズに直結する意味が分からない。

確かにエ○ズ患者の9割は合併症でC型肝炎に至り、
これで○亡するケースは非常に多いが、
肝硬変全体から見れば少数派。

しかも元々C型肝炎のキャリアとなっている人もかなり多い。

もし母親が水商売時代にエ○ズに感染していたなら、
父親も無事ではいられない。

当然子供もしかり。。”


一部改変。

同サイトの通り、匡子さんはエ○ズを患い、その合併症で死去したと掲載されています。

確かに上記でも掲載されている通り、エ○ズを発症している方はC型肝炎に至るケースは非常に多いですが、匡子さんがエ○ズを発症していたという情報や報道はないため、この情報は誤りである事が判明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)