【彼女と結婚】水沼宏太と嫁,平田たかこの馴れ初めは?父親,貴史は病気!成績や年俸推移,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『水沼宏太(みずぬまこうた)』さんを取り上げます。

彼といえば、2018年現在、Jリーグ「セレッソ大阪」に所属するプロサッカー選手(MF)としてその名前を広く知られています。

彼は、幼少期の頃より、サッカーを初め、そのキャリアをスタートさせ、中学時代には横浜F・マリノスのジュニアユースとして活躍し、頭角を現します。

2008年からトップチームに昇格するとその卓越した身体能力と俊足を活かし、チームに貢献します。

またその活躍を認めれ、2007年にはU-17ワールドカップで日本代表キャプテンとして出場するなど数々の好成績を収めます。

その後、栃木SCやサガン鳥栖、FC東京などのクラブチームを経て、2018年にセレッソ大阪に完全移籍を果たし、今一番注目を集める選手となっています。

そんな輝かしい経歴を持つ彼が、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは、彼の結婚報道です。

彼は、2018年1月24日にクラブチームを通じて結婚した事を発表し、世間の注目を集めています。

そこで今回は、そんな彼について調査してみました。

スポンサーリンク



水沼宏太が彼女と結婚!嫁,平田たかこの馴れ初めは?

冒頭でも掲載しましたが、彼は2018年1月24日に結婚した事を発表し、世間の注目を集めています。

またお相手は、九州地方を中心に活動するタレントの「平田たかこ」さんです。

平田さんは、2018年現在、KBCラジオ「PAO~N」の月曜日アシスタントや「アサデス。KBC」のリーポーターを務めるなど男性から絶大なる支持を得ている事で知られています。

そんな平田さんと彼が結婚したと報じられ、世間の注目を集めています。

この事について、2018年1月24日に配信された『スポニチ』は次のように報じています。

“C大阪のMF水沼宏太(27)が昨年12月、
タレント・平田たかこ(27)と結婚したことが分かった。

24日、
クラブを通じて発表した。

水沼は元日本代表の水沼貴史氏(57)の長男で、
横浜の下部組織から2008年にトップチームに昇格。

栃木、
鳥栖、
FC東京を経て17年にC大阪へ期限付き移籍し、
今年元日の天皇杯決勝・横浜戦では延長前半に
決勝ゴールを決めてタイトル獲得に貢献した。

今季からC大阪に完全移籍。

お相手の平田は福岡を拠点に活動するタレントで、
KBCラジオ「PAO~N」で月曜アシスタントを務めている。”

同誌が掲載している通り、彼は平田さんと昨年2017年12月に結婚していた事を発表しています。

しかし、同誌では結婚に至った馴れ初めについての言及はされていません。

2人はどういった馴れ初めで結婚に至ったのでしょうか?

そこで2人が結婚に至った馴れ初めについて調査しましたが、詳細な馴れ初めを公表していません。

ここからは憶測になりますが、彼は2012年から2015年まで佐賀県鳥栖市を拠点とする「サガン鳥栖」で活躍しています。

そして、妻の平田さんは、九州地方を中心にリポーター等で活躍しています。

その事から2人は、2012年から2015年頃に取材などで知り合い、交際に発展した可能性はあります。

その後、遠距離恋愛を経て、2017年12月に結婚したのではないでしょうか?

しかし、詳細な馴れ初めを公表していないため、このような事を断定する事は出来ません。

詳細な馴れ初めが公表され次第、随時記事を追記していきます。

スポンサーリンク



水沼宏太の父親,貴史は病気!

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の父親「水沼貴史(みずぬまたかし)」氏についても感心が集まっています。

上記で引用した「スポニチ」には、父親「貴史」氏は、元サッカー日本代表選手として活躍していたと掲載されています。

そこで貴史氏について調査したところ、一部ネット上では、貴史氏は病気のため、現役を引退していると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ、以下の事が判明しました。

貴史氏は、Jリーグ発足前の日本サッカー界を支えた人物の1人であり、1979年に開催された「FIFAワールドユース選手権」の日本ユース代表などに選出された経歴の持ち主です。

現役時代は、横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)で1992年から1995年まで活躍していましたが、引退を表明し、同クラブチームの監督やサッカー解説者として活動していました。

また引退時には、血尿が出るほど体調を崩し、プレーに支障が出る程だと後に明らかにしています。

この事について、貴史氏のWikipediaには以下のように掲載されています。

“1995年、
カシマスタジアムでのサントリーシリーズ(1stステージ)開幕戦で
途中出場を最後に現役を退く。

奇しくも、
この年の横浜マリノスは、
サントリーシリーズで初のステージ優勝を果たすと、
Jリーグチャンピオンシップでヴェルディ川崎と争い、
Jリーグ発足後初めて年間チャンピオンになった。

引退時は、
血尿が出るほど体調が悪く、
到底プレーに耐えうる状態ではなかったと引退後に回想している。”

同サイトに掲載されている通り、貴史氏は病気のため、現役を引退しています。

しかし同サイトには、貴史氏の病気についての言及はされていません。

そこで病気について調査しましたが、詳細な病名は公表されておらず、不明となっています。

スポンサーリンク



水沼宏太の成績や年俸推移!

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、やはり多くの方が成績や年俸について感心が集まっています。

そこで彼の成績について調査したところ、ウェブサイト『Sports navi』には以下のように掲載されています。

また年俸について調査したところ、ウェブサイト『Soccer-Money.net』には以下のように掲載されています。

“2017年
セレッソ大阪
27歳
3000万円

2016年
FC東京
26歳
2500万円

2015年
サガン鳥栖
25歳
1500万円

2014年
サガン鳥栖
24歳
900万円

2013年
23歳
900万円

2012年
22歳600万円”

同サイトの通り、彼の2017年度の年俸は、「3000万円」となっています。

しかし、上記に記した年俸は、推移であり、この全てではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)