【父親が死去/死因は?】中川大志と結婚した嫁,莉野の馴れ初めや子供の名前!成績や年俸推移!

こんにちは坊主です!!

今回は、『中川大志(なかがわたいし)』さんを取り上げます。

彼といえば、東北楽天イーグルスに所属していたプロ野球選手(内野手)としてその名前を広く知られています。

彼は、2008年に行われたドラフト会議で同球団から2位指名を受け、プロ野球選手としてのキャリアをスタートさせます。

入団後は、その卓越した身体能力や打撃センスで活躍し、2016年にはプロ初となる満塁本塁打を記録するなどチームに貢献していました。

しかし彼は、2017年10月28日に同球団から戦力外通告を受けた事は記憶に新しい出来事です。

そんな彼が、ここに来て再び注目を集める出来事が報じられました。

上記でも記したように彼は楽天から戦力外を受けていましたが、2017年11月20日に配信された『Full-Count』で横浜DeNAが彼と2018年シーズンの選手契約を結ぶ事を発表し世間の注目を集めています。

この事について同紙は次のように報じてます。

“DeNAは20日、
中川大志内野手(元楽天)と2018年シーズンの選手契約を結ぶことで
合意したと発表した。

(中略)

中川は2008年ドラフト2位で楽天に入団。

2015年に5本塁打を放つなど、
通算118試合出場で打率.202、
7本塁打、
45打点。

今季は23試合の出場に終わり、
戦力外となっていた。

15日の合同トライアウトには参加していなかった。”

同紙が掲載している通り、彼は横浜DeNAベイスターズに移籍することが報じられています。

また今回の報道を受けて、彼の私生活に関心が集まっています。

彼は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで今回は、彼の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



中川大志と結婚した嫁,莉野の馴れ初めや子供の名前!

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の私生活について感心が集まっています。

そこで彼の私生活について調査したところ、2013年1月23日に2歳年上の会社員の「絹川莉野」さんと結婚している事が判明しました。

また彼らが結婚に至った馴れ初めは、東京ヤクルトスワローズの選手を介して知り合い、約2年の交際期間を経て、結婚に至った事も判明しました。

この事について、2013年1月24日に配信された『東日新聞』は次のように報じています。

“豊橋市出身のプロ野球選手、
東北楽天ゴールデンイーグルスの中川大志内野手(22)が23日、
婚姻届を出した。

この日は大安。

相手は、
千葉県松戸市の会社員、
絹川莉野さん(24)。

ヤクルトの選手を介して知り合い、
年間の交際期間を経て、
晴れて結婚した。”

同紙が掲載いている通り、彼はヤクルトの選手を介して知り合い、結婚に至っています。

また、彼に莉野さんを紹介したヤクルトの選手を調査しましたが、ネット上では詳細な情報は得られませんでした。

しかし、妻の莉野さんの画像は発見できました。

その画像はこちら。

上記で記したように結婚に至った馴れ初めは判明しましたが、ネット上では彼らの子供についても感心が集まっています。

彼らには子供は誕生しているのでしょうか?

そこで彼らの子供について調査したとろ、2014年7月29日に第1子長女が誕生している事が判明しました。

この事について、2014年7月29日に配信された『日刊スポーツ』は次のように報じています。

“楽天は29日、
中川大志内野手(24)の莉野夫人が29日に
千葉県内で第1子長女を出産したと発表した。

体重は2630グラム、
母子共に健康。

中川は

「無事に生まれてきてくれて安心しました。

頑張った妻と生まれて来てくれた子に感謝したいです。

初めてわが子を腕に抱いて、
すごくうれしかったのと同時に、
ますます『頑張らないと』という思いを強く持ちました。

家族のため、
応援してくれるファンの皆さまのために、
精いっぱい頑張ります」

とコメントした。”

同紙が掲載している通り、彼には娘さんが誕生している事が判明しました。

しかし同紙では、娘さんの名前や顔などの言及はされていません。

そこで娘さんの素性を調査しましたが、顔や名前は非公表となっており、詳細な情報は得られませんでした。

スポンサーリンク



中川大志の父親が死去!死因は?

上記で記したように彼の私生活は判明しましたが、ネット上では彼の父親について感心が集まっています。

一部ネット上では、彼の父親はすでに死去していると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ以下の事が判明しました。

彼の父親は「中川明智(なかがわあきとも)」さんといい、彼が通っていた桜丘高校の野球部の監督を務めていました。

彼が野球選手としての頭角を現したのはこの高校時代であり、父親の明智さんはいち早く彼の才能を見出し、野球選手として育て上げました。

しかし明智さんは、2016年12月2日に愛知県豊中市の病院で56歳という若さで死去していた事が判明しました。

この事について、2016年12月4日に配信された『東日新聞』は次のように報じてます。

“プロ野球・楽天の中川大志選手の父で、
硬式野球部・桜丘中学ボーイズ監督を務めた
中川明智(なかがわ・あきとも)氏が2日午後2時45分、
豊橋市内の病院で死去した。

56歳。”

同紙が掲載している通り、明智さんは2016年12月4日に死去していた事を報じています。

しかし同紙では、明智さんの死因についての言及はされてません。

明智さんの死因はいったいなんだったのでしょうか?

そこで明智さんの死因を調査しましたが、ネット上では死因は公表されていません。

しかし病院で死去していたと報じられていることから何らかの病気を患っていた可能性があります。

明智さんの病気の有無についても調査しましたが、ネット上では詳細な情報は掲載されていないため、死因や病気の有無は不明です。

スポンサーリンク



中川大志の成績や年俸推移!

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、やはり多くの方が彼の楽天時代の成績や年俸について関心が集まっています。

そこで彼の成績を調査したところ、ウェブサイト『NPB』には以下のように掲載されています。

また年俸については、ウェブサイト『グラゼニ.com』に以下のように掲載されています。

“2017年
950万円 東北楽天ゴールデンイーグルス
2016年
1000万円
2015年
630万円
2014年
630万円
2013年
600万円
2012年
650万円
2011年
650万円
2010年
600万円
2009年
600万円”

同サイトの通り、上記のような年俸になっています。

しかしこの年俸は推移であり、この全てではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)