【第5子誕生】中村俊輔と嫁,今井まなみの馴れ初め!子供の名前や性別,画像! 本田圭佑と確執,不仲?

こんにちは坊主です!!

今回は、『中村俊輔(なかむらしゅんすけ)』さんを取り上げます。

彼といえば、元サッカー日本代表選手としてその名前を広く知られています。

彼は幼少期の頃よりサッカーを始め、そのキャリアをスタートさせます。

1997年に、横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)に加入し、プロサッカー選手としての頭角を現し、数々の功績を収めます。

その後、イタリアのクラブチーム「レッジーナ」やスコットランドの「セルティック」、スペインの「RCDエスパニョール」、「横浜F・マリノス」を経て、2017年9月14日現在、「ジュビロ磐田」に在籍しています。

彼のプレースタイルは監督や一流選手から高評価を受けており、またフリーキックの名手と称され、海外メディアが選出する名キッカーのランキングに度々選出されています。

私生活では、2002年に元女優の「今井まなみ」さんと結婚し、4人の子供が誕生しています。

公私ともに充実させている彼ですが、ここに来て吉報が報じられ世間の注目を集めています。

その吉報は、第5子の誕生です。

そこで今回は、そんな彼について調査してみました。

中村俊輔と嫁,今井まなみに第5子誕生 子供の名前や性別,画像!

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年9月10日に第5子となる男児が誕生し、世間の注目を集めてます。

この事について、2017年9月14日に配信された『スポニチ』は次のように報じています。

”J1磐田は14日、
元日本代表MF中村俊輔(39)に第5子となる四男が誕生したと発表した。

誕生したのは10日。

「この度、
第五子となる男の子が無事に誕生しました。

新たな家族が増え、
より一層チームに貢献できるよう、
プレーしたいと思います」

と5児のパパになった喜びを語った。

中村は2004年に結婚した一般女性との間に12歳、
9歳、
7歳の男児と
6歳の女児をもうけていた。”

同紙が掲載している通り、彼と妻まなみさんとの間に、第5子の男児が誕生した事を報じています。

またこの吉報を受けて、彼らの子供について感心が集まっています。

同紙が掲載している通り、彼らには4人の男児と1人の女児が誕生しています。

しかし同紙では、彼らの子供の名前などの記述はされていません。

そこで、彼らの子供の名前について調査しましたが、彼は子供の名前を公表していませんでした。

しかし、彼らの子供をネット上で検索すると1つの画像を発見しました。

その画像はこちら。

この画像は、妻まなみさんが以前運営していたブログの画像だとされています(現在は削除)。

顔ははっきりと判明しませんが、彼と写っている事から彼らの子供で間違いないと思われます。

中村俊輔と嫁,今井まなみの馴れ初め!

今回の吉報を受けて、ネット上では2人の馴れ初めについて多くの関心が集まってます。

冒頭でも掲載しましたが、彼らは2002年に結婚を発表し、一流選手と芸能人の結婚で当時は大々的に報じられ世間の注目を集めました。

また、妻「今井まなみ」さんは、群馬県前橋市の出身で、映画「ねらわれた学園(1997)」や「MIDORI」などに出演しており、女優として活動していた経歴を持っています。

そんな彼女と彼が結婚に至った馴れ初めはいったいなんだったのでしょうか?

そこで、2人の馴れ初めについて調査したところ、詳細な情報は得られませんでしたが、共通の知人の紹介で交際に発展し、結婚に至ったとされています。

この事について、2004年2月20日に投稿された個人ブログ『MOCOサッカースタジオ』では以下のように掲載されています。

”中村俊輔(25)が都内在住のペットショップ店員、
まなみさん(24)=旧姓今井=と、
18日に入籍していたことが20日、
分かった。

まなみさんは群馬県出身の24歳で、
俊輔のそばに静かに寄り添うタイプの清楚な美人。

共通の知人の紹介で02年に知り合い、
俊輔がW杯日本代表メンバーから落選した後に交際が本格化した。

同年7月にイタリアに移籍してからは遠距離恋愛となったが、
俊輔が帰国しているときは
温泉旅行に出掛けるなどして愛をはぐくんできた。”

同ブログの通り、2人は共通の知人の紹介で交際に発展し、結婚に至ったとされています。

また同紙では、まなみさんは2004年当時、ペットショップの店員を勤めていると掲載されています。

そこで、まなみさんの現在の職業を調査しましたが、一般の方という事もあり、現在の職業は公表されておらず不明です。

中村俊輔と本田圭佑と確執,不仲?

今回の吉報を受けて、彼と「本田圭佑(ほんだけいすけ)」さんと関係について感心が集まっています。

本田圭佑といえば、2017年現在メキシコ・1部リーグ「CFパチューカ」に籍を置き、またサッカー日本代表選手として知られています。

以前は、イタリアの名門チーム「ACミラン」やロシア「CSKAモスクワ」で活躍していた事は有名です。

そんな本田さんと彼は確執が生じており、不仲であると噂されています

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

この事について調査したところ以下の事が判明しました。

彼らが確執や不仲と噂されている事の発端は、2009年に行われたオランダとの国際親善試合での出来事。

彼ら2人は、当時サッカー日本代表選手として共にプレーしていましが、その試合でフリーキック(FK)の場面で、本田さんがキッカーを直訴しましたが、彼が譲らないというシーンが放送された事で当時は話題を呼びました。

その事がきっかけで、サッカーファンや世間では確執や不仲と噂されています。

しかし本田さんは当時の出来事を以下のように明かしています。

”2009年9月5日。

オランダ遠征中だった日本代表は
敵地でオランダと国際親善試合を行った。

当時23歳の本田は後半開始から途中出場。

すると後半18分に獲得したFKの場面で、
当時の日本代表の司令塔であり、
絶対的なプレースキッカーだったMF中村俊輔に対して
キッカーを直訴したが、
俊輔が譲らないというシーンがあった。

(中略)

6年という月日を経て29歳となった本田は、
あらためて中村俊輔という偉大なキッカーについて本音を語った。

「後にも先にも自分が俊さんよりFKが上手いと思ったことはない。

あのときは蹴りたいと思って主張した。

オランダ(当時はVVVでプレー)では、
普段FKを練習していない選手が(試合になると)
5人ぐらいポイントに立つんですよ」。”


2015年9月6日配信『ゲキサカ』より引用

同紙が掲載している通り、本田さんは彼との確執や不仲ではないと明かしています。

この事から、ネット上で噂されている事は誤りだと判明しました。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!