【彼女と結婚】西武,多和田真三郎と嫁の馴れ初めや名前は?兄弟の現在や成績,年俸推移!

こんにちは坊主です!!

今回は、『多和田真三郎(たわたしんざぶろう)』さんを取り上げます。

彼といえば、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(投手)としてその名前を広く知られています。

彼は沖縄県出身であり、幼少期の頃より野球を始め、そのキャリアをスタートさせます。

その後、沖縄県中部商業高校に進学し野球選手としての頭角を現し、2年生時には同高校野球部のエースとなりました。

富士大学に進学後は、1年生の春季から登板し、大学史上4人目となるノーヒットノーランを達成するなどプロ入り以前から注目を集め、2015年10月に行われたドラフト会議において、埼玉西武ライオンズから1巡目指名を受け入団を果たします。

入団後は、その速球と変化球を武器にチームに貢献し、2017年10月12日に行われた「第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ」の日本代表選手に選出されるなど輝かしい功績を収めています。

そんな華麗なる経歴を持つ彼が、ここに来て再び注目を集める出来事が報じられました。

それは彼の結婚報道です。

彼は2017年12月2日に結婚を発表し世間の注目を集めています。

彼はどういった馴れ初めで結婚に至ったのでしょうか?

そこで今回は、彼の馴れ初めについて調査してみました。

スポンサーリンク



彼女と結婚 西武,多和田真三郎と嫁の馴れ初めや名前は?

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年12月2日に結婚を発表し世間の注目を集めています。

彼らはどういった馴れ初めで結婚に至ったのでしょうか?

そこで彼らの馴れ初めについて調査したところ、2017年12月2日に配信された『スポニチ』は次のように報じています。

“西武の多和田真三郎投手(24)が2日、
結婚したことを発表した。

お相手は一般女性(25)で、
タレントの山口もえ(40)似。

富士大在籍時に、
知人の紹介で知り合って交際をスタートした。

シーズン終了後の10月、
都内の区役所に婚姻届を提出。

「とても優しくて、
相手を気遣ってくれる。

これからの野球人生で力になると思う。

野球が終わっても一緒にいるので」

と笑顔で語った。

お相手は北海道在住で、
遠距離交際だったいう。

すでに同居生活をスタート。

新妻はフードマイスターの資格も持っているため

「食べ物はすべておいしい。

特に好きなのは肉巻きおにぎり」

だという。”

同紙が掲載している通り、彼らは富士大学在籍時に知人の紹介で知り合い、遠距離恋愛を経て、結婚に至ったと報じています。

しかし同紙では、結婚相手の女性の素性について言及はされていません。

そこで妻の素性を調査してましたが、ネット上では顔や名前などは公表されていませんでした。

しかし妻の素性調査に伴い、彼は妻の似顔絵を公表していました。

その画像はこちら。

またネット上では、彼らの子供についても関心が集まっています。

しかし2017年12月2日現時点で子供を妊娠したという報道はないため、子供は居ないと思われます。

スポンサーリンク



多和田真三郎の兄弟の現在

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の兄弟についても感心が集まっています。

一部ネット上では、彼には2人の兄弟が居ると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ、以下の事が判明しました。

彼は、3人兄弟の三男として誕生しており、長男に「真一郎」さん、次男に「真太郎」さんが居る事が判明しました。

この事について、2015年11月18日に配信された『日刊ゲンダイ』は次のように報じています。

“多和田は3兄弟の末っ子。

長男の真一郎さん(28)は沖縄県内で就職、
次男の真太郎さん(26)は地元中城村の役場に勤めており、
いずれも結婚して家を出ている。”

同紙が掲載している通り、彼は3人兄弟の三男として誕生している事が報じられています。

また2015年当時は、長男「真一郎」さんは、沖縄県内で就職しており、次男「真太郎」さんは彼の地元、沖縄県中頭郡中城村の役場に務めており、双方とも結婚しているとされています。

そこで2017年現在の真一郎さんと真太郎さんの私生活を調査しましたが、一般の方という事もあり、顔や結婚相手の名前などは非公表となっていました。

スポンサーリンク



多和田真三郎の成績,年俸推移!

今回の吉報で世間の注目を集めている彼ですが、やはり多くの方が彼の成績や年俸について多くの関心が集まっています。

そこで彼の成績について調査したところ、ウェブサイト『NPB』には以下のように掲載されています。

また年俸については、ウェブサイト『グラゼニ.com』に以下のように掲載されています。

“2017年
2300万円 埼玉西武ライオンズ
2016年
1500万円”

同サイトの通り、上記のような年俸となっています。

しかしこの年俸は推移であり、この全てではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)