【死因/ホジキンリンパ腫とは】日本画家中路融人が死去!家族構成、嫁や子供は?Wiki経歴、画像あり

こんばんは『坊主(ボウズ)』です!!

今回は、日本画家『中路融人(なかじゆうじん)』氏を取り上げます。

中路氏といえば、京都府京都市生まれで、風景画を得意とし日本を代表する画家として、日本で最も人気のある画家としても知られています。

また中路氏は、「日展常務理事」「晨鳥社(しんちょうしゃ)会長」を務める等、日本画の発展に歳月を注ぎました。

2012年には、文化の向上達成に関し、文化功労者年金法に定められる「文化功労者」に選出されました。

そんな中路氏ですが、2017年7月18日に死去したと報じられました。

スポンサーリンク



日本画家中路融人が死去!死因のホジキンリンパ腫とは

冒頭でも掲載しましたが、2017年7月18日にホジキンリンパ腫のため死去したと報じられました。

中路氏の訃報を報じたのは『読売新聞』です。

”日本画家で
文化功労者の中路融人さんが18日、
ホジキンリンパ腫のため
死去した。

83歳だった。

告別式は22日正午、
京都市南区西九条池ノ内町60
公益社南ブライトホール。

喪主は妻、
あさえさん。”

同紙が掲載している通り、中路氏がホジキンリンパ腫のため死去したと報じています。

また中路氏の訃報を受けて、インターネット上では、死因でもある「ホジキンリンパ腫」について多くの方が検索されています。

ホジキンリンパ腫について調べていくと、『国立がん研究センター がん情報サービス』には次のように掲載しています。

”ホジキンリンパ腫とは、
悪性リンパ腫の
種類の1つです。

病理検査では
白血球の中のリンパ球で
HRS細胞や
LP細胞という
腫瘍細胞が
ふえることが
特徴です。

最もよくみられる
初発症状は、
痛みのないリンパ節の腫れや
しこりで、
多くの場合、
頸部(けいぶ)や
鎖骨上窩(さこつじょうか)の
リンパ節腫脹(しゅちょう)で
発見されます。

全身症状としては、
発熱、
体重減少、
大量の寝汗が
みられることがあり、
これらはB症状と呼ばれます。

発熱は
微熱程度のこともありますが、
ペル・エプスタイン型発熱という
発熱と解熱を
繰り返すこともあります。”

同サイトが掲載している通り、ホジキンリンパ腫とは、悪性のリンパ腫の一種だとされています。

中路氏は、この病気を患い、2017年7月18日に死去してしまいました。

スポンサーリンク



中路融人の家族構成、嫁や子供は?

中路氏の訃報を受けて、やはり多くの方が、中路氏の家族構成について調べています。

今回は、中路氏の家族構成について調べてみました。

まず始めに、嫁(妻)についてですが、冒頭でも引用した記事内に、「妻あきえ」さんと記載されています。

その事により、中路氏は結婚している事がわかります。

しかし、子供についてインターネット上で検索してみましたが、子供の関する情報は掲載されていませんでした。

したがって、中路氏の子供の有無についての詳細は不明です。

スポンサーリンク



中路融人のWiki経歴、画像あり

中路氏は、日本画家になる以前はデザイン事務所に勤務し、テキスタイルデザイナーとして働いていたとされています。

また中路氏は、風景画の巨匠として知られていますが、以前は人物画や動物画を好んで描いていたとされています。

しかし、人物画や動物画は作品展で落選してしまいます。

その後、「晨鳥社」に入塾し、風景画を描くようになり頭角を現したとされています。

中路氏の作品はこちら。

ここで中路氏の経歴を一部ご紹介させていただきます。

”デザイン事務所に勤務し、
テキスタイルデザイナーとして
働きながら、
作品制作をする。

このころ、
《祖母の像》を描く。

学校時代の
模写の反故紙を用いた。

1954年第10回日展に
出品の《浜》が落選。

3人の漁師を描き、
モデルは
後輩の國府克。
晨鳥社に入塾し、
山口華楊に師事。

1955年第11回日展に
出品の《牛》が落選。

晨鳥社入会もあり、
動物画に挑戦、
2頭のホルスタイン牛を
前と後ろから俯瞰するように
構成的に描く。

1956年第12回日展に
《残照》が初入選。

1958年社団法人第1回日展に
《水郷》を出品、
入選。

1960年第3回日展に
《舟》を出品、
入選。

1962年第15回晨鳥社展に
《郷》を出品、
京都府知事賞受賞。

京展に
《樹林》を出品、
京都市長賞受賞。

第5回日展で
《郷》(株式会社石長蔵)が
特選・白寿賞受賞。”


Wikipediaより引用。

【死因/呼吸不全】日野原重明さんが死去!息子の現在は?長寿の秘訣は食事!

こんにちは『坊主(ボウズ)』です!!

今回は、医師『日野原重明(しのはらしげあき)』氏を取り上げます。

重明氏は、聖路加国際病院名誉院長を務め、100歳を超えても生涯現役を掲げていた事で知られています。

重明氏の専門は内科学で、成人病と呼ばれていた「脳卒中」「心臓病」等を生活習慣病と改称し、病気の予防につなげようと活動をしていました。

そんな重明氏が、2017年7月18日に死去したというニュースが報じられました。

スポンサーリンク



死因/呼吸不全 日野原重明さんが死去!

冒頭でも掲載しまいしたが、重明氏は2017年7月18日に呼吸不全で死去したというニュースが報じられました。

重明氏の訃報を報じたのは、『朝日新聞』です。

”「生涯現役」として
著作や講演など
幅広く活動してきた
聖路加国際病院名誉院長の
日野原重明さんが、

18日午前6時33分、
呼吸不全で死去した。

105歳だった。

通夜・お別れの会は
関係者で行う。”

同紙が報じている通り、重明氏が呼吸不全で死去した事を報じています。

また今回の訃報を受けて、重明氏の息子について多くの方が検索されています。

今回は、その事についても調べて見ました。

スポンサーリンク



日野原重明氏の息子の現在は?

重明氏の事について調べていくと、自身のWikipediaには子供について掲載はされていません。

しかし、あるブログには「3人の息子」がいると掲載されています。

重明氏の家族構成について、ブログ『家系図』は次のように掲載しています。

”父:善輔
(牧師、広島女学院長)

母:満子
(実家が山口県山口市湯田)

妻:静子
(第2次世界大戦下の警戒体制の中で結婚式を挙げた)

子供:3人の息子あり”

同サイトを元に、息子について調べていった結果、三男の名前が「日野原知明」氏であることがわかりました。

また知明氏は、父である重明氏と同様に医師である事も判明しました。

知明氏は、慶応大学医学部を卒業後に渡米し、「セコイヤ病院」に勤めているようです。

この事について、『市民公開講座 老化と循環器疾患』に次のように掲載されています。

”日野原知明
(米国 セコイヤ病院
カテーテル・ラポラトリー主任)

循環器内科、
慶応大学医学部卒
米国在住。

日野原重明先生の三男。”

同サイトに掲載されている通り、重原氏の三男である事がわかります。

また知明氏は、心臓カテーテルの先駆者であり、カテーテル機器の開発者として知られています。

しかし、3人の息子のうち、名前が公表されているのは知明氏のみでした。

スポンサーリンク



日野原重明の長寿の秘訣は食事!

105歳で死去した重明氏ですが、長寿の秘訣は食事である事がわかりました。

重明氏の食事は、朝・昼食は軽めで、魚や野菜をしっかり摂っていた事で知られています。

また重明氏は、「腹7分目」というこだわりを持っていたといいます。

この事について、2012年9月6日に配信された『eo健康』は次のように掲載されています。

”朝食

天然のフルーツジュース、
スプーン1杯のオリーブオイル、
牛乳1本、
コーヒーが入ったミルク、
レシチン入りのパウダー大さじ1杯

昼食

牛乳とクッキー3枚

夕食

カニ玉、
生ザケの南蛮漬け、
ナス田楽、
冷奴、
サラダ、
アサリのすまし汁、
漬物、
ご飯

日野原先生は
朝食・昼食は軽めで、
魚や野菜もしっかりと
摂られています。

そして一番のポイントは
「腹7分目」であること。

70歳男性の
1日の必要エネルギーは1850kcal。

日野原先生は
1300kcalですから、まさに「腹7分目」なのです。”

同サイトには、重明氏の食事について掲載しています。

【死因は何がん?】天才数学者マリアム・ミルザハニ氏が死去!夫はスタンフォード大学!子供は?wiki、経歴画像あり

こんばんは『坊主(ボウズ)』です!!

今回は、数学者『マリアム・ミルザハニ』氏を取り上げます。

皆さんは彼女の事をご存知でしょうか?

彼女は、イラン・テヘラン出身で、スタンフォード大学の教授を務めている事で知られています。

また彼女は、様々な業績を上げており、「数学のノーベル賞」と称される「フィールズ賞」を女性で初めて受賞した事で有名です。

数学を志す方々のあこがれの存在であり、周囲の数学者からは「天才数学者」と称され慕われていました。

そんな彼女が、2017年7月16日にがんのため死去したと報じられました。

今回は、彼女について調べてみました。

スポンサーリンク



死因は何がん?天才数学者マリアム・ミルザハニ氏が死去!

冒頭でも掲載しましたが、彼女は2017年7月16日にがんのため、40歳という若さで死去しました。

彼女の訃報を報じたのは「AFPBB NESW」です。

”「数学のノーベル賞」と称される
フィールズ賞を
女性で初めて受賞した
イラン出身の数学者、
マリアム・ミルザハニさんが15日、
米国内の病院で死去した。

40歳。

ミルザハニさんは
がんを患っていた。

(中略)

イランメディアによると、
米スタンフォード大学教授のミルザハニさんは
4年前からがんの治療を受けていが、
がんは脊髄に
転移していたという。”

同紙が掲載している通り、彼女の死去を報じています。

しかし、彼女の死因がんについては詳しく報じられていません。

また彼女は、4年前からがんの治療を受けていたと掲載されています。

彼女はいったいどのようながんを患っていたのでしょうか?

この事について調べていくと、2017年7月16日に配信された『読売新聞』に彼女が患っていたがんについて触れています。

”マリアム・ミルザハニさん
40歳(イラン出身の数学者)

イランメディアによると、
がんのため
居住先の米国で死去。

4年前に
乳がんが見つかっていた。”

同紙が掲載している通り、彼女は4年前に”乳がん”を患っていた事を報じています。

彼女は、乳がんと診断され闘病しいましたが、骨髄に転移した事で、惜しくも40歳という若さで死去してしまいました。

スポンサーリンク



マリアム・ミルザハニ氏の夫はスタンフォード大学!子供は?

彼女の訃報を受けて、彼女の夫や子供について多くの方が検索されています。

今回は、彼女の夫、子供について調べてみました。

夫や子供について調べてみましたが、彼女のWikipediaには家族構成について掲載されていません。

しかし、一部ネット上では、彼女と同様に夫はスタンフォード大学の教授を務めているとされ、また幼い子供もいるとされています。

その事が掲載されている2chのスレッドを発見しました。

”ミルザハニ氏の
ご冥福をお祈りします。
まだ小さいお子さんもいるのに…

夫もスタンフォード大だよね?
子供は彼女の意思を継ぐかな?

上記に掲載されている事が事実なのか調べていくと、2017年7月16日に配信された『時事通信』にこう掲載されています。

”ミルザハニさんには
同じスタンフォード大の数学者である
夫と幼い娘がいる。”

同紙が掲載している通り、彼女にはスタンフォード大学の数学者の夫がおり、子供は娘である事がわかります。

しかし、夫や子供の名前や写真は発見できませんでした。

スポンサーリンク



マリアム・ミルザハニ氏のwiki、経歴画像あり

冒頭でも掲載しましたが、彼女は数学者として様々な功績を収め、著名な数学者から賞賛され慕われていました。

今回は、彼女の経歴を一部紹介させていただきます。

”マリアム・ミルザハニ

1977年5月3日-2017年7月15日は、
イラン人の数学者であり、
スタンフォード大学で
2008年9月1日から
数学の教授を務めていた。

彼女の研究分野は
タイヒミュラー理論、
双曲幾何学、
エルゴード理論、
シンプレクティック幾何学である。

2014年に彼女は
フィールズ賞を受賞し、
これは女性として初、
かつイラン人としても初であった”


Wikipediaより引用。

数学者として数々の功績を上げている彼女ですが、幼少期は数学者になりたいと思っておらず、数々の本を読み、女性の人生を描いたテレビ番組を好んで観て育ったそうです。

そうした事から、彼女は小説家を目指していたそうです。

この事について、2014年8月24日に配信された『WIRED』は次のように掲載しています。

”テヘランで過ごした子ども時代、
ミルザハニは
数学者になりたいとは
まったく考えていなかった。

当時の彼女の主な関心は、
あらゆる本を
読みつくすことだった。

(中略)

物語の影響で、
彼女は人生で
なにか大きなことを
成し遂げたいと
漠然と考えるようになった。

そう、例えば小説家になるなどだ。”