【スクショ画像↓】マーティジャネッティがFacebookで犯罪告白

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、元プロレスラーのマーティ・ジャネッティ氏を取り上げます。

2020年8月5日、マーティ氏が自身のFacebookで過去の犯罪を告白し世間の注目を集めています。

一体、彼はどんな犯罪を犯したのでしょうか?

マーティ・ジャネッティがFacebookで犯罪(××)を告白

マーティ氏の犯罪告白について「女性自身」は次のように報じています。

WWEに所属していた元プロレスラー、
マーティ・ジャネッティ(60)が5日、
Facebookで驚きの“告白”を投稿した。

「今まで誰にも、兄のジェノにも言ったことがない……

もし言ったら、
彼はあいつを×していただろうから。

俺はベトナムから帰ってきたばかりだった兄に、
もう遠くへ行ってほしくなかったんだ」

13歳だったある日、
コロンバスのボウリング場で働いていたジャネッティは、
同僚の男からマリファナを買おうとしていたという。」

その瞬間、
男が突然ビルの陰にジャネッティを連れ込もうとした。

「奴が何をしようとしたかは、わかるだろ?」

とジャネッティは問いかける。

××暴行の被害に遭いそうになっていたのだ。

「それは、俺が初めて男を消した時だった。

誰も奴を見つけられなかった。

チャタフーチー川を探すべきだったのにな」

この投稿は既に削除されているが、
プロレスファンが保存したスクリーンショットが出回っている。

(2020年8月7日配信)

上記の通り、過去の犯罪は××でした。

彼は「×した」とは明言していないものの、「男を消した」という表現から××を犯したことは明白です。

また、「チャタフーチー川を探すべきだった」という発言からは、”それ”を遺棄したことも分かります。

もし、一連の告白が事実であれば、マーティ氏は逮捕されるかもしれません。

彼は問題の投稿を削除していますが、それが却って投稿の内容に真実味を持たせる結果となっています。

世間の反応

今まで黙っていたなら、墓場まで持って行かないと・・・

ロッカーズ!

割と陽性のキャラクターだったから驚いた。

この投稿が原因で実際に捜査も始まってるみたいだから、
犯行が立証されれば逮捕だろうな。

Facebookのスクショ画像あり↓

過去の犯罪をFacebookで告白したマーティ氏ですが、この投稿は第三者によってスクショされ、ネット上で拡散しています。

そこで、問題のスクショを調べたところ、以下の画像が確認されたのです。

このスクショを見たユーザーはマーティ氏の身を案じており、彼のFacebookにはコメントが殺到しています。

しかし、一部ではマーティ氏を茶化すコメントも投稿されていました。

しかし、当の本人は今回の騒動について何ら釈明をしておらず、ファンの間では不安と憶測が広がる事態となっています。

スポンサーリンク