【昔は不良?】元ベンジャー:加藤綾子のギャル時代の画像↓NAOTOと共演⇒熱愛

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、フリーアナウンサーの加藤綾子さんを取り上げます。

フジテレビ時代は「カトパン」の愛称で親しまれていた彼女ですが、EXILEのNAOTOさんと交際していることがスクープされ大きな話題を集めました。

双方の事務所も交際を認めているため、2人は”公然の仲”となったわけです。

今回は、NAOTOさんとの熱愛がスクープされた加藤綾子アナについて調べてみました。

NAOTOとの共演番組は?

NAOTOさんとの熱愛を認めた加藤アナですが、2人は2014年に共演したことで面識を持ち、交際に発展したようです。

具体的な交際時期は分かっていないものの、2017年もしくは2018年頃から恋人の関係になったとされています。

気になる共演番組ですが、「サンケイスポーツ」によると「バイキング」とのこと。

関係者によると、
2人の出会いは加藤が局アナ時代の2014年4月。

スタートしたばかりの同局系「バイキング」の火曜日担当としてだった。

(2019年9月25日配信)

共演期間は半年ほどでしたが、これがきっかけで2人は「友人」関係となり、共通の友達を交えて食事会を開くなど交流を深めていたのです。

元彼氏や過去の熱愛報道は?

NAOTOさんとの熱愛については公認となりましたが、過去には交際が噂された人物がいました。

元彼氏や過去の熱愛報道については以下の記事をご覧ください。

昔は不良?加藤綾子はベンジャーだった

オラオラ系というイメージが強いEXILEのメンバーとの交際が発覚したことで、加藤アナの過去が掘り返されています。

現在の彼女は「清純派」というイメージが定着していますが、昔はガングロのギャルだったのです。

補足

ギャル時代の画像は次項に掲載

しかし、さらに驚くべきは、加藤アナが「ベンジャー」の一員だったことです。

このベンジャーとは、不良グループのことで「便所に集まってだべってる者」という意味です。

ベンジャーだった過去について「週刊女性PRIME」は以下のコメントを掲載しています。

《加藤さんは、
『ベンジャー』と呼ばれる10人ほどの女子不良グループの一員だったんです。

ベンジャーとは『便所に集まってだべってる者』の意で、
『不良で美人』でなければ与えられない称号でした。

加藤さんはその中でも目立っていて憧れの的だった》

 
続けてその後輩は

《そんな中でもベンジャーはトップクラスの不良グループ

ベンジャーのいるトイレは怖くて使えなかった》

とも回想している。

(2019年9月25日配信)

この証言が事実だとすれば、昔の加藤アナは周囲が恐れるほどの不良だったことになります。

ギャル時代のプリクラ画像あり

ギャル時代の加藤アナの画像がこちらです。

上記の通り、彼女は中学3年生の時にホストと交際しており、キス写真まで流出していたのです。

また、別の週刊誌では卒業アルバムも掲載され、「下ネタ大好き」の文言も添えられていました。

現在の清純派路線とは全く異なる印象にショックを受けるファンも多いことでしょう。

そのため、ネット上では悲観的な声が上がっています。

世間の反応

どんなに上品に振る舞っても、
10代でホストと付き合う位のドギャルだったからね、加藤さんは。

滝川クリステル路線にはいけないよね。

確かにガングロプリクラの記事見たときは驚きました。

人間、見た目は変わっても
中身はそこまで変われないと思います。

ベンジャーだったなんて、
今頃になってこのタイミングで世間に知られたくない過去だわ。

【2020年8月5日追記】NAOTOと破局?

「NEWSポストセブン」により、2人の破局が報じられました。

破局の理由は、世界中で猛威を振るっている「新型コロナウイルス」だったようです。

「加藤さんの周囲は、

“このまま結婚するのでは?”

と見ていましたが、
この7月までに残念ながら別れを決断したようです」
(カトパンの知人)

「加藤さんは非常事態だからこそ、
恋人とは近くで支え合って過ごしたかったはず。

がまんを強いられる日々が続く中で、
お互いの恋愛観の違いに気づいたのかもしれません…。

2人の関係にも溝が生まれ、
自然消滅に近い形だったようです」
(前出・カトパンの知人)

(2020年8月5日配信)

上記の通り、コロナ禍によって「3密」や「ソーシャルディスタンス」という新しい概念が生まれたことで、2人の距離も遠のいてしまったようです。

ただ、現在のところ、2人は破局報道について何らコメントを出していません。

熱愛報道が出た際、双方の事務所は交際の事実を認めています。

もし、今回の破局報道も事実であれば、双方の事務所がそれを認める声明を出すかもしれません。

スポンサーリンク