【梅田一路or今橋叔子】えみちゃんねる:プロデューサーの降板理由はなぜ?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年7月24日の放送を以て最終回を迎える「快傑えみちゃんねる」ですが、番組が終了する背景には担当プロデューサーの降板が関係していたことが明らかになりました。

一体、担当プロデューサーとは誰なのでしょうか?

また、降板の理由は何だったのでしょうか?

快傑えみちゃんねるの担当プロデューサーが降板していた

担当プロデューサーが番組を降板していた問題について、「スポニチアネックス」は次のように報じています。

“関西の女帝”上沼恵美子(65)が司会を務める長寿番組「快傑えみちゃんねる」が24日放送分で突然終了する裏には、
今月に入って上沼が懇意にしていた担当プロデューサーが番組を離れたことが影響していることが22日、分かった。

関係者によると、
6月の番組収録中、
上沼の集中攻撃によりキングコング梶原雄太(39)の降板騒動が発生。

その後に担当プロデューサーが突如番組を外れることになったという。

上沼は

「なぜ、そんなことになるのか?」

と激怒。

プロデューサーは自らの意思で降りたとみられ、
そのことが番組終了を決意した一端という。

新型コロナウイルス感染拡大の中、
5月末には長年連れ添った女性マネジャーが退社。

関係者は

「信頼していたマネジャーに加え、
“上沼組”のプロデューサーも離れた。

上沼さんはイライラが募って、
それが爆発してしまった」

と話した。

(2020年7月23日配信)

上記の通り、担当プロデューサーは自らの意思で番組を離脱(降板)したようです。

一体、このプロデューサーは誰なのでしょうか?

世間の反応

仕方ないよね。

真相はわからないけど、
最近の上沼さん、あきらかに様子が変でしたよ。

まだ別の番組もあるから、
そちらで思う存分にやられてはいいんじゃないでしょうか。

最近上沼さんが怖い、
ヒステリックな一面ばかりが目立つ様になってしまった。

前の上沼さんのトークはキツい
でも優しいフォローが上手かった人の筈なのに。

何でこうなったんだろう…

この記事内容が本当だとして、
上沼恵美子のせいでプロデューサーが責任を取って自ら身を引かざるを得なかったのに
それに対して激怒ってあり得ない、
そこはプロデューサーに謝罪でしょ

それと病気とかでもないのに
長年やってきた自分の冠番組を改編期でもない時期に急におりるなんて
いい大人としてどうなん、

番組自体がなくなってしまったら
共演者やスタッフに収入面でも迷惑かかる人もいるだろうし。

上沼組のプロデューサーは誰?梅田一路or今橋叔子?

番組を降板したプロデューサーは”上沼組”と表現されていることから、上沼さんの”お気に入りの人物”だったと思われます。

そこで、「えみちゃんねる」のプロデューサーを調べたところ、以下の名前が確認されたのです。

※Wikipediaより引用

上記の通り、「えみちゃんねる」には「梅田一路」氏および「今橋叔子」氏という”2人”のプロデューサーが存在していたのです。

2人のFacebookも存在していましたが、現在の時点で番組降板への言及は確認できませんでした。

そのため、どちらのプロデューサーが番組を降板したのかは不明です。

なぜ降板した?理由は?

”上沼組”と報じられるほど、上沼さんとタッグを組んでいたプロデューサーですが、なぜ降板したのでしょうか?

自らの意思で番組を離れたと報じられているため、一部からは上沼さんの態度を問題視する声が上がっています。

単に自分の舌禍のせいで
お気に入りの担当プロデューサーも
責任を背負わされた事になる

梶原雄太さんへの高圧的な言動が報じられて以降、上沼さんへの批判は日増しに強くなっていました。

そのため、さすがのプロデューサーでも「庇いきれない」と思ってしまったのかもしれません。

しかし、これらはネットユーザーの”憶測”に過ぎず、降板したプロデューサーが公言したものではないことに注意が必要です。

スポンサーリンク