【熱愛】瀬戸康史の妹:さおりがジャンポケと結婚?山本美月の彼氏はジャニーズ?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、俳優の瀬戸康史さんを取り上げます。

「仮面ライダーキバ」(2008年)に出演したことで知名度を上げた彼ですが、ここに来て”真剣交際”が報じられ世間の注目を集めています。

一体、熱愛相手は誰なのでしょうか?

瀬戸康史が熱愛!真剣交際の彼女は山本美月

瀬戸さんの真剣交際について「文春オンライン」は次のように報じています。

女優の山本美月(28)と俳優の瀬戸康史(31)が交際していることが、
「週刊文春」の取材で分かった。

現在、舞台稽古中の瀬戸は10月21日から5夜連続、
都内にある山本の自宅マンションに宿泊

夜、寄り添って外出するなどの親密ぶりを見せた。

上記の通り、熱愛相手は女優の山本美月さんでした。

関係者によると、2人の馴れ初めはドラマ「パーフェクトワールド」とのこと。

「2人は、今年(2019年)4月期に放送された『パーフェクトワールド』で共演しています。

その仕事を通して急接近したのでしょう。」

「ドラマでは、瀬戸が幼馴染みの山本に長年思いを寄せていたが、
最終的には結ばれないというストーリーでした。

瀬戸が演技で見せる山本に対する優しさに、
ファンはヤキモキしたに違いありません。

その2人が現実で結ばれたということは、
ドラマファンにとって垂涎の展開です」
(芸能プロ関係者)

もし、このドラマで交際をスタートさせていたとすれば、交際期間は6ヵ月にも満たないことになります。

今回の熱愛報道について、双方の事務所は否定も肯定もしていません。

ただ、瀬戸さんが山本さんの自宅に連泊していることから、交際は事実だと思われます。

世間の反応

あのドラマは大好きでした

美月さんの花嫁姿は美しくて何度も観ました

瀬戸さんも最近 特に素敵になり、
モテるだろうな~と感じていました

お似合いですね

事実なら本当に嬉しいです

「パーフェクトワールド」の山本美月は恋愛ドラマにぴったりの魅力に溢れていました

個人的に瀬戸康史の好感度も更に上がりました

福岡県出身同士、
このあいだの西武の源田選手たちもそうだったが、同郷繋がりはあると思う。

瀬戸康史の妹(さおり)がジャンポケと結婚?

瀬戸さんには2人の妹がいます。

長女の「さおり」さんも、次女の「ありさ」さんも一般人であり、芸能活動はしていません。

しかし、ネット上では長女の「さおり」さんに関して、”ある噂”が囁かれています。

それが、斉藤慎二さん(ジャングルポケット)との結婚説です。

ただし、結果から言えば、これは完全なる誤解です。

この誤解が生じた原因は、彼の奥さんの「名前」にあります。

実は、奥さんの名前は「瀬戸サオリ」というのです。

お笑いコンビ「ジャングルポケット」の斉藤慎二さんの妻で、
タレントの瀬戸サオリさんが8月29日、
第1子妊娠をInstagramで発表。

※「ねとらぼ」より引用
(2019年8月29日配信)

奥さんの瀬戸サオリさんがこちらです。

「瀬戸さおり」と「瀬戸サオリ」では表記の違いしかありませんが、両者は全くの別人です。

山本美月の元彼氏はジャニーズの誰?

瀬戸さんとの真剣交際が伝えられた山本さんですが、ネット上では「元彼氏=ジャニーズ」説が浮上しています。

ネットで指摘されている彼氏候補が以下の2人です。

桐山照史(ジャニーズWEST)

伊野尾 慧(Hey!Say!JUMP)

桐山さんとの熱愛説が浮上したきっかけは、ドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」(2016年)での共演です。

また、共演に加え、同ドラマの公式Twitterにアップされた以下の写真が熱愛疑惑を加速させました。

実は、この写真を撮影したのが桐山さんだったのです。

投稿された写真は、
同ドラマで山本と共演しているジャニーズWESTの桐山照史が撮影したものらしく、

「Photo by 照史 あざと美月Part2」

とツイート。

※「クランクイン」より引用
(2016年7月11日配信)

しかし、桐山さんとの熱愛報道が出たことはないため、実際に交際していた可能性は限りなく低いでしょう。

続いて、伊野尾さんとの熱愛疑惑ですが、こちらは映画「ピーチガール」(2017年)での共演です。

実は、この映画の後日談として、伊野尾さんは「山本さんに本気で惚れていた」と明かしていたのです。

そのため、ファンの間では「本当に交際しているのでは?」という噂が駆け巡ったというわけです。

しかし、本当に交際していたとすれば、伊野尾さん本人の口から交際宣言など出ないでしょう。

現在までに上記2人との交際を裏付ける確証は一切ないため、憶測の域を出ない噂話と言えます。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!