【肺炎=コロナ?】渡哲也が死去(死亡) 入院先の病院はどこ?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、俳優の渡 哲也さんを取り上げます。

2020年8月14日、渡さんの死去(死亡)が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

渡哲也が肺炎で死去(死亡)

渡さんの死去について「サンケイスポーツ」は次のように報じています。

「大都会」「西部警察」など数々のドラマや映画で存在感を示した俳優、渡哲也さんが
10日に肺炎で死去していたことが14日、分かった。

78歳だった。

この日、
近親者のみで密葬が営まれた。

複数の関係者によると、
入院先の東京都内の病院で親族に看取られ、
静かに息を引き取ったという。

2015年6月に心筋梗塞の手術を受けて以降、
入退院を繰り返し、
ここ数年は呼吸器疾患などで自宅療養を続けていた。

(2020年8月14日配信)

上記の通り、死因は「肺炎」でした。

世間の反応

体調があまり良くないということは知っていましたが、
まさか亡くなられたとは。

とても驚きました。

石原プロをたたむという発表があってすぐだったんですね。

充実した役者人生だったと思います。

ゆっくりお休みください。

これは、あまりに突然の訃報で驚きました。

また、
偉大なる名優が一人旅立ってしまい残念です。

ご冥福をお祈りしてます。

肺炎はコロナではない

死因は肺炎と報じられたことで、一部からは「新型コロナウイルスでは?」という声が上がっています。

渡哲也さんが亡くなったのか…。

死因が肺炎なんて聞くと、
またコロナで大物が!?とか思っちゃう。

ご冥福をお祈りします。

渡哲也さんの訃報。

肺炎が原因とはコロナに感染していなかったか?と気になった。

渡哲也さん、肺炎だったって、コロナか?

しかし、結論から言えば、渡さんの死因は新型コロナウイルスによる肺炎ではありません。

なぜなら、渡さんの家族が最期を看取っているからです。

新型コロナウイルスの肺炎で亡くなった「志村けん」さんのケースでは、死亡”直後”に遺体は火葬されています。

そのため、志村さんの遺族はその最期を看取ることができなかったのです。

遺族が志村さんと”対面”したのは遺灰になってからでした。

新型コロナウイルスが遺体から感染する可能性を完全に否定できないため、感染者は死亡後すぐに火葬されます。

しかし、渡さんの場合は家族が最期を看取っています。

この事実から、渡さんが新型コロナウイルスに感染していた可能性はゼロとなります。

入院先の病院はどこ?

東京の病院に入院していた渡さんですが、どこの病院に入院していたのでしょうか?

そこで、入院先の病院について調べてみたものの、詳しい病院名は報じられていなかったのです。

現在までに幾度となく入退院を繰り返してきた渡さんですが、病院名が公表されたことはありません。

ただ、故・石原 裕次郎さんは慶應大学病院に主治医がいたのです。

生前の裕次郎解離性大動脈瘤の患い、慶大病院に緊急搬送されており、その生還率は3%と診断されていました。

しかし、その手術を成功させたのが慶大病院の主治医でした。

上記の通り、石原プロと慶大病院は切っても切れない関係にあったのです。

そのため、渡さんの入院先も慶大病院だったのかもしれません。

スポンサーリンク