【遠野なぎこ+矢口真里】絶縁の説教ドッキリ番組名は水ダウ

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、女優の「遠野なぎこ」さんを取り上げます。

2020年7月29日、「バラいろダンディ」に出演した際に”ある人物”と絶縁状態になっていることを明かし世間の注目を集めています。

遠野さんによると、絶縁状態にある人物は矢口真里さんとのこと。

一体、2人の間に何があったのでしょうか?

遠野なぎこが矢口真里に説教⇒絶縁

遠野さんと矢口さんの絶縁について、「スポニチアネックス」は次のように報じています。

遠野は、数年前にテレビのバラエティー番組で矢口にドッキリを仕掛けたと振り返り

「矢口真里ちゃんをダマす企画で、説教して泣かせて、
それからお互い傷ついちゃって一切、もう何年も会ってない。

それまでずっと飲み仲間だったんですけど」

とカミングアウト。

「でも、ドッキリでしょ?」

とつっこまれると、
遠野は

「ドッキリなんですけど、
本気で私も熱が入っちゃって芝居しちゃって、
あっちも本当に傷ついて

『もう遠野さんと縁切る!』

って言われて、
私も『上等だよ』って、凄いことになっちゃって」

と詳細を明かし

「『あなたが悪いわけではなくて、
私がそこまで言わせてしまった』

と話して、
お互い『ちょっとしばらく』って言ってから、
何年もたちますね」

とその後は絶縁状態が続いているとした。

(2020年7月29日配信)

上記の通り、2人が絶縁するきっかけとなったのは、”数年前”に放送されたバラエティー番組でした。

この番組では遠野さんが矢口さんに説教を敢行。

しかし、演技に熱が入ってしまった遠野さんの演技(説教)に矢口さんが号泣。

番組では最終的にネタばらしが行われましたが、2人の間に”わだかまり”が生じ、現在まで絶縁が続いているようです。

一体、絶縁の原因となったのはどの番組なのでしょうか?

世間の反応

テレビのドッキリ企画って大嫌い。

騙すのも騙されるのも、観てるだけで気分悪いです。

人が騙されるのを観て笑うのって、
趣味悪いな〜と思います。

そのドッキリ見てたけど、
矢口の気の強さにドン引いた。

あのあと何事もなく仲良しでいられるわけはないよね。

それで絶縁状態になるなら、
それで仕方ないんじゃない

相手をイラつかせてるわけだから…

絶縁の原因となったドッキリの番組名は?

矢口さんと絶縁する原因となった番組名を調べたところ、「水曜日のダウンタウン」(水ダウ)であることが判明しました。

問題のドッキリ企画は2017年5月17日に放送されています。

この放送回でのドッキリ企画がこちらです。

「矢口真里、
説教食らった後にカラオケで『恋のダンスサイト』歌われても、
さすがに『セクシービーム』入れづらい説」

この時の放送内容について、「マイナビニュース」は次のように報じています。

カラオケを楽しむ和やかムードの中、
開始から1時間後に遠野が

「時事ネタとかがちょっと言えないと」

「ちょっとお勉強不足な部分を自覚した方がいいと思う」

と矢口の仕事ぶりにダメ出し。

矢口は閉口すると思いきや、

「それって遠野さんが私に言うことじゃなくないですか?

何でそんなこと言われないといけないんですか?

えっ? 何か迷惑かけました?」

と徹底抗戦の構えを見せた。

そこから激しい口論に発展。

遠野の

「それはスタッフさんの意見だから」

に、矢口は

「ていうか、それを今言ったところで、
この後の仕事どうするんですか?

じゃあ、私断わりますよ、今回の仕事」。

ここからナレーションベースの編集で、

「その後もあまりテレビではお見せできないマジな口喧嘩に」

と大幅にカットされ、
ついに矢口は

「私だってやりたくてやってるわけじゃないですよ!」

と悔し涙を流してしまう。

※「https://news.mynavi.jp/article/20170518-a130/」より引用
(2017年5月18日配信)

上記の通り、遠野さんに説教に対して矢口さんは敢然と反論したのです。

これがきっかけで2人の口論は大喧嘩に発展。

しかし、ネタばらしが行われると矢口さんは声を上げて号泣。

遠野さんは一連の説教を謝罪し、矢口さんと抱擁を交わしました。

番組上はこれで終了となりましたが、お互いの気持ちは現在でもすれ違い続け、絶縁状態のままとなっています。

スポンサーリンク