【死因:心臓発作】トム・ペティが死去!結婚歴や家族(嫁,子供)は?Wiki経歴,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『トム・ペティ』さんを取り上げます。

彼といえば、アメリカを代表するロックミュージシャンとしてその名前を広く知られています。

彼は、1976年にトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのメンバーとしてデビューを果たし、欧米を中心に人気を博しました。

1986年には、ノーベル文学賞を受賞したアメリカのミュージシャン「ボブ・ディラン」さんのバックバンドとして日本に来日し、日本でもその名前を広く知れ渡ります。

そんな世界各国から人気を集めている彼が、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは彼の訃報です。

彼は、2017年10月2日にカリフォルニア州サンタモニカにある病院で死去した事が報じられ世間の注目を集めています。

そこで今回は、そんな彼について調査してみました。

スポンサーリンク



死因:心臓発作 トム・ペティが死去!

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年10月2日に病院で死去した事が報じられ世間の注目を集めています。

また彼の死因を調査したところ、心臓発作のためカリフォルニア州サンタモニカにある病院で死去していた事が判明しました。

この事について、2017年10月3日に配信された『毎日新聞』は次のように報じています。

”トム・ペティさん66歳(米ロックミュージシャン)
米メディアによると、
2日、
カリフォルニア州サンタモニカの病院で死去。

1日に同州マリブの自宅で心臓発作を起こし、
搬送された。”

同紙が掲載している通り、彼は2017年10月2日に心臓発作により病院で死去した事を報じています。

また今回の訃報を受けて、彼の私生活について感心が集まっています。

彼は結婚していて子供は居たのでしょうか?

そこで、今回は彼の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



トム・ペティの結婚歴や家族(嫁,子供)は?

上記でも掲載しましたが、今回の訃報を受けて、彼の私生活について感心が集まっています。

上記で引用した「毎日新聞」では家族についての記述はありません。

そこで、彼のWikipedia(英語版)を調査しところ、彼には離婚歴があり、2人の子供が居る事が判明しました。

彼は1974年に最初の妻「Jane Benyo(ジェーン・ベンヨ)」さんと結婚しますが、1996年に離婚しています。

また前妻であるジェーン・ベンヨさんとの間に、2人の娘さんが誕生しています。

その娘さんの名前は、「Adria Petty(エイドリア・ペティ)」さんと「Kimberly Violette Petty(キンバリー・ヴァイオレット・ペティ)」さんです。

エイドリアさんは、アメリカの歌手「ビヨンセ」さん等のミュージックビデオを手掛けたディレクターや監督として活躍しています。

この事について、2017年1月5日に配信された『amass』には次のように掲載されています。

”ジョージ・ハリスンの息子ダニー・ハリスンが音楽を手がけたショートフィルム『Solo』がネットで公開中。

監督はトム・ペティの娘で、
ビヨンセ他のミュージック・ビデオやパリス・ヒルトンのドキュメンタリーなどで知られる
エイドリア・ペティ。”

同紙が掲載している通り、彼の娘であるエイドリアさんは、ディレクターや監督として活躍している事を報じています。

そのエイドリアさんの画像はこちら。

またキンバリーさんについて調査しましたが、彼のWikipedia(英語版)には「アーティスト」という記述のみのため、詳細な職業や顔等は判明しましせんでした。

そして、彼は2001年に「Dana・York(ダナ・ヨーク)」さんと再婚をしています。

またダナ・ヨークさんにも離婚歴があり、義理の息子「ディラン」さんが居る事が判明しました。

この事について、彼のWikipedia(英語版)には以下のように掲載されています。

”ペティはダナ・ヨークと2001年6月3日に結婚。

ヨークには息子、ディランが居る。”


※一部改変

また2017年現在の妻「ヨーク」さんの顔を調査したところ1つの画像を発見しました。

その画像はこちら。

この画像に写る女性が「ヨーク」さんだと言われています。

スポンサーリンク



トム・ペティのWiki経歴あり!

今回の訃報で大きな注目を集めている彼ですが、やはりネット上では経歴に関心が集まっています。

そこで彼の経歴を調査したところ彼のWikipediaには以下のように掲載されています。

”1976年にトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの中心人物として
デビューを果たし、
1989年にソロ・デビューしてからはソロ活動も並行している。

1970年代から現在に至るまで、
アメリカを代表するロック・アーティストとして君臨している。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第91位。

ボブ・ディランやニール・ヤング、ブルース・スプリングスティーン等と並ぶ、
一般的には「メッセージ・シンガー」という位置付けにあると同時に、
ビーチ・ボーイズやバーズなどといったポップス感覚も多大な影響を受けている。

デビュー以来、
ライブ活動やアルバム・リリースをコンスタントに続けており、
現在でもアルバムは全米チャートのトップ10に食い込むほどの人気を誇る。”

同サイトの通り、彼はアメリカで絶大な人気を誇っていた事がわかります。

また共同制作者であり、公私共に親交があった「ボブ・ディラン」さんは彼の訃報に追悼のコメントを発表しています。

”「あまりにショックで心が砕けるようなニュースだ」

「トムの世界観を思い出してみると、
彼は偉大なパフォーマーであり、
光に満ちていて、
そして僕の友達だった。

彼のことは一生忘れない」。”


2017年10月3日配信『rocki’on.com』より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)