【何者+経歴】青木まり子とは誰?日の丸マスクをデマ批判

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、青木まり子氏を取り上げます。

2020年5月30日、青木氏の発言を巡って炎上する事態に発展しています。

一体、彼女は何と発言したのでしょうか?

青木まり子が「日の丸マスク」をデマ批判

青木氏に批判の声が殺到している原因は、「日の丸マスク」を巡るTwitter上の発言でした。

日の丸マスクは「くればぁ」が製造するマスクで、羽生結弦選手が着用したことで有名になりました。

ところが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク不足が深刻化する中、「くればぁ」と「厚生労働省」の癒着が指摘されるようになったのです。

結論からいえば、癒着疑惑は全くの事実無根で「くればぁ」も公式に否定する騒動に発展。

しかし、青木氏を含む多数の人間がこのデマを拡散していたのです。

日の丸マスクに関する青木氏のツイートがこちらです。

つまり、青木氏はネット上のデマに便乗してしまったというわけです。

このデマツイートにより、彼女には批判の声が向けられているのです。

「日の丸マスク」が誹謗中傷で製造中止に

ネット上のデマにより誹謗中傷に晒された日の丸マスクですが、これを受けて製造中止に追い込まれていました。

日の丸があしらわれた「日の丸マスク」をめぐっては、
マスク不足が深刻化しはじめた2月中旬ごろ、

「厚労省がマスク不足に対応し日の丸を冠したマスクを生産」

「馬鹿なのかなこの国?
日の丸入れる手間省いたらもっと増産できたでしょ」

といった根拠不明の情報がSNSなどで広まり、
くればぁが否定する騒動があった。

石橋社長は、
作家でタレントの室井佑月氏(50)が誤情報を信じて

「これを作るのに、
コストどのくらいあがったんだろう。

こんなことより、枚数だろうに」

などと政府を批判したツイートなどのキャプチャーとともに、

「弊社で作っていた日の丸マスクが政府批判のネタにちょうどよかったのか、
ボロクソ言われました。

政府と繋がりなんて一切ないのに…

社名についても馬鹿にされ、
ド阿保とまで言う人も…」

とあらためて憶測を否定。

「我々は誠実に物作りしているだけなのに」

と嘆息し、製造休止に理解を求めた。

※「J-CASTニュース」より引用
(2020年5月30日配信)

上記の通り、室井佑月さんも日の丸マスクに関するデマに便乗していたのです。

現在では既に誤解は解けているものの、それでもデマや誹謗中傷によって日の丸マスクが製造中止に追い込まれたことは事実です。

損害が生じたことは紛れもない事実であることから、「くればぁ」がデマを流布した人間に対して法的措置に乗り出すことも考えられます。

そのような事態になれば、青木氏にも法的措置が講じられるかもしれません。

青木まり子とは誰で何者?

日の丸マスクでデマに便乗してしまった青木氏とは何者なのでしょうか?

本人のTwitterがこちらです。

本人のTwitterでは「デザイン」「写真」と記されていることから、恐らくはこれが職業だと思われます。

しかし、Twitterでは政治の話題が大半を占めており、職業や経歴などには触れられていませんでした。

そのため、彼女が何者であるのかは分かっていません。

「青木まり子」という同姓同名の歌手(フォークシンガー)が存在していますが、これは”別人”だと思われます。

歌手の青木さんのWikipediaには「マスクのデマを流した」という記述が存在しています。

しかし、青木さんの公式サイトにTwitterへのリンクはありませんでした。

そのため、マスクに関するデマを流した青木氏と、歌手の青木さんは別人の可能性が高いと思われます。

ちなみに、青木氏は複数のメディアに”一般人”として出演していたことが判明しています。

もし、2人が同一人物であるのならば、歌手が”一般人”として出演した時点で正体がバレるはずです。

プロ市民とは?

青木氏の素性や経歴などは一切判明していませんが、一般人としてメディアに出演したことが判明したことから、「プロ市民では?」という声が上がっています。

プロ市民とは、一般市民を装って政治活動を行っている人間を指す言葉です。

一般市民でも政治活動に参加することはありますが、プロ市民の場合は”職業”として政治活動を展開しています。

一般市民を装い市民活動と称しているが、
実質的には職業的な政治活動家である個人や集団を指し、
あるいはその行為を批判・揶揄する際に用いられる呼称。

※「https://dic.pixiv.net/a/プロ市民」より引用

ただし、「青木まり子=プロ市民」説はネットユーザーによる認識であり、本人がそれを認めたわけではないことに注意が必要です。

スポンサーリンク