【写真】溝下秀男の死因↓息子の名前+自宅どこ?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、工藤会の”4代目”総裁を務めた溝下秀男氏を取り上げます。

現在の”5代目”総裁は野村 悟氏ですが、2021年8月24日に死刑判決が下さました。

「デイリー新潮」によると、溝下氏は非常に人望の厚い人物だったと言います。

一体、溝下秀男氏とはどんな人物なのでしょうか?

工藤会:溝下秀男とは?

溝下氏の評判についてデイリー新潮は次のように報じています。

「暴力団の世界では、
工藤会の三代目会長や四代目総裁などを歴任した溝下秀男氏(1946~2008)が、今でも高く評価されています。

激しい抗争関係にあった工藤会と草野一家の一本化に尽力し、
組織を盤石なものとしました。

その溝下氏の後継者が野村被告だったわけですが、
かなり早い段階から

『先代とは“器”のレベルが全く違う』

などと、不満や批判の声が組員などから漏れていました」
(同・藤原氏)

※「https://news.livedoor.com/article/detail/20772623/」より引用

上記の通り、溝下氏は”人望”で組織を統率していたのです。

これに対して、後任の野村総裁は”恐怖”によって人を支配し、組織を統率していました。

そのため、野村総裁が現職に就いた直後から「先代とは器が違う」という声が続出していたようです。

世間の反応

後悔というと工藤會の先代会長、溝下秀男は跡目を野村悟に譲ったことをあの世で後悔しているのでしょうかね。

生前最大の失敗だったでしょう。

溝下秀男氏の文庫本が暴騰してる…

引っ越しの際処分されてしまいました

面白かったですが、
工藤会っていったらこの人の印象強いんですよ

工藤会の先代溝下秀男は極貧の母子家庭に生まれ、実力で成り上がった。

文章を書くことも出来、
出版界隈等を取り込むのも上手かった。

しかし野村はカネだけ。

金だけで今の地位。

ざけんな。

顔写真あり↓死因の病死とは?

溝下氏の顔写真がこちらです。

一見するとヤクザに見えない紳士的な顔立ちをしているため、ネット上では「イケメン」という声も上がっています。

持前の人望で組織を統率した溝下氏ですが、2008年に61歳という若さで死去されました。

報道によると、彼は「病死」によって病院で亡くなったようです。

一体、死因(病死)とは何だったのでしょうか?

そこで、死因について調べたところ、以下の情報が確認されました。

工藤会総裁であった溝下秀男が死去したのは平成20年7月1日である。

肝臓移植の手術を受けたのだが、
術後の経過不良が原因だったらしい。

※「http://senbero8chan.seesaa.net/article/247470797.html」より引用

上記の通り、溝下氏は亡くなる直前に肝臓の移植手術を受けていたのです。

このことから、晩年の溝下氏は肝臓の病気を患っていたことが分かります。

ただ、直接の死因は肝臓の病気ではなく、術後の経過不良だったようです。

息子がいる?名前や画像は?

溝下氏の家族について調べたところ、「息子」という情報が得られました。

106 :名無番長:02/08/31 00:08

>81>89
草野初代の実子を襲撃したのは、まだ昭和60年代だったと思います。

総裁が草野の二代目、工藤連合草野一家二代目時代の事です、

当時、草野初代の本家等を一家の資産と主張する一家と個人の資産と主張する実子が対立し、
初代息子が一家を脱退、組を解散するよう一家が申し入れるも
拒否したのが原因で小倉の銭湯で入浴中の初代息子を襲撃、

死ななかったものの瀕死の重傷を負い後に組を解散したとの話です。

※「https://cocoa.5ch.net/test/read.cgi/4649/1029858425/」より引用

この書き込みによると、溝下氏の息子もヤクザで、派閥争いがこじれたために襲撃され、致命傷を負っていたようです。

上記では”初代”息子と表記されていることから、溝下氏には複数の結婚歴と子供がいると思われます。

ただし、家族について確認できたのは上記の息子のみで、それ以外の子供(息子・娘)や妻については情報が得られませんでした。

自宅の住所(場所)はどこ?

溝下氏の自宅について調べたところ、以下のURLより写真が確認できました。

参照先

https://presidenthouse.net/blog-entry-280.html

ただ、現在の所有者は溝下家ではなく、第三者の手に渡っているようです。

ちなみに、具体的な場所については公開されておらず、住所は不明となっています。

しかし、彼の自宅(豪邸)は「小倉北区 須賀町」にあることまでは明らかにされていました。

スポンサーリンク