【冤罪事件】村木厚子の家族↓官僚の夫は誰?娘の学校はどこ?

政治家

こんにちは。坊主です。

2019年9月27日、「0.1%の奇跡!衝撃 逆転無罪ミステリー」にて大阪地検特捜部が起こした冤罪事件が取り上げられます。

○元厚労省のキャリアウーマンが公文書を改ざんして使ったと逮捕!

211億円にもなる不正事実の黒幕に…

大物政治家の関与疑惑による、
大阪地検特捜部の仕組んだ罠とは一体?

○職場結婚した夫と娘2人の幸せ家族に…

いきなり崩壊の危機!

「少しでも疑わしければ有罪!」

衝撃すぎる有罪判決!

無罪を勝ち取った最終兵器とは?

この冤罪事件の被害者は村木厚子さんといい、官僚の中でも屈指のキャリアウーマンでした。

無実の罪で逮捕・起訴された村木さんでしたが、検察の証拠改ざんが露呈したことで彼女は逆転無罪となったのです。

今回は、冤罪事件の被害者となった元官僚・村木厚子さんについて調べてみました。

村木厚子に家族(夫・娘)あり

村木さんの私生活を調べたところ、家族の存在が明らかになりました。

村木さんが大阪で逮捕されたとき、は海外出張中。

母親として真っ先に気にかけたのは、
ふたりの娘のことだった。

会社員の長女は勤務中で、
自宅には当時、高校生だった次女がひとりでいた。

※「NEWSポストセブン」より引用
(2012年1月21日配信)

村木さんは29歳の時に長女、そして35歳の時に次女を出産しています。

娘の年齢(2019年現在)

■長女:1985年生まれ(推定34歳)

■次女:1991年生まれ(推定28歳)

官僚の夫は誰?名前や画像は?

村木さんが冤罪で逮捕された時、旦那さんはスイスに出張中でした。

一体、旦那さんはどんな方なのでしょうか?

そこで、夫について調査したところ、村木さんと「同期」であることが判明したのです。

――地元の高知大を卒業後、
労働省(現厚生労働省)に入省。

26歳で同期入省の夫と結婚し、
29歳で長女、
35歳で次女を出産した。

※「ヨミドクター」より引用
(2018年12月21日配信)

ただし、公開されている夫の素性は上記のみであり、名前や顔写真までは明かされていませんでした。

娘(長女・次女)の学校はどこ?

優秀な官僚だった村木さんだけに、ネット上では2人の娘さんにも注目が集まっています。

確かに、彼女ほど優秀な人物の子供であれば、娘さんも立派な方でしょう。

それを端的に物語るものとして、以下のエピソードが挙げられます。

2人の娘にそれぞれ、高校進学の時に伝えたことも、二つだけです。
 
一つは、
自分の体を大事にすること。

だから、薬物も妊娠もダメ。
 
自分で責任を取れないことはしてほしくないことです。

もう一つは、
勉強させるために学校に行かせるのだから、

勉強はしてください、

ということです。
 
あとは、
自分という軸を大切にしてもらえたらそれでいい。

※「前川孝雄の”はたらく論”」より引用
(2011年12月15日投稿)

そこで、娘さんの素性について調べてみましたが、一般人であるため、顔写真はもちろんのこと、経歴や学校なども全て伏せられていました。

ただ、長女が誕生した直後の写真だけは確認されています。

娘さんの詳細は不明ですが、品行方正に育っているに違いありません。

冤罪事件を主導した元検事・前田恒彦とは?

冤罪事件を主導したのは大阪地検特捜部の主任検事を務めていた前田恒彦さんです。

彼は証拠となるフロッピーディスクのデータを改ざんしたとして、逮捕・起訴され、実刑判決を受けました。

これを受けて懲戒免職処分となり、職を失い、法曹界を追放されたのです。

以下の記事では、犯行に至った動機現在の仕事について言及していますのでご覧ください。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!