【動画】モンスターエナジーのアスリートは誰?マウンテンバイクで神社の階段下る

スポーツ

こんにちは。坊主です。

2019年11月10日、YouTube上に”ある動画”が投稿されたことで批判が殺到しています。

その動画にはマウンテンバイクで神社の参道(階段)を滑走する様子が収められており、「危険だ」と炎上しています。

一体、この動画を投稿したのは誰なのでしょうか?

マウンテンバイク神社の階段下る動画が「危険」と炎上

神社の参道を滑走する動画について「朝日新聞DIGITAL」は次のように報じています。

外国人男性とみられる2人が自転車で、
日本国内の神社の階段を下ったり、
公道を走行中のトラックやバスにつかまって走ったりする動画が動画サイト「ユーチューブ」に投稿され、
「危険だ」と批判が出ている。

2人は清涼飲料メーカーのモンスターエナジー社とスポンサー契約を結ぶマウンテンバイクのアスリートとみられ、
日本法人のモンスターエナジージャパン合同会社は

「本社と協議の上で対応を検討する」

としている。

(2019年11月15日配信)

上記の通り、問題の動画を投稿した人物は、「モンスターエナジー社」とスポンサー契約を結ぶアスリートでした。

問題の2人はスポンサー契約を結んでいたため、今回の動画は広告活動の一環だったのでしょう。

しかし、神社の参道を滑走するという危険な行為に批判が殺到したことで、場合によってはスポンサー契約が解除されるかもしれません。

世間の反応

危険かつ日本文化を冒とくする行為は絶対に許せません。

信仰の対象でこんなことをすれば
海外なら大問題となるはずです

モンスターエナジー社はよくこんな企画を通したね。

一般的な意味で危険だし、
他国の文化を冒涜するような行為はやめておいたほうがいいとおもうよ。

それでテロ起こされた国だってあるくらいなんだからさ…。

以前にもスケボーで海外で人気らしい人が日本の街中で無謀なパフォーマンスする動画上げて批判されていましたね。

なぜか海外からは大絶賛されていましたが…。

今回も海外ではすごい有名人なんでしょうけど、
日本では日本のマナー・文化・法令を守って下さい。

最低限、許可とってやるべき行為で、
寺社や関係各所は訴えるべき。

モンスターエナジーのアスリート2人は誰?名前は?

神社の階段をマウンテンバイクで下る動画を投稿した人物は誰なのでしょうか?

そこで、このアスリート2人について調べたところ、1人の名前が判明しました。

上記の通り、神社の階段を滑走していたのは「サム・ピルグリム」氏でした。

彼はFMB(Freeride Mountain Bike Association)の世界チャンピオンに輝いた人物で、マウンテンバイクの世界では絶大な知名度と人気を誇っています。

サム氏のYouTubeチャンネルがこちらです。

2019年11月時点のチャンネル登録者は83万人にも上り、その影響力の大きさが窺えます。

ただ、もう1人のアスリートについては素性が特定できておらず、名前や顔写真は不明です。

滑走した神社はどこ?動画あり

サム氏が滑走した神社はどこなのでしょうか?

そこで、この神社について調べたところ、「日枝神社」(赤坂)である可能性が浮上しました。

炎上している動画は2019年11月10日に投稿されていますが、上記ツイートは11月12日付けであるため、時期的に一致しています。

また、サム氏は日枝神社を滑走する動画を「非公開」に設定しており、閲覧できなくしています。

このことから、彼がマウンテンバイクで滑走した神社は日枝神社だと思われます。

ちなみに、問題の動画は以下のツイートから閲覧可能です。

https://twitter.com/hibritais_835/status/1193896484913070080

「南海なんば駅」および「なんばCITY」でも危険走行が発生

今回の一件は外国人アスリートによるものでした。

しかし、この直前には日本人による危険走行が発生していたのです。

危険走行が発生したのは「南海なんば駅」および「なんばCITY」です。

この集団は大阪を拠点に活動するマウンテンバイクのチームで、同施設内においてウイリー走行を繰り返していました。

大阪府警も今回の危険走行を把握しており、既に捜査に乗り出しているため、場合によっては刑事罰が下されることでしょう。

「南海なんば駅」および「なんばCITY」で発生した危険走行については以下の記事をご覧ください。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!