【引退理由+今後】荒波翔と嫁:宮崎瑠依の子供↓兄の名前や画像は?

スポーツ

こんにちは。坊主です。

今回は、プロ野球選手の荒波 翔さんを取り上げます。

「横浜DeNAベイスターズ」でプレイしたことで知られる彼ですが、ここに来て現役引退が報じられ世間の注目を集めています。

一体なぜ、彼は引退を決断したのでしょうか?

今回は、現役引退が明らかになった荒波 翔さんについて調べてみました。

荒波翔の引退理由や今後は?

荒波さんの現役引退について「スポーツ報知」は次のように報じています。

元DeNAの荒波翔外野手(33)が現役を引退することが30日、分かった。

重大な決断に際して、
荒波が表したのは周囲への感謝の気持ちだった。

「この度、約9年のプロ野球生活に終止符を打ち、
現役を引退することと致しました。

これまで私に携わっていただきました指導者の方々、
球団関係者、
ファンの皆様、
全ての方々に心から感謝致します」

(2019年8月31日配信)

現在のところ、具体的な引退理由については言及されていません。

しかし、彼は2018年10月にDeNAから「戦力外通告」を受けていました。

その翌年(2019年)3月にはメキシコリーグの「モンテレイ・サルタンズ」と契約を交わすも、わずか3ヶ月後(2019年6月)には契約を解除されています。

こうした事実を踏まえると、選手として結果を出すことができなくなっていたことが引退を決意させたと思われます。

ちなみに、今後について「野球スクールの講師」に転身するようです。

今後はDeNAの野球スクールで講師を務め、
自らを育んだ横浜の子供たちへ、
野球の楽しさを伝えていく。

「僕を成長させていただいた『野球』を通じて、
横浜の地域の貢献、
野球人口増加のための活動を行って参りたいと思っております」

※「スポーツ報知」より引用

現役こそ引退しますが、荒波さんは別の形で野球と関わっていくようです。

世間の反応

ベイでの終盤は怪我の影響で走塁だけではなく
守備の劣化も致命的となって戦力外になったな。

でも今ベイが他のチームと対等以上に戦えるまでの下積み時代で活躍してくれたことは忘れません

本当にお疲れ様でした。

そしてありがとう

本当にお疲れ様です。

荒波選手のお手本のような走塁は今でも鮮明に記憶しております。

ケガさえなければ
もう少し結果を残すことが出来たと思いますが、
残念で仕方がないです。

これからは指導者として是非球団に残ってほしいです。

ホームラン狙いではなく、
ヒットや四球で出塁して盗塁ねらうというスタイルを極めていってたら、
まだまだ一軍で活躍できていただろうから、
もったいなかったと思う。

最後に海外の厳しい環境で野球をやった経験は
これから指導者としてもきっと役にたつだろう。

兄の名前や画像は?

約9年間の野球人生にピリオドを打った荒波さんですが、そもそも、彼が野球に興味を持ったのは「兄」の存在が大きく影響していました。

兄のプレイを見た荒波さんは、小学1年生の時から野球に打ち込んできました。

ただ、お兄さんの素性(名前・年齢・顔写真)は一切公表されていないため、恐らくは一般人だと思われます。

嫁:宮崎瑠依との子供は?

私生活では2017年に結婚しています。

奥さんはタレントの宮崎瑠依さんで、2013年から交際を続けていました。

結婚を発表するまで2人の熱愛はマスコミにスクープされることなく、人知れず愛を育んでいました。

気になる子供ですが、現在までに宮崎さんの妊娠・出産は報じられていないため、子供はいないと思われます。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!