【死去】坂下康子:死因の病名は?元夫や子供は?Facebookも

政治家

こんにちは。坊主です。

2020年5月21日、宮城県議を務める坂下康子議員の死去が報じられました。

発表によると、彼女は61歳という若さで死去されたとのこと。

現在で8期目を務める程の人物である坂下県議ですが、その死因は何だったのでしょうか?

坂下康子県議は死去!死因の病名は何の病気?

坂下県議の死去について「tbc東北放送」は次のように報じています。

5月20日午前、
現職の宮城県議会議員で現在8期目の坂下康子さんが亡くなりました。
 
61歳でした。

宮城県石巻市出身の坂下さんは、
1991年の県議選に仙台市の宮城野選挙区から立候補し初当選。
 
現在8期目で、
野党第一会派の「みやぎ県民の声」に所属していました。

関係者によりますと、
坂下さんは5月20日午前10時頃、
仙台市内の事務所を兼ねた自宅のベッド意識のない状態で倒れているところを、
訪ねてきた親戚の女性に発見されました。

消防が駆け付けた時には
すでに死亡していたということです。
 
事件性はないと見られています。

(2020年5月21日配信)

上記の通り、坂下県議は自宅のベッドで死亡していました。

警察は「事件性なし」と判断しているため、恐らくは病死だと思われます。

ただ、現在の時点では詳しい病名は公表されていません。

また、生前に闘病していたという事実も確認されていないため、突然死だった可能性は否定できません。

突然死の原因として多いのが「心筋梗塞」「狭心症」で、これらは心臓に起因する病気です。

心臓に関する突然死を「心臓突然死」といい、数多くの人が毎年亡くなっています。

坂下県議の死因(病名)については新しい情報が入り次第、追記します。

世間の反応

自分40代だけど、
たいてい早朝に心臓がバクバクしてる。

実際に人間は夜明け前に血圧が高いこともわかっているし、
ご高齢になると早朝に突然死が多いのはそういうことだと思う。

特に疾病がない場合でも
40代以降は突然死する事はよくあります。

急性心筋梗塞、
大動脈解離、
虚血性心疾患、
くも膜下出血など数限りなくあるので、
日常から食生活に気をつけて
毎日が最後のつもりで充実した人生を送りたいですね。

コロナが本当に憎い。

私達の生活が一気に変わった。

仕事がなくなり無職になった。

命はあるが
これからどうしようかと悩んでいる。

元夫との離婚理由は?子供はいる?

坂下県議の死亡を最初に確認したのは”親戚”の女性でした。

家族以外の人物が第一発見者であるため、彼女は独身だったと思われます。

そこで、結婚歴や家族について調べたところ、過去に離婚歴があることが判明したのです。

1985年
再び旅へ。

バスでアメリカ大陸横断、
中南米をまわる。

帰国後石巻に戻り結婚

社会保険労務士事務所勤務。

1988年
独身にもどって東京へ。

代議士秘書として国会勤務。

※「http://sakashitayasuko.com/」より引用

上記の通り、坂下県議は1985年に結婚するも1988年に離婚していました。

つまり、夫とは4年間で結婚生活にピリオドを打ったことになります。

ただ、離婚理由については公表されておらず不明となっています。

ちなみに、出産に関する記述はなく、本人のTwitterにも子供(息子・娘)の話題はありませんでした。

そのため、元夫との間に子供はいないと思われます。

Facebookは?

坂下県議はTwitterを利用していましたが、Facebookのアカウントは確認できませんでした。

本人の公式サイトにもTwitterアカウントのリンクしか記載されていません。

このことから、彼女はFacebookを利用していなかったようです。

スポンサーリンク