【逮捕】怒羅権:汪楠が腕を切り落とした相手は誰?住吉会のヤクザ

時事

こんにちは。坊主です。

2021年11月13日、準暴力団「怒羅権」(ドラゴン)の元メンバーの男が逮捕されました。

逮捕されたのは汪楠(ワンナン)で、過去には「ザ・ノンフィクション」にも出演していました。

一体、汪楠とはどんな人物なのでしょうか?

怒羅権:汪楠(ワンナン)が用心棒代を要求して逮捕

逮捕された汪楠について「ABEMA TIMES」は次のように報じています。

自称無職の汪楠容疑者(49)ら3人は、
先月客として訪れた市川市のカラオケバーで、
経営者の女性(45)から用心棒代として現金を脅し取ろうとした疑いがもたれている。

警察によると、
3人は女性を取り囲み

「暴れてもいいんだよ。
店で何かあったら助けが必要でしょ」

などと現金を要求。

(2021年11月13日配信)

上記の通り、汪楠は男2人と共謀して、カラオケバーの経営者から用心棒代(みかじめ料)を脅し取ろうとしていたのです。

ザ・ノンフィクションで特集された際には、出所後にボランティアに従事している様子が描かれていました。

しかし、恐喝未遂事件を起こしていることから、更生したとは言い難いのかもしれません。

世間の反応

所沢のタイソンと同じで、
このワンナンとゆう男も、
嘘の武勇伝を本に出版して金儲けをした人物! 

そもそもドラゴンではないとゆう事が初代がはっきり言ってます!

警察はまずこの被害女性を徹底的に守る事だね。

この女性この後どんな嫌がらせを受ける事か、
結局被害届出さない出しづらいのは後の事を考えての事、

逮捕しましたのでまた来たり何かされたら110番まで! 

なんて無責任な態度じゃ
怖くて誰も被害届等出さないんだから。

この人 ノンフィクションにも出て
確か更生施設か 何か 経営して
って 内容だった気が

金持ち逃げされたとか

相当の悪からかなり真面目になったって話で凄いと思ったのに

残念だゎ

腕を切り落とした相手は住吉会系のヤクザで誰?

汪楠について言及する際に必ずと言っていいほど語られるエピソードがあります。

それは、18歳の時に日本刀でヤクザの腕を切り落としたという事件です。

この事件がきっかけで汪楠は少年刑務所に2年間服役しています。

汪楠はヤクザの腕を日本刀で切り落とした理由は、被害者が彼の金を盗んだからです。

相手の名前こそ明らかにされていませんが、当時の彼は住吉会系のヤクザ事務所に所属していました。

俺も、17歳で住吉会系の事務所に入りました。

怒羅権を抜けたわけじゃなく、二足のわらじでした。

※「https://friday.kodansha.co.jp/article/46749」より引用

このことから、腕を切り落とされた相手も同じ住吉会系のヤクザということになります。

ただ、汪楠によると、被害者は本当のヤクザではなく、ヤクザ専門の泥棒だったようです。

実はその人はヤクザの事務所を渡り歩いていて、

「若い衆になります」

と言っては集金してきたお金を盗む専門の泥棒だったんですよ。

※「https://bunshun.jp/articles/-/44130?page=2」より引用

つまり、この被害者のある意味では堅気だったというわけです。

スポンサーリンク