【SNS特定は?】大久保愉一+山本直樹の顔画像や勤務先の病院

時事

こんにちは。坊主です。

2020年7月23日、ALSの女性患者を安楽死させたとして医師2人が逮捕されました。

逮捕されたのは、大久保愉一医師と山本直樹医師です。

補足

●大久保 愉一医師:呼吸器内科医

●山本直樹医師:内科医

一体、2人はどんな人物なのでしょうか?

医師2人がALS患者を安楽死させ逮捕

逮捕された医師2人について「KYODO」は次のように報じています。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者に致死薬を与えて安楽死させたとして、
京都府警は23日、
嘱託×人の疑いで、
宮城県名取市でクリニックを営む仙台市の医師大久保愉一容疑者(42)と
東京都の医師山本直樹容疑者(43)を逮捕した。

捜査関係者によると、
山本容疑者の口座には、
女性から100万円以上の現金が振り込まれていた。

女性が、
会員制交流サイト(SNS)を通じて大久保容疑者に安楽死を依頼した形跡があった。

2人は女性の主治医ではなく、
金銭目的で請け負った可能性がある。

女性はALSが進行し、
体はほとんど動かせない状態だった。

(2020年7月23日配信)

上記の通り、ALS患者はSNSを通じて医師2人とコンタクトを取っていました。

安楽死の是非を問う裁判では、「ある一定の条件」を理由に安楽死を認める判決が出されています。

しかし、今回の場合はALS患者から”報酬”を得ているため、起訴されて有罪判決が下される可能性は極めて高いと思われます。

女性患者のTwitterがこちらです。

世間の反応

本人からの懇願によるものらしいですね。

確かに法律上は嘱託×人になるのでしょうが、
今回そのまま適用するのはどうなんでしょうか。

まさにこういう、
治る見込みがなく症状が徐々に死に向かって悪化していくのが自身にもわかる状況下で、
本人の生死を自身で決められないのは、
法制度の不備としか言いようがないと思いますが。

逮捕直後で詳細が良く分からない、

お金目的かどうかで全く意味が違いますね。

金銭目的でなく、患者のためだったら、また違ったかな

大久保愉一+山本直樹:顔画像や勤務先の病院は?

逮捕された大久保医師と山本医師ですが、この内、大久保医師についてはフルネームで検索すると、本人の勤務先と思われる病院がヒットします。

また、勤務先に加えて顔写真も掲載されていました。

しかし、現在の時点でマスコミの報道では2人の素顔は公開されていません。

そのため、同姓同名の別人という可能性を否定しきれないのです。

2人の顔写真については、マスコミ報道で確認され次第、追記します。

SNSの特定は?

ALS患者はSNSを通じて医師2人とコンタクトを取っていました。

ただ、医師2人の名前で検索しても、実名によるSNS(Facebook、Twitterなど)は存在していませんでした。

恐らく、やり取りに使用されたSNSではニックネームを使用していたと思われます。

Facebookは実名での利用が基本ルールであるため、ここで言うSNSはTwitterやMixiの可能性が高いと考えられます。

報道によると、ALS患者は安楽死の依頼を”メール”で送信していたようです。

一般的に考えて、公開されたコメント欄などで安楽死を依頼することはしないでしょう。

そのため、このメールは「ダイレクトメール」(DM)のことだと思われます。

第三者からは見えない場所でメールの送受信が行われているため、SNSという情報だけでは、問題の会員制交流サイトを特定することは不可能と言えます。

【追記】

週刊文春の報道がきっかけで
大久保医師のTwitterアカウントが特定される。

大久保医師のTwitterアカウントがこちらです。

Twitterの内容については以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク