【X氏は誰】経済部長:ハラスメントとは何した?日経フィナンシャル編集長

時事

こんにちは。坊主です。

2020年12月2日、日本経済新聞に努めるX氏のハラスメント行為が報じられ世間の注目を集めています。

一体、このX氏とは誰なのでしょうか?

また、ハラスメント行為とは何をしたのでしょうか?

日本経済新聞:経済部長+日経フィナンシャル編集長のX氏がハラスメント

日経新聞社で発覚したX氏のハラスメント行為について、「文春オンライン」は次のように報じています。

今年(2020年)4月から日本経済新聞で経済部長兼「日経フィナンシャル」編集長を務めていたX氏が、
11月24日にハラスメント行為によって解任され、
翌日付で依願退職していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

「3連休明けの11月24日もX氏は普段通り出社していたのですが、
その日の午前に経済部長とフィナンシャル編集長の解任が決まったようで、
X氏は内線で呼び出され、
午後には姿が見えなくなった。」

「午後3時から各部の部長らが緊急招集され

『重大なハラスメントがあったため、
X氏を当面の間、編集局長付とする』

とだけ説明された。

『将来の社長候補』と見られていただけに、
社内は騒然となりました」
(別の社員)

※「https://bunshun.jp/articles/-/41935」より引用

上記の通り、X氏は重大なハラスメント行為により、「経済部長」および「日経フィナンシャル編集長」の職を解任されていたのです。

その後、X氏は依願退職。

一体、このX氏とは誰なのでしょうか?

世間の反応

新聞社ほど権力闘争が激しいところではハラスメントがいい武器になる

当然この件も真実は部外者にはわからない

明日の文春が楽しみだ~!

X氏とは誰?名前の特定は?

「経済部長」の肩書で調べると、この役職に該当する人物が”2人”ヒットしました。

この2人について得られた情報は以下の通りです。

補足

(1)A氏:2020年7月時点で経済部長

(2)B氏:2020年4月1日時点でNIKKEI Financial編集長

しかし、上記2人の名前で検索しても「経済部長」および「日経フィナンシャル編集長」の条件を”全て”満たす情報は確認されなかったのです。

そのため、X氏がどちらなのかまでは特定できていません。

また、上記2人はX氏とは別人である可能性も否定しきれません。

現在の時点ではX氏と断定するに足る確証がないため、実名の公表は控えさせて頂きます。

ハラスメント行為とは何した?

X氏のハラスメント行為とはどんなものだったのでしょうか?

そこで、ハラスメントの内容について調べてみたものの、詳しい事情などは一切リークされていなかったのです。

そのため、X氏が何をしたのかは不明となっています。

X氏のハラスメント行為については新しい情報が入り次第、追記します。

スポンサーリンク