【死因:肺炎】清元登子が死去!結婚歴や家族(旦那,子供)は?Wiki経歴,成績や獲得賞金は?

こんにちは坊主です!!

今回は、『清元登子(きよもとたかこ)』さんを取り上げます。

皆さんは彼女の事をご存知でしょうか?

彼女は、熊本県熊本市の出身で、日本の女子プロゴルファーとしてその名前を広く知られており、「日本女子プロゴルフ協会」の元副会長を務めていた人物です。

そんな彼女がここに来て、注目を集める事が報じられました。

それは彼女の訃報です。

彼女は、2017年9月16日に死去していた事が判明し世間の注目を集めています。

彼女の死因はいったいなんだったのでしょうか?

そこで今回は、彼女について調査してみました。

スポンサーリンク



清元登子が死去!死因:肺炎

冒頭でも掲載しましたが、彼女は2017年9月16日に死去していた事が報じられ世間の注目を集めています。

また彼女の死因について調査したところ、「誤嚥(ごえん)性肺炎」のため死去した事が判明しました。

この事について、2017年9月27日に配信された『JIJI.COM』は次のように報じています。

”元日本女子プロゴルフ協会会長で、
選手、
指導者として大きな足跡を残した清元登子さんが
16日に横浜市内で誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去したと、
日本女子プロゴルフ協会が27日発表した。

78歳だった。

熊本市出身。

葬儀の日程は未定。

(中略)

脳梗塞を発症し、
最近は闘病が続いていた。”

同紙が掲載してる通り、彼女は「誤嚥性肺炎」を患い、2017年9月16日に死去していた事を報じています。

また彼女の死因でもある「誤嚥性肺炎」について感心が集まっています。

この病気はいったいどのようなものなのでしょうか?

誤嚥性肺炎について詳しい情報はこちらをご覧下さい。⇒小林秀雄

また彼女は、長年に渡って脳梗塞を患い闘病生活中だったと掲載されています。

そこで、脳梗塞の発症時期について調査しましたが、ネット上では詳細な情報は掲載されておらず不明です。

スポンサーリンク



清元登子の結婚歴や家族(旦那,子供)は?

今回の訃報で大きな注目を集めている彼女ですが、ネット上では私生活について感心が集まっています。

彼女には結婚していて、家族(旦那,子供)は居るのでしょうか?

上記で引用した「JIJI.COM」では家族に関しての記述はされていません。

そこで、彼女の私生活を調査しましたが、ネット上では詳細な情報は得られませんでした。

彼女の年齢(78歳)を考えれば、結婚していて子供が居ても不思議ではありません。

しかし、ネット上では私生活の公表はされてないため、結婚歴や家族の有無は不明です。

彼女の私生活が公表され次第、随時追記していきます。

スポンサーリンク



清元登子のWiki経歴,成績や獲得賞金は?

今回の訃報で注目を集めている彼女ですが、やはり多くの方が成績や獲得賞金について感心が集まっています。

そこで、成績や獲得賞金について調査したところ、ウェブサイト『日本女子プロゴルフ協会』には次のように掲載されています。

また彼女の経歴を調査したところ、女子プロゴルフ界で伝説的な存在である事が判明しました。

彼女は、プロに転向する以前は、独学でゴルフを始め、「プロより強いアマチュア」と称され、数々のアマチュア選手権大会で好成績を収めていました。

1974年に35歳という年齢でプロ転向後、日本ツアーで7勝を挙げ、アメリカツアーで”2位タイ”という快挙を成し遂げています。

その後、現役を引退した彼女は、指導者として活躍し、「不動裕理(ふどうゆうり)」さんや「大山志保(おおやましほ)」さん、「古閑美保(こがみほ)」さんなどを育て上げ、彼女らはいずれも賞金女王となりました。

この事について、彼女のWikipediaには以下のように掲載されています。

”プロに転向する35歳まで、
最強の女子アマチュアとして名を馳せ、
1968年に行われた第1回の日本女子オープンでは、
ベストアマチュアになった。

1969年、
1972年、
1973年に日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝。

1974年に35歳でプロ転向後、
日本ツアーで7勝を挙げ、
1977年にはアメリカツアーで2位タイになる快挙を成し遂げた。

(中略)

指導者として名声が高く、
不動裕理、
大山志保、
古閑美保が清元の下で育った。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)