【伊豆山残土】新幹線ビルディング天野二三男の経歴↓麦島善光も?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、不動産会社「新幹線ビルディング」の社長を務める天野 二三男氏を取り上げます。

2021年7月3日、熱海市の伊豆山で発生した土砂崩れ土石流)について、その原因と目されているのが「盛り土」(残土)です。

実は、この盛り土をした会社というのが新幹線ビルディングなのです。

一体、同社の社長を務める天野 二三男とはどんな人物なのでしょうか?

熱海市 伊豆山の盛り土(残土)は新幹線ビルディングが行った

伊豆山一帯に盛り土を行った業者について、「KYODO」は次のように報じています。

静岡県熱海市の大規模土石流の起点に、
2007年に盛り土をした神奈川県小田原市の不動産管理会社の元幹部が5日、
共同通信の取材に

「熱海市に届け出て盛り土をした。
豪雨はこれまでもあったが、崩れなかった」

と責任を否定した。

(2021年7月5日配信)

上記の通り、報道では新幹線ビルディングの社名は明らかにされていませんでした。

しかし、ジャーナリストの木下黄太氏が土地に関する登記簿を入手したところ、そこには新幹線ビルディングの業者名が記されていることが判明したのです。

この登記簿の「権利者」の欄には、確かに新幹線ビルディングの社名が記載されています。

登記簿の内容から、伊豆山一帯に盛り土を行ったのは同社であると見ていいでしょう。

しかし、現在の時点では、土砂崩れ(土石流)と盛り土の因果関係解明されていません

ただ、静岡県の副知事は「盛り土(残土)が被害を甚大化させた」という見解を示しています。

世間の反応

今までは、崩れなかった、、、。

それは、過去の事。

現時点では、
盛り土の部分がかなり崩れているとの報道がある。

これから専門家の検証があるだろうけど、
原因究明には、時間がかかると思う。

これだけの被害が出てしまったから、
誰かに責任があると考えたくなってしまいます。

私も報道を見ている限りにおいては、
盛り土に原因があるのではないかという印象を持っています。

しかし必要なのは、
予断を持たないフラットで科学的な調査、分析だと思います。

調査が行われるということなので、
まずはその結果を待ちたいと思います。

もちろん、
調査の結果、
この被害に会社や行政の責任があることが分かった場合は、
その範囲で誠実な対応が求められると思いますが。

まあ許可した行政の責任の方が大きいですね。

ただし、
ずさんな盛り方で基準通り盛土されてなかったという品質管理もしっかり検証する必要もある。

長い年月で設けられた排水層も土で目が埋まってしまい、
機能を果たさなくなることもあり得る。

ちょっとだけ専門家より

天野 二三男の経歴↓顔画像+Facebook

新幹線ビルディングの社長を務める天野氏の顔写真がこちらです。

一体、天野氏とはどんな人物なのでしょうか?

そこで、この人物について調べたところ、「自由同和会」会長(神奈川県本部)を務めていることが分かったのです。

自由同和会とは、自民党と連携している保守系の団体です。

つまり、天野氏は自民党と太いパイプがある人間というわけです。

ただ、詳しい経歴などは公表されておらず、その詳細は不明です。

本人のFacebookも確認されていますが、経歴や家族の情報は一切記載されていませんでした。

しかし、彼の名前で検索すると、以下の記事がヒットしたのです。

神奈川県警生活保安課は27日、
小田原市城山、
不動産賃貸会社社長・天野二三男容疑者(59)を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で逮捕した。

発表によると、
天野容疑者は昨年(2008年)5月から今年(2009年)5月、
売春を周旋している違法なデリバリーヘルス(派遣型風俗店)業者と知りながら、
小田原駅前のビル1室を通常家賃に2万円上乗せした月12万円で事務所として貸し、
業者の違法収益計156万円を受け取った疑い。

※「https://gimpo.5ch.net/test/read.cgi/wildplus/1259394033/-100」より引用

上記の通り、天野氏は組織犯罪処罰法違反の容疑で2009年に逮捕されていたのです。

これは違法な店を運営していた店長が逮捕されたことで、同店から天野氏の元に金が流れていたことが発覚。

こうした経緯により、同氏も逮捕されることになったというわけです。

現在の土地の所有者は麦島善光

ジャーナリストの木下氏が既に述べた通り、盛り土が行われた伊豆山の土地は”別の人間”が所有しています。

現在の所有者は「麦島善光」という人物であり、「麦島建設」という不動産会社の創業者です。

土地の権利書によると、麦島氏は問題の土地を2011年に購入しています。

盛り土は2011年の時点で既に完了しているため、麦島氏は工事が全て終了したに土地を購入したことになります。

ただ、なぜ同氏が伊豆山一帯の土地を購入したのかは不明なのです。

しかし、麦島氏の代理人弁護士によると、「盛り土があることを知らずに土地を購入した」とのこと。

一方、
この土地の現在の所有者である男性は、
代理人弁護士を通じ

「盛り土があることを知らずに11年にこの土地を購入した。
その後も、盛り土をしたことはない

と話した。

※「https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE05ATB0V00C21A7000000/」より引用

つまり、麦島氏は今回の土砂崩れとの関係を明確に否定したというわけです。

麦島氏の経歴などについては以下の記事をご覧ください。

【7月8日追記】盛土の”量”と”高さ”は違法で産業廃棄物も混入

伊豆山に置かれた盛土ですが、この残土が条例に違反する”量””高さ”であることが分かりました。

さらに、この盛土には産業廃棄物も含まれており、行政は当時から幾度なく是正指導を行っていたのです。

この違反について「JIJI.COM」は次のように報じています。

業者は盛り土の工事を申請する際、
市に約3万6000立方メートルと届け出ていたが、
実際は約5万4000立方メートルだった。

盛り土の高さも、
県の技術基準では15メートルまでと定められているが、
実際は推定50メートルまで積み上げられていた。

(2021年7月7日配信)

上記の通り、盛土は”量”と”高さ”の両面で条例に違反しています。

特に”高さ”に関しては、基準値よりも35mも高く積まされていたのです。

この盛土と土石流の因果関係は解明されていませんが、これらの違反がなければ、被害の甚大化は防げたかもしれません。

ちなみに、盛土には以下の産業廃棄物も含まれていたことが確認されています。

産業廃棄物の内容

〈1〉木くず

〈2〉風呂のタイル

〈3〉自動車(不確定)

〈4〉プラスチック片

スポンサーリンク

6 件のコメント

  • 土木技術者としての意見です

    長い間建設コンサルタントの一員といて、
    同じような盛り土箇所をたくさん経験しました。

    経験として、
    段切り、水平ドレーン、階層盛り土、高盛土委員会の設置など安全には万全を期した設計を行いましたが、
    これはお客様が良識のある方だったので可能であったのだと思います。

    多分、
    今回事例の現場はただただ残土を運び込んで土を押し込んでいったのだろうと思われます。

    上記の安全手法などは取り入れていないと思われます。

    過去に乱暴な盛り土現場もたくさん見てきました。

    表層滑りとか深層が少し動くなどの事例の記憶もあります。

    今回事例は乱暴な事業者の最たるものと思いますが、
    この人たちは役所に怒鳴り込んだり
    乱暴な動きと共に、政治家に側面から応援させたりと、硬軟織り交ぜた動きをします。

    最後は無視をして時間を稼ぎ許可を得てしまいます。

    役所も従順な事業者には強く出ますが、
    乱暴な事業者には優しい対応をするので

    こんな事例がはびこるのでしょう。

    最後になりますが、
    何の罪もないのに亡くなられた方、
    被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

  • 「同和 自由(自由民主党) 不動産 コンサル」の業界全体のイメージが悪くなる。

    同業者自身が、原因責任の所在を究明し、追及するべきだ。

    被害者の救済にも、立ち上げって欲しい。

  • 長期間に亘って残土を運び入れたとなると
    不法造成 不法投棄の事実を行政庁はきっと認識していただろう。

    業者に止めさせようと
    市や県は頭を抱えてモンモンとしていたかもしれない。

    ならば、
    拡大しないようにその時点で強制的に事業者と施工者を逮捕し、
    業者の資産を押さえた上て行政の手で即刻に現状復帰か補強の工事をすればよかった。

    時間的な経過の内に所有者が変わり

    「問題ある土地とは知らなかった」

    で逃げるのはよくある。

    危険な土地なら住民に公表して
    なぜ手を打たなかったのか。

    行政にも大きな責任がある。

    メガソーラー設置であっても開発規制をかけるべきだ。

    過大に残土処分したり許可された内容と違う場合や不法工事は厳罰でよい。

    最低でも20年は刑務所に行ってもらおう。

    都市計画法に実効性を望む。

  • 亡くなった方々、被害にあった方々のためにも盛り土
    施工業者、土地所有者の責任を究明するべきです。

  • 何故、盛土が5.4万立米が流失したのかが、
    間髪入れずに報道されたのかが疑問です。

    以前から解ってなければ、
    土石流として流れてしまった土量が解りません。

    県や、市が知らなかったは、悪質な言い訳で盛土申請が薬3万㎥ですので、明らかに違反です。

    行政指導ではなく、
    行政処分と申請許可の状態に戻す命令を行うのが行政の義務です。

    自民党、同和が関わっているので跡が面倒なので、
    見て見ぬふりをしただけが経験上解ります。

    マスコミの専門家も法律がないので処分できない等、
    適当な事しゃべってましたが、机上の空論の極みです。

    条例違反の指導、命令、処分をきちんと行わなかった人災です。

    又、現所有者も知らなかったと嘘を言ってますが、
    不動産関係者なら現地確認をするでしょうし、
    契約書にも盛土の書類が添付されます。

    これは、被害者と被災した住民を馬鹿にした行為です。

  • ここは犠牲者の遺族の方々は絶対に泣き寝入りしてはいけません。

    役所の不作為は勿論違法に盛り土をした当事者と
    シラを切っている所有者達に莫大な損害賠償請求をしましょう。

    因みに賠償債務は当然に破産はできませんので
    今のうちに逃げ得をさせないように保全請求するつもりでやりましょう。

    そうでないと犠牲者は犬死ですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)