【飛翔弾とは何】中核派の三大美女は誰?洞口朋子は韓国?父親は?

時事

こんにちは。坊主です。

警察から「極左暴力集団」としてマークされている「中核派」ですが、ここに来て民家に武器を隠していたことが発覚し世間の注目を集めています。

一体、どんな武器を隠していたのでしょうか?

押収された飛翔弾とは何?

中核派の活動拠点から押収された武器について「産経新聞」は次のように報じています。

警視庁と埼玉県警が今年(2019年)1月、
埼玉県内の民家の倉庫で過激派「中核派」が製造したとみられる複数の飛翔(ひしょう)弾を押収していたことが2日、
捜査関係者への取材で分かった。

活動家らが発見を免れるため、
アジト以外の場所にある倉庫を実質的な武器庫として運用していたとみて全容解明を進める。

捜査関係者によると、
民家の住人は両警察に

「知人の活動家から頼まれ、
自宅の倉庫に保管していた。

何なのかは分からなかった

という趣旨の説明をしている。

見つかった飛翔弾の材質は鉄で、
長さ約60センチ、重さは約6キロ。

(2019年10月2日配信)

報道によると、押収された「飛翔弾」は現在でも稼働できる状態だったとのこと。

しかし、民家の住人は飛翔弾の正体については「知らなかった」と供述しており、関与を否定しています。

ちなみに、飛翔弾の正体は公表されていないものの、恐らくは「迫撃弾」だと思われます。

というのも、中核派はこれまでにも迫撃弾を使用していた事実があり、この組織を象徴する武器になっているからです。

飛翔弾の正体については新しい報道が確認され次第、追記します。

世間の反応

今年(2019年)1月に発見押収し調査10月に公表と同時に家宅捜索。

とにかく何事も起こらないまま発見押収できて何よりです。

武器が使用される前に抑えることができて良かった。

この機会にややこしい集団は壊滅させてほしい。

この中核派の女が杉並区の区議をやっている。

テロ組織の人間を議員にして大丈夫なのでしょうか?

杉並区民の常識を疑います。

中核派の三大美女とは誰のこと?

中核派には多数の女性も在籍しています。

実は、中核派には「三大美女」と呼ばれる活動家がいると噂されているのです。

その1人が、杉並区の区議を務めている洞口朋子さんなのです。

しかし、三大美女の中で名前が公表されているのは洞口さんしかいません。

そのため、ネット上では残りの2人に大きな注目が集まっているのです。

中核派3大美女って誰?

新聞に載っていたので
それ以降ずっと探しているんですが見つかりません。

誰と誰と誰のこと言うんでしょうか?

※「Yahoo!」知恵袋」より引用
(2018年11月4日投稿)

そこで、三大美女について調査したところ、衝撃的な事実が判明したのです。

実は、この三大美女はマスコミが勝手に作り上げた幻想だったのです。

――ところで、
洞口さんは“中核派3大美女”のひとりと言われていいますが、
あとのふたりはどんな方なんですか?

洞口:あれは、マスコミが言い出したことで、
誰がマスコミにそんなことを話したのかも知りませんし、
私自身は3大美女の話は聞いたことがないし、
私がその中に入っているのかどうかも知りません(笑)。

※「bizSPA!」より引用
(2019年9月4日掲載)

つまり、世間で噂されている「中核派の三大美女」はマスコミによるメディア・コントロールだったというわけです。

洞口朋子は韓国人?父親の名前や画像は?

ネット上では洞口さんについて「韓国人では?」との声が上がっています。

しかし、彼女が韓国籍だという事実は一切ありません。

これは恐らく、「中核派=極左」という図式が大きく関係していると思われます。

ちなみに、両親も中核派の人間で、彼女が幼い頃から集会に連れ出されていたようです。

父親は現在でも活動家として活動していますが、母親は洞口さんが小学6年生の時に死去されています。

両親の影響で中核派の活動に身を投じた洞口さんですが、父親の素性(名前・年齢・顔写真)などは一切公表されていませんでした。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!