【バイキング】野々村友紀子の不適切な発言は何て言った?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年7月12日放送の「バイキングMORE」にて、伊藤利尋アナが出演者による”不適切な発言”を謝罪する一幕がありました。

しかし、不適切な発言の内容については一切触れなかったために、視聴者の間では「隠蔽」という批判も巻き起こっているのです。

一体、バイキング内で起きた不適切な発言とは何だったのでしょうか?

7月12日:バイキング内での不適切な発言を伊藤利尋アナが謝罪

バイキング内での不適切な発言について謝罪する伊藤アナの映像がこちらです。

左上に表示されている時刻から察するに、不適切な発言は13:00前後にあったと予想されます。

一体、不適切な発言とは何だったのでしょうか?

また、誰が不適切な発言をしたのでしょうか?

世間の反応

他人の発言については

「言葉は消えない!」

と謝罪&撤回後も徹底糾弾するけれど、
自分たちの番組内での発言については

「不適切な発言がありました」

だけで

「どんな発言があって」

「何が問題で」

「どのように再発防止するのか」

を一切言わずに済ませるバイキング。

これぞ言ったもん勝ちの世界。

不適切な発言がもうどれを指すかわからん件

不適切な発言って

どれ!?

調べるんしんどいから言うて

不適切な発言とは何?野々村 友紀子は何て言った?

不適切な発言について調べたところ、以下のツイートが確認されました。

上記の通り、問題の発言は「キチガイ」だったようです。

また、この発言の主については「二丁拳銃の嫁」という情報から、放送作家の野々村 友紀子さんだと思われます。

キチガイは差別用語であるため、放送禁止用語に該当します。

しかし、このキチガイ発言については「言い間違い」の可能性が指摘されているのです。

上記の通り、実際に野々村さんが発していた言葉は「行き違い」とする指摘が相次いでいるのです。

確かに、「キチガイ」と「行き違い」は語感が似ているため、言葉を噛んでしまった場合などは「行き違い」が「キチガイ」に聞こえてしまうかもしれません。

恐らく、野々村さんが実際に発したのは「行き違い」だと思われます。

キチガイという言葉が差別用語に当たり放送禁止用語であることは、今や素人でも知っている情報です。

テレビ業界の第一線で活躍する野々村さんがキチガイと発言したとは考え難いものがあります。

スポンサーリンク