【死因:病気?】グレン・キャンベルが死去!家族(嫁、子供)は?Wiki経歴、画像あり

こんにちは坊主です!!

今回は、『グレン・キャンベル』氏を取り上げます。

皆さんは彼の事をご存知でしょうか?

彼はアメリカのカントリーミュージック歌手として活躍していました。

1960年代から80年代に多くのヒット曲を生み出し、「ジェントル・オン・マインド」「恋はフェニックス」などの楽曲で知られています。

その功績を認められ、シングル人気チャート「ビルボード・ホット100」で1位を獲得し、グラミー賞を受賞するなど数々の実績を残しています。

また俳優や司会者としても知られ、1969年に公開された映画「勇気ある追跡」では名俳優「ジョンウェイン」氏とも共演を果たし、司会者としてアメリカのバラエティ番組「The Glen Campbell Goodtime Hour」で人気を博していました。

アメリカで絶大なる人気を誇っていた彼ですが、2017年8月9日に死去した事が報じられました。

今回は、そんな彼にについて調べてみました。

スポンサーリンク



グレン・キャンベルが死去!死因は病気?

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年8月9日に『CNN.co.jp』によって死去した事が報じられました。

この事について同紙は次のように報じています。

”(CNN)1960年代から80年代にかけ、
カントリー調のヒット曲を数多く発表した米国の歌手、
グレン・キャンベルさんが8日、
81歳で死去した。

家族がソーシャルメディア上で明らかにした。”

同紙が掲載している通り、彼が死去した事を報じています。

しかし同紙は彼の死因を明らかにしていません。

この彼の訃報を受けて、死因について多くの関心が集まっています。

彼の死因はいったいなんだったのでしょうか?

この事について調べてみましたが、ネット上では彼の死因を一切公表していません。

しかし彼は以前、”アルツハイマー病”で治療施設に入所していた事が判明しました。

2011年に彼はアルツハイマー病を告白し、その後もアルバム発表やライブツアーを行うなど音楽活動を続けていましたが、2014年に当時78歳で施設に入所していた事が報じられています。

この事について、彼のWikipediaには次のように掲載されています。

”2011年6月、
半年前にアルツハイマーと
診断されたことを発表した。

(中略)

2014年4月、
78歳で長期間のアルツハイマー治療施設に
入所したことが報じられた。”

同サイトが掲載している通り、彼はアルツハイマー病を患い施設に入所していた事を掲載しています。

今回の彼の死因は明らかにされていませんが、アルツハイマー病を患い闘病中であった事は事実です。

彼の死因が判明次第、記事を随時更新します。

また今回の訃報を受けて、彼の家族について感心が集まっています。

今回は彼の家族について調べてみました。

スポンサーリンク



グレン・キャンベルの家族(嫁、子供)は?

上記で引用した『CNN.co.jp』の記事内には、家族がSNSで彼の訃報を明らかにしています。

その事から彼は結婚している事がわかります。

今回は彼の妻(嫁)や子供の名前について調べてみました。

彼の私生活を調査していくと、彼には4回の結婚歴があり、8人の子供が居る事が判明しました。

まず初めの結婚は、1955年に「ダイアン・カーク」さんと結婚し、第1子長女の「デビー」さんが誕生しています。

1959年に約4年の結婚生活に終止符を打ち離婚。

その後、美容師として働いていた女性「ビリー・ジーン・ナンリー」さんと結婚し、「ケリー」「トラヴィス」「ケイン」さんの3人の子供が誕生しますが、1975年に離婚。

1976年に彼と同様にカントリーミュージック歌手として人気を博していた「マック・デイビス」さんの妻「サラ・バーグ」さんと不倫の末、再々婚し「ディロン」さんが誕生していますが離婚したいます。

そして現在の妻である「キンバリー・ウーレン」さんと1982年に再々々婚し、「カール」「シャノン」「アシュリー」さんが誕生しています。

また現在の妻の子供である3人は、2010年頃から彼のツアーバンドとして参加しており、ミュージシャンとして活躍しています。

この事について、彼のWikipediaは次のように掲載しています。

”キャンベルはこれまで4回結婚し、
1956年から1986年に生まれた
5名の息子と3名の娘の父親である。

第一子長女デビーは
ダイアン・カーク(婚姻期間1955年-1959年)との間に生まれた。

美容師ビリー・ジーン・ナンリーと再婚し、
ケリー、
トラヴィス、
ケインをもうけ、
1975年に離婚した。

その直後に不倫の末、
1976年にマック・デイヴィスの2番目の妻サラ・バーグと再々婚した。
ディロンをもうけたが、
生後3週間の1980年に離婚した。

1982年、
キンバリー・ウーレン(愛称キム)と
再々々婚した。

カール、
シャノン、
アシュリーをもうけ、
子供たちは2010年から
キャンベルのツアー・バンドに参加している。”


※一部改変

彼は私生活は決して順風満帆とは言えませんが、それでも家族や世界中の人々から愛されていた事は事実です。

スポンサーリンク



グレン・キャンベルのWiki経歴、画像あり

今回の彼の訃報を受けて、死因や家族に次いで多く検索されているのは、経歴についてです。

今回は彼のWikipeiaの一部をご紹介させていただきます。

”アメリカ合衆国のカントリー・ミュージック歌手、
ギター奏者、
テレビ司会者、
俳優。

1960年代および1970年代に多くのヒット曲を生み出し、
CBSのバラエティ番組
『The Glen Campbell Goodtime Hour』の司会で知られる。

ショー・ビジネスでの約50年間で、
キャンベルは70枚以上のアルバムを発表した。

レコード4,500万枚を売り上げ、
12枚のゴールド・アルバム、
4枚のプラチナ・アルバム、
1枚のダブル・プラチナ・アルバムが認定された。

『ビルボード』誌のカントリー・チャート、
ホット100、
コンテンポラリー・チャートに80曲がランクインし、
うち29曲がトップ10に入り、
うち9曲が第1位になった。”

同サイトに掲載されている通り、彼は音楽活動で様々な功績を収め、輝かしい人生を送っていたことがわかります。

また今回の訃報を受けて、彼の友人である「ブライアン・ウィルソン」さんはツイッター上で彼の哀悼の言葉を寄せています。

またブライアン・ウィルソンさんは、1961年に結成されたロックバンド「ザ・ビーチ・ボーイズ」の元リーダーでボーカル兼ベース担当として知られています。

ブライアン・ウィルソンさんはツイッター上で以下のようなコメントを発表しています。

”僕の友人、
グレン・キャンベルについて聞き、
愕然としている。

素晴らしいミュージシャン、
そして、
それ以上に素晴らしい人物だった。

僕は途方に暮れている。
Love & Mercy”


2017年8月9日公式ツイッター『ブライアンウィルソン』より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)