【旦那西川哲の離婚理由】菊池桃子が病気の難病を告白!子供(長男、長女)は障害?出身学校は?

こんばんは『坊主(ボウズ)』です!!

今回は、女優『菊池桃子(きくちももこ)』さんを取り上げます。

彼女といえば、1980年代を代表する”清純派アイドル歌手”として知られています。

彼女はアイドル歌手として、一世を風靡し、1985年に行われた日本武道館のコンサートでは、当時の最年少公演記録となり、イギリスの伝説的なロックバンド”ビートルズ”の公演観客数を抜き話題になりました。

女優転身後は、様々なテレビドラマや映画に出演し、華々しい功績を収めています。

また彼女は、芸能界で活動しながら、2012年に法政大学大学院で雇用問題を専攻し、修士号を取得しています。

同年から、出身大学である戸板女子短期大学の客員教授に就任し、労働分野の大学教員としても活躍しています。

私生活では、1995年にプロゴルファーの「西川哲」さんと結婚し、2人の子供を出産しています。

しかし、おしどり夫婦と知られていた2人ですが、2012年に彼と離婚をした事を発表しています。

今回は、ネット上で噂されている彼女の離婚理由について調べてみました。

スポンサーリンク



菊池桃子と西川哲の離婚理由

冒頭でも掲載しましたが、彼女とプロゴルファー「西川哲氏(にしかわてつ)」さんは1995年に結婚しています。

西川さんといえば、日本のプロゴルファーとして数々の大会で優勝を収めています。

また母親に歌手の「五月みどり」さんの長男として知られてます。

現在彼は、ツアープロゴルファーとしては活躍しておらず、競馬ファンド販売会社(愛馬会法人)「東京サラブレッドクラブ」の代表取締役として活動しています。

彼女との結婚を発表した当時は、トップアイドルと一流プロゴルファーのビックカップル誕生で世間の注目を集めました。

その後、1996年に長男が誕生し、2001年に長女が誕生しています。

一男一女を儲けて、順風満帆な私生活でしたが、2012年に彼女との離婚を発表しました。

離婚した原因はいったいなんだったのでしょうか?

一部ネット上では、彼女との離婚の理由は、彼の多額の負債や女性問題が原因だと噂されています。

この事について調べてみた結果、2012年8月3日に配信された『NEWS ポストセブン』は次のように報じています。

”菊池は離婚の原因について
一切明かさなかったものの、
その後、
西川の多額の負債や女性問題が明るみになった。

しかし彼女は、
慰謝料や養育費は
西川から一切受け取っていないという。

「菊池さんからすれば、
離婚の際に
慰謝料や養育費の権利を
主張しようと思えばできたのですが、

西川には多額の負債があり、
さすがにかわいそうになったんでしょう。

17年連れ添った仲ですからね」(ゴルフ関係者)”

同紙が掲載している通り、ネット上で噂されている彼の多額の負債や女性問題について報じています。

しかし、引用した記事内に彼女は離婚理由を一切明かしていないとも掲載しています。

一部ネット上では、彼の多額の負債や女性問題で離婚したと確定していますが、彼女や彼からの公表がない限り離婚理由の真相は不明です。

また彼女の離婚が報じられ、彼女の子供について多くの関心が集まっています。

今回は、彼女の子供について調べてみました。

スポンサーリンク



菊池桃子の子供(長男、長女)は障害?出身学校は?

冒頭でも掲載しましたが、彼女は1996年に長男を出産し、2001年には長女を出産しています。

彼女の子供についてネット上で調べていくと、「子供 障害」というワードで検索されています。

なぜこのようなワードで検索されているのでしょうか?

この事について調べてみた結果、以下の事がわかりました。

彼女は以前出演したテレビ番組で「長女」が障害を持って誕生したと公表しました。

彼女の長女は乳児期に脳梗塞を発症し、現在でも左の手足に障害が残っているとされています。

この事について、2015年12月16日に配信された『ORICON NEWS』は次のように報じています。

”女優の菊池桃子が16日、
フジテレビ系『ノンストップ!』にVTR出演。

2001年に出産した長女に
障害があることを公表した。

誕生した長女が生後7ヶ月のとき、
脳梗塞を患い
左の手足に
障害があることが判明した。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼女は長女の障害を公表しています。

一部ネット上では、「半身○随」とされていますが、そのような事実はなく、手の痺れの後遺症が残っていると公表しています。

長男も同様に障害を持ってるとされていますが、長男には障害はありません。

また彼女の子供の名前ですが、彼女は子供の名前を公表していません。

しかし、彼女のブログ内には、「ヒデ(息子)」「サユ(娘)」とエントリーされています。

彼女は子供の本名を公表していませんが、長男をヒデさん、長女をサユさんと呼んでいる事がわかります。

彼女の長女サユさんの障害の公表を受けて、子供2人の出身学校に関心が集まっています。

彼女の子供の出身学校について調べてみました。

まず初めに、長男ヒデさんの学校を調べていくと、ネット上では「立教大学」に進学しているとされています。

この事について調べてみましたが、詳細な情報はありません。

ネット上では、立教大学に進学したと確定していますが、彼女から息子ヒデさんの大学について公表がない限り、単なる噂程度だと思います。

またなぜ、立教大学という具体的なワードで検索されているのかを調べてみましたが、こちらもワードの出所は不明でした。

次に長女サユさんについてですが、こちらもヒデさん同様に公表はされていません。

しかし、2014年2月23日に配信された『NEWS ポストセブン』には有名私立中学に進学したと報じています。

”今日は、
娘の入学を前に制服採寸に。

寸法合わせで、
試着の学生服に身を包む娘を見たら、
いつもより幼さが消えて見えまして

「大きくなったなぁ~」

と不覚にも、
涙がこぼれた私です。

2月16日、
こうブログで喜びを綴ったのは、
現在、
シングルマザーとして奮闘する菊池桃子だ。

小学6年生の彼女の長女は、
2月1日に
都内の有名私立女子中学を受験。

難関を突破し、
見事、
志望校に合格したのだ。”

同紙の通り、学校名までは掲載されていませんが、長女サユさんが有名私立中学校に進学した事を報じています。

スポンサーリンク



菊池桃子が病気の難病を告白!

彼女は女優として、また2人の子供を育てる母親として活躍していますが、彼女は現在難病を患っているとされています。

その病気は「シェーグレン症候群」という難病です。

この病気は、別名”乾燥症候群”と呼ばれ、原因が現在までも解明されておらず、難病に指定されています。

このシェーグレン症候群について調べていくと、ウェブサイト『吉野眼科クリニック』は次のように掲載しています。

”ドライアイの原因の一つに
全身の病気といわれている
シェーグレン症候群があります。

この病気は
自己免疫疾患といわれる一群の病気の一つです。

症状としては

目が乾く、

口が乾燥する等の全身性疾患です。”


※一部改変

同サイトが掲載している通り、自己免疫疾患といわれている病気です。

彼女は、この病気を発症した事を、「週刊朝日」の取材で告白しました。

この事について、2012年3月3日に配信された『サイゾーウーマン』は次のように報じています。

”女優・菊池桃子が
「シェーグレン症候群」で闘病していると、
28日発売の「週刊朝日」が報じている。

同紙が病気の事実関係について
菊池の所属事務所に確認すると

「確かに桃子の病名は
シェーグレン症候群です」との回答が。

具体的な発症時期については

「症状が出たからというより、
昨年の検診で”疑いあり”と出て、
精密検査をした結果、
病名がわかりました」という。

菊池の場合は、
早期発見だったため
治療を早くに始めることができたといい、
定期的な通院もしているとのこと。

仕事や家事についても
病気の影響はまったくなく過ごせているという。”

同紙が掲載している通り、彼女はシェーグレン症候群を患い現在でも闘病中だと報じています。

しかし、彼女は仕事や家事についても問題なく過ごせていると語っており、日常生活に支障はないと語っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)