【元旦那の離婚理由】大成安代アナウンサーの再婚相手の馴れ初めや子供!放送事故の噂や画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『大成安代(おおなりやすよ)』さんを取り上げます。

彼女といえば、NHKに勤務するアナウンサーとしてその名前を広く知られています。

彼女は、京都大学在学時にNHK全国大学放送コンテストで優秀な成績を収め、アナウンサーしてのキャリアをスタートさせます。

2010年に京都放送局に入社し、本格的にアナウンサーとしての活動を開始します。

その後、山口放送局や仙台放送局を経て、2016年4月に東京アナウンス室に異動となりました。

2017年現在でもその明るいキャラクターで親しまれ、男性のみならず女性からも高い支持を得ています。

そんな経歴を持つ彼女が、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは彼女の結婚報道です。

彼女は、自身の誕生日の2017年12月25日に結婚する事が報じられ世間の注目を集めています。

そこで今回は、彼女について調査してみました。

スポンサーリンク



大成安代アナウンサーの再婚相手の馴れ初めや子供!

冒頭でも掲載しましたが、彼女は自身の誕生日の2017年12月25日に広告関係の会社に勤務する一般男性と結婚する事が報じられ世間の注目を集めています。

そこで彼女らが結婚に至った馴れ初めを調査したところ、2017年6月頃に大学時代の友人の紹介で知り合い、交際に発展しています。

また結婚相手の素性を調査しましたが、一般の方という事もあり、詳細な情報は公表されていませんでした。

この事について、2017年12月22日に配信された『日刊スポーツ』は次のように報じています。

“NHK「ニュースチェック11」で
スポーツキャスターを務める大成安代アナウンサー(30)が、
31歳の誕生日の今月25日に一般男性と結婚することが21日、
分かった。

関係者によると、
相手は広告関係の会社に勤務する28歳の男性。

6月ごろ大学時代の友人の紹介で知り合い間もなく交際に発展した。

妊娠はしておらず仕事は続ける。

周囲にはバースデー婚に幸せそうな笑顔を見せているという。

大成アナは10年に結婚した男性と数年前に離婚し、
今回は再婚になる。”

同紙が掲載している通り、彼女は2017年12月25日に広告関係の会社に勤務する男性と結婚する事が報じられています。

また2017年12月22日現時点では、妊娠はしていないと報じられている事から子供は居ないと判明しました。

そして同紙でも触れている通り、彼女には離婚歴がり、今回の結婚は再婚になるとも報じられています。

なぜ彼女は離婚してしまったのでしょうか?

そこで今回は、彼女の離婚理由について調査してみました。

スポンサーリンク



大成安代アナウンサーと元旦那の離婚理由

上記でも記した通り、彼女の今回の結婚は再婚であると報じられています。

そこで彼女の前夫について調査したところ、京都府右京区花園にある妙心寺退蔵院副住職「松山大耕(まつやまだいこう)」さんと2010年に結婚してた事が判明しました。

松山さんは、2003年に東京大学大学院農学生命学科研究科を修了し、埼玉県新座市にある平林寺で3年半の修行生活を行い、2006年に同寺院の副住職となっています。

また松山さんは、世界経済フォーラムに出席するなど、日本のみならず世界各国で活動しています。

この事について、ウェブサイト『Schoo(スクー)』には以下のように掲載されています。

“2003年東京大学大学院農学生命科学研究科修了。

埼玉県新座市・平林寺にて3年半の修行生活を送った後、
2006年より退蔵院副住職。

外国人に禅体験を紹介するツアーを企画するなど、
新しい試みに取り組む。

2008年には退蔵院にてG8サミットシェルパ会議一行を受け入れ、
外国人記者クラブや各国大使館で多数講演を行うなど、
日本文化の発信・交流が高く評価され、
2009年5月、
政府観光庁Visit Japan 大使に任命される。

(中略)

2014年には世界経済フォーラム(ダボス会議)に出席するなど、
世界を股にかけ、
宗教の垣根を越えて活動中。”

上記に記した通りのプロフィールとなっています。

そんな松山さんと彼女は2010年に結婚していましたが、わずか2年足らずで離婚しています。

なぜ2人は離婚してしまったのでしょうか?

そこで離婚理由について調査しましたが、詳細な離婚理由について公表していませんでした。

しかし2016年8月24日に配信された『Smart FLASH』次のように報じています。

“お相手は京都で600年の歴史を持つ有名な禅寺で、
当時から副住職を務めるM氏(37)だった。

M氏はカトリックの中高から東大に進学、
生命科学を学んだというエリート。

外国人が禅を体験できる講座を開いたり、
ダボス会議(世界経済フォーラム)に出席したり、
マルチな活躍で知られている。

「M氏は東大卒業後、
埼玉県内の寺で3年半修行、
その後、
京都まで歩いて帰ったという逸話があります。

仏道を守る気立てのいい男です」(近所の住人)

ところが、
この結婚はうまくいかなかった。

結婚早々、
大成アナは東京で泊まり込みの研修に。

配属は、
事情が考慮されたか京都放送局だった。

「大学時代から放送の仕事を目指していた大成アナにとって、
アナウンサーは夢の仕事。

だが、
M氏は彼女に、
将来の住職の妻として専業主婦になることを望んでいた。

檀家づき合い、
お寺同士のつき合いなどで縁の下の力持ちになることが、
大成アナにはできなかった」(寺院関係者)

結局、
大成アナが副住職の妻だったのはわずか2年足らずだった。

本誌はM氏に大成アナの活躍について質問したが、

「テレビはあまり観ませんので。

(離婚に関しては)ノーコメントです」。

NHKでは、

「職員のプライベートな事柄については
お答えしていません」(広報局)。”

同紙が掲載している通り、2人の離婚理由はすれ違いや価値観の違いで離婚に至ったとされています。

しかし2人は、離婚理由について公表していないため、真相は不明です。

上記で記した内容は、参考程度に留めて置く方がいいと思われます。

スポンサーリンク



大成安代に放送事故の噂?

今回の報道を受けて、世間の注目を集めている彼女ですが、ネット上では、放送事故を起こしていると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ、以下の事が判明しました。

彼女は、京都放送局時代に若者向け特別番組「青春替え歌ショー ロバミミ」の企画の一環で替え歌を披露したことがきっかけでこのような噂が囁かれています。

彼女は、この企画で自身が中学時代の経験や自虐したような歌を披露し、当時は話題を呼んでいました。

この事について、彼女のWikipediaには以下のように掲載されています。

“京都放送局時代に携わった、
若者向け特別番組『青春替え歌ショー ロバミミ』の企画の一環で
「赤いスイートピー」の替え歌「苦いバレンタイン」を披露。

この替え歌の冒頭で

「松山安代の中学時代の本人自ら替え歌にしたものである」

との字幕が表示された上で、
中学生時代体重が65kgあったこと、
当時のあだ名が「歩くコレステロール」だったと歌っている。”

同サイトに記している通り、彼女はこの歌を歌い、当時は話題を呼んでいました。

しかしこの歌は、放送事故というものではなく、ネット上で噂されている事は誤りであるということが判明しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)