【伊藤詩織事件】鈴木昭洋裁判長の画像+経歴↓高校+大学はどこ?

時事

こんにちは。坊主です。

2019年12月18日、伊藤詩織さんが山口敬之氏を提訴した民事裁判の判決が下されます。

原告:伊藤詩織

被告:山口敬之

一体、東京地裁の裁判長は誰が務めているのでしょうか?

伊藤詩織事件の裁判の判決に注目が集める

伊藤詩織さんの事件を巡る民事裁判について「BuzzFeed JAPAN」は次のように報じています。

ジャーナリストの伊藤詩織さんが、
重大な肉体的・精神的苦痛を被ったとして、
元TBS記者の山口敬之氏に対して起こした民事裁判の判決が12月18日、東京地方裁判所である。

判決日を控えた16日、
BuzzFeed Newsは伊藤さんにインタビューした。

現在の心境を聞くと、

「実感がない」

との言葉が返ってきた。

2017年9月、
慰謝料など1100万円の損害賠償を求めて提訴した。

一方、
山口氏は2019年2月、
記者会見などで伊藤さんに名誉を毀損され、
社会的信用を失ったとして、
慰謝料1億3000万円や、
謝罪広告の掲載を求めて反訴した。

そのため、
この裁判では合わせて審理されている。

山口氏は

「合意があった」

「伊藤さんから積極的に誘ってきた」

「虚言癖がある」

などと法廷で反論している。

(2019年12月17日配信)

上記の通り、双方の意見は真っ向から対立しており、未だに真相は闇の中です。

裁判は伊藤詩織さんの勝訴

その後の報道により、裁判の結果は伊藤さんの「勝訴」となりました。

今回の判決について「読売新聞」は次のように報じています。

元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏から暴行を受けたとして、
ジャーナリストの伊藤詩織さんが山口氏に1100万円の損害賠償を求めた訴訟で、
東京地裁は18日、
330万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

鈴木昭洋裁判長は

「被告は酩酊(めいてい)状態で意識のなかった原告と合意はなく不法行為にあたる」

と述べた。

(2019年12月18日配信)

上記の通り、被告の山口氏に対しては330万円の賠償金を支払う判決が言い渡されました。

ただ、彼は刑事裁判では不起訴になっているため、今回の民事裁判では全く逆の結果が出ることになりました。

世間の反応

双方が何となく怪しくてどちらにも賛同出来ないし、
イマイチ取り上げられないのは何かしらの理由があるんじゃないかとも思う。

もちろん意識の無い女に手を出すおじさんは超ゲスいし、重罪であるべき。

翌日に「昨日はありがとうございました」ってメールしてるというのは本当かな?

これが終わったら逆に告訴されると思う

決着は数年先かもしれないね

彼女の著書を読みましたが、
私は違和感しかありませんでした。

予想に反して二人きりだったという状況で、
なぜ1件目2件目と酒を飲み続けたのか。

彼女が「薬を盛られた」と主張する根拠も、
端的に言えば「自分が酒に飲まれるはずはないから」というだけ。

一方の山口氏も、
その地位を利用して事に及ぼうとしたことは事実で、
しかも(彼女の件とは全く別の不祥事で)近々NY支局から追われる身であることを知りながら、
できもしない就職の斡旋を餌におびき寄せている。

すがすがしいまでの屑。

鈴木昭洋裁判長の顔画像は?

伊藤さんが提訴した事案を担当する裁判長は鈴木昭洋裁判官です。

ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が、
元TBS記者の山口敬之氏から暴力を受けたとして
慰謝料など1100万円の損害賠償を求めた訴訟は7日、
東京地裁(鈴木昭洋裁判長)の口頭弁論で双方が意見陳述して結審した。

判決は12月18日。

※「産経新聞」より引用
(2019年10月7日配信)

そこで、鈴木裁判長の顔写真を調べてみましたが、現在のところ、素顔は確認できませんでした。

ただ、今回の裁判で判決が言い渡されれば、鈴木裁判長の素顔が報じられるかもしれません。

追記

鈴木昭洋裁判長の素顔が判明。

裁判の判決と同日に配信された「FNN」により、鈴木裁判長の顔が確認されました。

※「FNN」より引用

経歴や高校+大学はどこ?

2019年12月現在、鈴木裁判長は以下の役職に就いています。

現在の役職

(1)東京地裁裁判所 判事

(2)東京簡裁 判事

また、「新日本法規」により以下の経歴が明らかになりました。

H30. 4. 1 
東京地裁判事
東京簡裁判事

H28. 8. 5 
東京高裁判事
東京簡裁判事

H25. 8. 5 
検事

H23. 4. 1 
東京高裁判事・東京簡裁判事

H20. 4. 1 
鹿児島地家裁判事
鹿児島地家裁加治木支部判事
鹿児島簡裁判事
加治木簡裁判事

H19. 8. 1 
東京高裁判事
東京簡裁判事

H19. 4.10
最高裁民事局付
(東京地裁判事・東京簡裁判事)

H17. 7. 1 
最高裁民事局付
(東京地裁判事補・東京簡裁判事)

H14. 4. 1 
東京地裁判事補
東京簡裁判事

H12. 3.31 
依願退官

H11. 3.25 
東京地裁判事補

H 9. 4.10 
名古屋地裁判事補
(第49期)

また、学歴について調査したところ、「中央大学」を卒業しているようです。

ただ、出身高校までは記載されておらず不明です。

スポンサーリンク

7 件のコメント

  • 細かなことは置いておく、として、

    この案件は、スタート地点から、?

    「就職」の相談であれば、
    日中、事務所などでした方がよかったのかもしれません。

    夜、異性と食事を伴う相談が果たして妥当だったのかどうかは、
    一つの検討材料では?

    さらに、一軒のみならず二軒目というところがよくわかりませんでした。

    一軒目で、
    ご相談事項が終わらなかったのでしょうか?

    刑法の「×交等」に当たる行為は、
    二軒目に行く時点の双方の合意などを審理しないと見えて来ないように思います。

    やはり、正当な「公募」であるならともかく、
    いわゆる「根回し」、
    相談と称した「裏取引」とも見られかねないので、
    伊藤氏の勇気は讃えたいと思いますが、

    今後のお仕事相談は、
    日中に、妥当な場所でなさった方が、禍根も残らず、
    予想外の被害も受けないと考えます。

    • 伊藤さんも自分の行動に反省はしてるでしょうし、
      あなたがいちいち書かなくて良い話です。

      どちらにせよあなたのコメントはまったくもって
      老害視点の屁理屈です。

      もし自分の娘が伊藤さんと同じ立場だったら
      どうなのでしょう?

      娘を責めて終わりですか?

      泣き寝入りするのが妥当だもいいたい?

      色々勘違いしてる人がいますが
      どっかのアバズレなら別かもしれませんが
      彼女のような女性がレ×プされたことを公表しても
      個人的にはデメリットの方が多いでしょう。

      あなたのような老害には非難されるし、
      逆にレ×プ常習者に告訴されるし、
      恋人だって作りにくくなるでしょう。

  • 2件ともどちらも帰国時には必ず行く馴染みの店です。

    小川榮太郎氏の実証記録を読めばわかる事です。

    中国ではノリのような女というのがいるそうです。

    服に着いたら取れないと。

    ハニートラップのような案件ですね。

    多くの被害者が、
    この女は嘘をついていると言っている事に興味を覚えます。

    無理やり交渉をされた人がマスコミの前でニコニコとはできないのだそうです。

    ファクトに基づいて考えられない人がジャーナリズムの世界だけでなく、
    司法のしかも裁判官にいる事が恐ろしいです。

  • >一方の山口氏も、
    その地位を利用して事に及ぼうとしたことは事実で、
    しかも(彼女の件とは全く別の不祥事で)近々NY支局から追われる身である

    「別の不祥事」とは?

    ライダイハン記事を上司に断られて他社に流した事?

    それを受けてのハニトラ説、という話もありますが。

  • キャバクラしか職歴のないような30過ぎの女性が、
    いきなりTBSのプロデューサーにしてほしいという依頼は、
    ふつう就職の相談とは言わないと思います。

  • 事実として残るのは、
    専門な経歴がないキャバ嬢みたいな人が、
    いきなりジャーナリストになっていること。

    また短期間で有名でない賞も受賞している。

    さらには複数の異性と×交するのが理念の組織に彼女が加わっていることです。

    今、彼女には6人の弁護士がついていますが、
    イギリス在住を含め誰が費用負担しているのでしょうか?

    一方、
    山口氏はジャーナリストだったのに職場も干されています。

    そして日本国内には彼女の経歴を知る人が多数いて当たり前だと思うのですが、
    経歴が一切明かされないと言う事です。

  • この男に下心がなかった。といえばウソになる。

    が、それを利用していい立場を回してもらうはずが
    思ったような立ち位置になれず 
    かんしゃくを起こしたクソ女の肩は絶対にもてない。

    両方ともなんだかと言う人もいるが
    間違いなく大きなウソをついているのは女のほう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)